試合レポート

広島新庄vs東邦

2016.10.05

堀瑞輝の独り舞台!14奪三振の快投で準決勝進出!

広島新庄vs東邦 | 高校野球ドットコム

堀瑞輝(広島新庄)

 まさに堀瑞輝の独り舞台であった。

 2回表、1番杉村 泰嘉の3ランで先制した広島新庄。その後、6回表にも1点を追加し、4対0とリード。広島新庄のエース・堀瑞輝にとっては十分すぎる援護点だった。今日はストレートの調子が良いと実感していた堀はストレートを軸に投球を組み立てる。左スリークォーターから投げ込む直球は常時130キロ後半~140キロ前半を計測。そのストレートを外角ギリギリにコントロールできるのだから打者はたまったものではない。そして120キロ後半のスライダー、120キロ台のツーシーム、チェンジアップ、100キロ台のカーブも低めに決まるので、強打の東邦打線は完全に沈黙した。

 いつでも140キロを出せる馬力の大きさは見事で、130キロ後半がやっとだった昨年と比べるとだいぶ伸びているのが実感できる。
 U-18からストレートの勢いはだいぶ素晴らしかったが、国体の舞台でもしっかりと調整できているのが素晴らしい。U-18終了後、どう調整していったかというと、まず大会終了後の1週間は完全オフ。その後、徐々にキャッチボールを初めてペースアップさせて大会に臨んでいるように、自覚をもって大会に入っているのが分かる。

 3年生と一緒に戦う最後の大会。楽しんで終わりたいという思いで、この大会に臨んでいる堀は、どこかリラックスした状態で、硬さがないのも好投ができている要因だろう。国体は代表校の宿舎が同じで、前日、東邦藤嶋健人といろいろな会話を交わすほどの仲の良さ。
「健人とはストレートで勝負で行こうと思いました」と語るように、藤嶋には全力投球。4回表の第2打席で、最速148キロ(中継局のガンで150キロ)を計測したが、明らかに勢いが違うストレートであった。こんなストレートを投げ込めるほどの体力があったんだなと気付かされるシーンであった。かといってすべてストレート勝負というわけではなく、7回裏の第3打席は100キロ台のカーブを見せてから、内角へ140キロ台のストレートを見せる投球。堀はストレート中心で良いと思っていたようだが、勝つことに徹した捕手・古本 幸希のナイスリードもあり、三振の山を築いていく。

 最後、松山仁彦に適時二塁打を打たれ、1点を失ったが、4番藤嶋を中飛に打ち取り、14奪三振完投勝利。
 ドラフト上位候補と目される堀だが、この時期で自己最速タイを計測するあたり、目的意識をもって調整ができているように感じる。いずれプロで勝負する左腕であると思うが、1つの大会に合わせてしっかりと標準を合わせる意識の高さは、かなり大きなアドバンテージとなっていくのではないだろうか。

(文=河嶋 宗一

広島新庄vs東邦 | 高校野球ドットコム
関連記事
 2016年国民体育大会特設応援サイト

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.26

【春季関東大会】常総学院・中村虎汰郎が二刀流の活躍で決勝進出に貢献!9回にはサヨナラに繋がるヒット!投手としてはセンバツ後に再転向で連日の好リリーフ!

2024.05.26

【春季近畿大会】大阪学院大高のプロ注目ショート・今坂幸暉は3打数無安打。「第1打席がすべて」と悔やむも好守備に手応え

2024.05.26

【春季関東大会】超強力打線・帝京の快進撃が止まる! 白鷗大足利の山口・昆野を攻略できず、13年ぶりの夏への課題は「大黒柱の育成」

2024.05.26

【島根】開星、出雲が各地区で優勝<各地区大会>

2024.05.26

【宮城】仙台育英が投打に圧倒して5大会連続28回目のV<春季県大会>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.21

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在33地区が決定、岩手では花巻東、秋田では横手清陵などがシードを獲得〈5月20日〉

2024.05.26

【春季関東大会】常総学院・中村虎汰郎が二刀流の活躍で決勝進出に貢献!9回にはサヨナラに繋がるヒット!投手としてはセンバツ後に再転向で連日の好リリーフ!

2024.05.22

【愛知・全三河大会】三河地区の強豪・愛知産大三河が復活の兆し!豊川を下した安城も機動力は脅威

2024.05.22

【春季関東大会】センバツVの両エース打ちで勝利に貢献!逆転タイムリー放った池田翔吾(常総学院)は指揮官も絶賛の打棒の持ち主!

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.29

【岩手】盛岡中央、釜石、水沢が初戦を突破<春季地区予選>

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.05.13

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在29地区が決定、愛媛の第1シードは松山商