Column

樟南と鹿児島実の2強時代から神村学園が台頭して新たな三すくみ状態に

2018.07.07

70年代以降の鹿児島勢の躍進

樟南と鹿児島実の2強時代から神村学園が台頭して新たな三すくみ状態に | 高校野球ドットコム
「鹿実」の知名度は県内でも群を抜いている

 かつて鹿児島県の野球をリードしていったのは鹿児島商である。戦前からの市立商業学校なのだが、長い間、県内の野球をリードしていた。それに一中(現:鶴丸)、二中(現:甲南)が絡むというものだった。さらにはそれを追って、市立高校の鹿児島玉龍出水商といったところも頑張っていた。
 とはいえ、鹿児島県勢が甲子園で実績を示してきたのは70年代以降で、71年夏に鹿児島玉龍がベスト8に進出し、翌年は定岡正二投手を擁する鹿児島実が優勝候補の東海大相模を延長の末に下すなどしてベスト4に進出したころからだ。定岡人気もあって、一気に注目されるようになった。

 こうして、鹿児島県の力関係は市立勢の鹿児島商から徐々に鹿児島実に移って行った。さらにもう一つの勢力として枦山智博監督が就任した鹿児島商工が加わってきて、三つ巴の状態になってきた。とくに鹿商工は80年代に入ってから力をつけていった。この3校の県内の争いが結果として鹿児島県のレベルもあげていったということが言えるのではないだろうか。
 ちなみに当時、この3校の帽子のマークは鹿商が商業の「S」、鹿実が実業(business)の英語で「B」、鹿商工が「K」だったのも面白かった。要するに、県内での区別がわかりやすいということが最優先となっていたのだと考えられる。
 その後、鹿商が徐々にフェイドアウトしていって2強の時代へと突入していく。

 鹿児島商工樟南と校名変更したのは福岡真一郎田村恵(現広島スカウト)のバッテリーが3年生となった94年である。優勝も狙えるチーム力との大会前からの評判も高かったが、下馬評通りに勝ち上がって決勝に進出した。決勝戦では九州対決で佐賀商の前に屈するものの新校名はしっかりと全国に印象づけた。
 鹿児島勢としても初めての決勝進出であった。

 全国での戦いぶりからすれば県内で一番リードしているはずの鹿児島実だったが、気がついたら樟南に先を越された感じになってしまった。
 ところが、その2年後に鹿児島実はしっかりと逆襲する。96年春に下窪陽介投手を擁して智弁和歌山を倒してついに全国の頂点に立ったのである。県勢初の全国制覇となり改めて鹿実野球健在を印象づけた。とくに、白地に黒の太文字で力強く「鹿実」のユニフォームは改めて、鹿児島県の高校野球のリーダーであるという印象を与えてくれた。

[page_break:三すくみ状態の鹿児島県の勢力構図]
 

三すくみ状態の鹿児島県の勢力構図

樟南と鹿児島実の2強時代から神村学園が台頭して新たな三すくみ状態に | 高校野球ドットコム
神村学園は2005年の選抜準優勝を皮切りに一気に力をつけていった

 こうして、鹿児島県の2強は、その後はますますマッチレースの様相が強くなっていった。
 そこへ突如新勢力として神村学園が台頭してきたのだ。03年に女子校から男女共学となり、創部していきなり2年目で秋季九州大会を勝ち上がって準優勝。一気に翌春05年のセンバツ出場を決めると、甲子園でも快進撃を続けて準優勝。全国にその存在を知らしめた。すさまじい勢いで全国の頂点近くまで駆け上がっていったところが出現したのだった。
 元々、女子校時代から女子硬式野球部があり、女子高校野球の先駆的な存在でもあった。神村学園は以降、10年の間で春5回、夏3回という甲子園出場実績をあげている。こうして今や、鹿児島実樟南に割って入る勢力となったのだ。
 そして、新たな三すくみ状態が継続され、そのまま鹿児島県の勢力構図となっている。

 こうした勢力構図の中で、鹿児島商も復活を狙い、照国から校名変更した鹿児島城西鹿児島も追いかける。鹿児島実川内分校から独立して川内実を経て校名変更したれいめいは16年秋に県大会優勝している。また、06年夏、08年春に出場している鹿児島工や14年夏に初出場を果たした鹿屋中央なども加わって、高レベルでの競り合いを演じていくようになった。加治木鹿児島情報なども時に上位に顔を出す存在となっている。

 ところで、鹿児島の地は実は日本の野球にとっては名付けの親の地でもある。というのも、「baseball」を「野球」と訳した人といわれているのが中馬庚(ちゅうまかのえ)で、鹿児島二中に在籍していた。それから第一高等学校へ進んで東京帝国大の学生となり、その時代にベースボールを野球と訳したとされている。そういう意味では、日本の野球にとって鹿児島県は特別なところということがいえるであろう。
 ところで、その中馬庚の母校鹿児島二中は現在の甲南で、旧制時代の伝統はしっかりと引き継がれているという名門である。通称「甲鶴戦」と呼ばれている鶴丸とのスポーツ交歓対抗戦は、両校関係者だけではなく、鹿児島市内の名物行事一つといわれている。その看板が両校の野球の対抗戦と応援合戦である。
また、公立校としては14年春に21世紀枠代表となった離島の大島武岡台錦江湾などが健闘している。また、最南端の枕崎も地元では「マッコー」の名で親しまれ、人気がある。

(文:手束 仁

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.07.14

甲子園通算19度出場・享栄が初戦敗退 1点差でまさかの敗戦【2024夏の甲子園】

2024.07.15

ノーシード・二松学舎大附が2戦連続で延長戦を制す【2024夏の甲子園】

2024.07.15

プロ注目153キロ右腕が3回戦で姿消す 好リリーフ見せるもあと1点及ばず【2024夏の甲子園・兵庫】

2024.07.15

”超攻撃野球の浦学”から”堅守の浦学”へ。難敵相手に1対0の完封勝利発進

2024.07.15

栃木では6試合が雨天順延、宇都宮北と足利大附が初戦を突破【2024夏の甲子園】

2024.07.14

甲子園通算19度出場・享栄が初戦敗退 1点差でまさかの敗戦【2024夏の甲子園】

2024.07.09

キャプテンも、シートノック担当女子マネ兼助監督も野球未経験……それでも強豪に善戦した都立校が教えてくれた高校野球のすばらしさ【24年夏・東東京大会】

2024.07.09

下町の実力都立校・紅葉川が“本拠地”で初戦突破!エース8安打を浴びながらも完封勝ち【24年夏・東東京大会】

2024.07.13

四国の夏を盛り上げる逸材20名! 全国注目の四国BIG3から「東大野球部か医者か」の秀才、名門・池田の小さな大エースまで【逸材選手リスト】

2024.07.09

4年ぶり復帰の指揮官、選手との信頼関係構築のカギは「公式X」! 光泉カトリックが初戦突破【24年夏・滋賀大会】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.06.30

明徳義塾・馬淵監督が閉校する母校のために記念試合を企画! 明徳フルメンバーが参加「いつかは母校の指導をしてみたかった」

2024.06.23

大阪桐蔭が名門・日体大に1勝1分け! スター選手たちが快投・豪快弾・猛打賞! スーパー1年生もスタメン出場 【交流試合】

2024.06.23

プロ注目の大阪桐蔭・徳丸が大学生相手に決勝アーチ!直近3週間5本塁打と量産態勢!2年ぶり夏甲子園へ強打者の勢い止まらず!

2024.06.28

元高校球児が動作解析アプリ「ForceSense」をリリース! 自分とプロ選手との比較も可能に!「データの”可視化”だけでなく”活用”を」