試合レポート

作新学院vs北海

2016.08.21

今井達也、決勝でも試合を支配するピッチング!打線も抜け目のない攻撃で二度目の栄冠!

 伏兵、北海が決勝まで勝ち上がった大きな要因に全力疾走があったと思う。私が俊足の目安にしている打者走者の「一塁到達4.3秒未満、二塁到達8.3秒未満、三塁到達12秒未満」をクリアしたのは、2回戦松山聖陵戦が5人13回、準決勝秀岳館戦が6人8回。これほどのタイムクリアの人数と回数は大会を通じて北海がダントツである。

 この決勝戦はその走力が存分に発揮されなかった。「4.3秒未満~」のタイムクリアは4人4回。作新学院の3人4回より多いが、北海の全力疾走には走攻守が上の相手校を攻撃性で凌駕するという側面がある。そう考えると「4人4回」は物足りない。

 北海のアウトの内訳は「ゴロアウト9、フライアウト8、三振9、走塁死1」とバランスがいい。それだけ作新学院の先発、今井 達也(3年)のペースで試合が行われたということ。

 今井は試合ごとに主体となるボールを変えている印象がある。準々決勝木更津総合戦がカットボール、準決勝明徳義塾戦がフォークボール。そしてこの決勝戦はカットボールとシュート回転で小さく沈むツーシームが目についた。

 ストレートは明徳義塾戦から引き続き高めに浮くことが多く万全ではなかったが、困ったときのカットボールというくらい曲がりとコントロールが安定し、9三振のうち4つの決め球がこの球種だった。そして、カットボールと曲がりが異なる逆方向の変化球、ツーシームが北海の右打者の踏む込みを許さず、左打者に対してはカットボールが猛威を振るった。

 試合は2回裏に北海が先行した。5番川村 友斗(2年)がストレートの四球で歩いたあとバントで二進、二死後に9番鈴木 大和(2年)が初球をレフト前に運び川村を迎え入れるという理想的な展開。スタンドが湧いたのはそれだけ作新学院の強さがファンの間に知れ渡っていたからだろう。

 北海の先発、北海大西健斗(3年)は鋭く沈むカットボールとノーマルな曲がりのスライダー、さらに130キロ台後半から140キロ台前半を計測するストレートを交えた緩急に特徴があり、3回までは毎回スライダーを勝負球に空振りの三振を奪っている。

 この技巧色の強い大西に対して作新学院各打者がどう立ち向かったかと言うと、1~3回まではセンターから逆方向への打球が目立った。否、「目立った」なんてもんじゃない。3回までの⒓人の打球方向がすべてセンターから逆方向だった。

 これが4回の得点に結びついた。先頭の藤野 佑介(3年)がセンターの頭を越えるフェンス直撃の二塁打で出塁したあと、相手一塁手のエラーで同点、8番鮎ヶ瀬一也(3年)のセンター前ヒットで逆転、9番今井のライト前ヒットで3点目を入れるという波状攻撃を見せ、1番山本 拳輝(3年)がこの試合初めてライトに引っ張って2点二塁打を放ち、5回には二、三塁の場面で今井が空振りの三振、このワンバウンドになった球をキャッチャーが一塁に送球している間に三塁走者が生還するという抜け目のなさで勝負を決定的にする。

 北海は4回以降ヒットが散発的に出るが、連打が出たのは1回だけ。完璧ではなかったが今井のストレートは最後まで140キロ台後半を計測し、その力の前に北海が屈したという試合だった。今大会最も印象に残った選手は、もちろんこの今井達也である。

(文=小関 順二

作新学院vs北海 | 高校野球ドットコム
注目記事
第98回全国高等学校野球選手権大会 特設ページ

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.02.26

北陸の雄・金沢学院大学の新入生の経歴がすごい!U-18代表一次候補右腕、甲子園ベスト4の主将、甲子園ベスト8捕手などが入部!

2024.02.26

中央大、慶應義塾大の注目ルーキーたちが早くも活躍!慶應義塾出身の丸田、仙台育英出身の橋本のU-18代表コンビが実力を発揮!【薩摩おいどんカップ】

2024.02.26

ポニーリーグの球春告げる関東大会が開幕! HARTY氏の大熱唱で協会創立50周年が華々しくスタート! 「まさにプロ野球さながら」

2024.02.26

【愛媛】昨年秋Vの松山商が、北条と松山聖陵の勝者と対戦<春季大会組み合わせ>

2024.02.26

評価急上昇・佐々木俊輔(巨人)が開幕一軍へ前進中! 意外にも名門・帝京初の大卒社会人出身野手!

2024.02.24

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.02.24

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.02.25

取材歴13年「私の出会った個性派キャプテン」たち…叱咤激励型、調整型、高校・大学・社会人ですべて日本一の「殿堂入りキャプテン」も!【主筆・河嶋宗一コラム『グラカン』vol.8】

2024.02.21

センバツ出場32校のユニホームを調べてみた! 漢字とローマ字どっちが多い?ワセダ文字は5校も! レッドソックス風も登場!

2024.02.21

前川右京&田村俊介「高卒3年目スラッガーコンビ」は金本&前田の伝説打者たちの再来か!?

2024.02.24

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.02.24

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.02.25

取材歴13年「私の出会った個性派キャプテン」たち…叱咤激励型、調整型、高校・大学・社会人ですべて日本一の「殿堂入りキャプテン」も!【主筆・河嶋宗一コラム『グラカン』vol.8】

2024.02.16

【関西地区高校・大学監督人事】天理の名将・中村良二氏が大阪学院大に、後任は天理大6連覇指揮官! 近大、関大、立命大なども監督交代!

2024.01.28

‘24年センバツ出場監督勝利数ランキング! あと1勝で「歴代トップ」大阪桐蔭・西谷監督、チームを変えて甲子園に帰ってきた名将2人、伝説のチームを率いた指揮官たちがそろって出場!