試合レポート

明徳義塾vs済美

2016.10.30

怒りの明徳義塾、済美を集中力で退け4季連続甲子園へ前進!

明徳義塾vs済美 | 高校野球ドットコム

2回表に1イニング2安打の明徳義塾7番・近本 攻生(二塁手・2年)

 四国大会準決勝数日前、高知県須崎市・横浪半島にある明徳野球道場には「怒り」のパワーが充満していた。

 高知県大会決勝戦では高知中村・北原 野空(2年・右投右打・168センチ71キロ・高知県立中村中出身)の「7色の変化球」に対し6安打完封負け。夏の高知大会決勝のリベンジをしっかり果たされた上に「3連勝しないとセンバツにはいけない」(馬淵 史郎監督)窮地に追い込まれた明徳義塾。そのうち2つをクリアしても些細なミスに飛び交う怒号に、そのミスをすぐに撲滅せんとする指揮官、コーチ陣の熱血指導。あの悔しさを誰も忘れてはいなかった。それらのパワーがこの試合、2回表に凝縮されたといってよいだろう。

 一死から7番・谷合 悠斗(1年・左翼手・右投右打・178センチ80キロ・岡山メッツ<岡山・ヤングリーグ>出身)が口火を切っての疾風怒濤の5連打で3点。「自信のあったインコースストレートを叩かれた」済美先発・八塚 凌二(2年主将・投手兼三塁手・右投右打・175センチ71キロ・新居浜リトルシニア出身)をマウンドから下ろすと、一死満塁から3番・今井 涼介(2年・遊撃手・右投右打・170センチ65キロ・八尾ボーイズ<大阪>出身)は10球粘る明徳義塾の真骨頂を発揮しての押し出しで4点目。

 
 動揺を隠せない済美はその後も満塁走者をすべて返してしまう痛いミスも重なり、8点を献上。この時点で完全に勝負は決した。最後は「身体を開かないようにしてインコースストレートを叩いた」西浦 颯大(2年・右翼手・右投左打・175センチ70キロ・熊本北リトルシニア<熊本>出身・元:侍ジャパンU-15代表)の8回表の高校通算23号2ランで締めた明徳義塾。2年連続13度目の決勝進出と同時に、4季連続となる2年連続17度目のセンバツ出場を濃厚とした彼らは、6年ぶり7度目となる秋の四国王者を虎視眈々と狙う。

 一方、8回コールドで敗れたことと、同県の帝京第五が決勝進出したことで昨年に続きまたしてもセンバツ出場を目の前で逃すことが決定的となった済美。高校時代の恩師との公式戦初対決に敗れた後、中矢 太監督が敗因として指摘した「北本 (佑斗・2年・左投左打・170センチ70キロ・泉北ボーイズ<大阪>出身)」の変化球をずっとイメージして練習してきたが、試合では振れなかったことと、2回表に固くなってうろたえた守備力」は、県大会準決勝・宇和島東戦からの課題でもある。この冬はぜひその部分を強く意識し、鍛え、春、そして屈辱の初戦敗退に終わった今年からのリベンジもある来夏の愛媛大会までに、大きく成長した姿を見せてもらいたい。

(文・写真=寺下友徳

明徳義塾vs済美 | 高校野球ドットコム
注目記事
・2016年秋季大会特設ページ

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.24

【関東】25日に準決勝、2戦6発の帝京の打棒が響き渡るか<春季地区大会>

2024.05.24

【岩手】25日に準決勝、6大会連続V狙う花巻東に、創部初4強の水沢商が挑む<春季県大会>

2024.05.25

【宮崎】日章学園、宮崎北、宮崎商が県大会へ、出場校が出揃う<県選手権大会地区予選>

2024.05.24

春季近畿大会注目選手17人! 智辯和歌山の大型右腕、大阪学院大高の全国トップレベル遊撃手、天理のスラッガーコンビら逸材がこぞって出場!

2024.05.25

【長崎】長崎北、長崎日大、創成館などが勝利<NHK杯地区予選>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.20

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在31地区が決定、宮城では古川学園、仙台南、岩手では盛岡大附、秋田では秋田商などがシードを獲得

2024.05.20

【春季京都府大会】センバツ出場の京都国際が春連覇!あえてベンチ外だった2年生左腕が14奪三振公式戦初完投

2024.05.19

【東海】中京大中京がコールド勝ちで17年ぶり、菰野は激戦を制して23年ぶりの決勝進出<春季地区大会>

2024.05.21

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在33地区が決定、岩手では花巻東、秋田では横手清陵などがシードを獲得〈5月20日〉

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.29

【岩手】盛岡中央、釜石、水沢が初戦を突破<春季地区予選>

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.05.13

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在29地区が決定、愛媛の第1シードは松山商