試合レポート

都城vs福島

2016.05.23

山本由伸が公式戦復帰!7回を3安打・13奪三振・1失点

都城vs福島 | 高校野球ドットコム

山本由伸(都城)

 今春大会(第138回九州地区県予選)、プロ注目の山本由伸が登板しないまま、準々決勝で姿を消した都城
今日までの約50日の間に、若き石原 太一監督が率いる都城が、どのようなチームに成長しているのだろうか?もちろん、山本 由伸の公式戦復帰登板を見るためにも、都城へ向かった。

 一冬で、明らかに線が太くなった山本 由伸の姿は、今春大会で目にしていたが、公式戦で投げる姿を見たのは、実に235日ぶりだった。[2015年10月1日、昨秋大会(第137回九州地区県予選)準々決勝・富島3対1都城ぶり]

 身長177cm、体重77kgとなった都城の大エース・山本 由伸が、立ちあがりから何の不安要素も無く、キレ味抜群の持ち球を、テンポよく投げ込んだ。7回に、宮崎福島5番・安永 大地に適時三塁打を浴びて1失点するも、打者24人に対して、被安打3、四球1、死球1、奪三振13、失点1、投球数97。久々の公式戦(今大会初戦)にしては、十分、本領を発揮した。

 都城は、8・9回を、こちらもエース格の左腕・瀬戸口がパーフェクトに抑えた。瀬戸口も、打者が嫌がるような立派な投手に成長している。
右腕・山本 由伸、左腕・瀬戸口の2枚看板と、機敏な動きをみせる内野陣の鉄壁の守りは、昨秋・今春の九州大会に出場した日南学園富島に、全く引けをとらない。
さらに、今日、マスクを被った4番の城村は、5回にソロHRを放った。
9番ファーストで先発出場した南﨑は、4回に中前適時打。9回に代打出場の大重は、だめ押しとなる右前適時打。代打や代走、途中から出場する選手のセンスも高い。
昨秋のチームまでは、固定されたメンバーで全試合を戦うケースが多く見られたが、石原 太一監督が率いる新生・都城は、ベンチ入り・スタメンの入れ替わりも激しい。選手層の厚さと、選手間の競争意識が伝わってくるところから、まだまだ、伸び代が多いチームと言えるだろう。

 ラストサマーの一夏にかける都城ナインは、今大会で1試合でも多く公式戦の経験を積み、ラストスパートをかけたいところだ。
今大会の成績によって、最終的に決まる夏のシード校(パート)。
都城が、どこのパートから頂点を目指すことになるのか?夏のシード上位校を脅かす存在であることは確かなようだ。

都城・石原 太一 監督
「春は、①ゲームの入り方、②大量点をとってからの守りとゲーム運びが反省点になった。今日は、初回から圧倒して勝とうという意識が選手たちに見られて、最後までしまったゲームをしてくれた。(中盤までリードが少なかった分)山本由伸は、当初のイメージより長く投げさせることになったが、順調に調子をあげてきている。」

都城黒木 成 主将
「みんな楽しく野球をやっていて、チームの雰囲気は良いです。今日は、残塁が多かったので、チャンスでの打撃と、次の塁を狙う走塁面を強化して、夏に向けて、今大会で良い結果を残します。」

都城山本 由伸 投手
「春は、打線が点を取ることができて、負けたけどマイナスではなかったです。このチーム・石原監督と一緒に高校野球ができるのも限られた日数なので、一日一日を楽しんで、熱く戦っていきます。(対戦したい県内チームは?) 秋に負けた富島と、またやりたいです。」

(写真・文=三角 竜之

都城vs福島 | 高校野球ドットコム
注目記事
2016年度 春季高校野球大会特集

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.07.16

専大松戸が一挙6失点許してヒヤリ プロ注目の大型遊撃手の逆転本塁打で4回戦進出【2024夏の甲子園】

2024.07.16

元日ハム・飯山ジュニアの好投で修徳快勝! 双子の弟はセンバツ4強捕手、兄は元大学日本代表【24年夏・東東京大会】

2024.07.16

愛媛で宇和・渡部がノーヒットノーラン達成!帝京五を破る【2024夏の甲子園】

2024.07.16

茨城では土浦日大、水戸商、水城のシード3校が初戦突破!【2024夏の甲子園】

2024.07.16

富山中部が8回コールド勝ち、高岡南-魚津工戦は継続試合【2024年夏の甲子園・富山】

2024.07.14

甲子園通算19度出場・享栄が初戦敗退 1点差でまさかの敗戦【2024夏の甲子園】

2024.07.13

四国の夏を盛り上げる逸材20名! 全国注目の四国BIG3から「東大野球部か医者か」の秀才、名門・池田の小さな大エースまで【逸材選手リスト】

2024.07.15

ノーシード・二松学舎大附が2戦連続で延長戦を制す【2024夏の甲子園】

2024.07.13

モイセエフ擁する豊川、初の夏の甲子園へ戦力向上中! カギは超高校級スラッガーの前、投手陣は急成長 センバツの雪辱をはたすか!?【注目チーム紹介】

2024.07.15

プロ注目153キロ右腕が3回戦で姿消す 好リリーフ見せるもあと1点及ばず【2024夏の甲子園・兵庫】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.06.30

明徳義塾・馬淵監督が閉校する母校のために記念試合を企画! 明徳フルメンバーが参加「いつかは母校の指導をしてみたかった」

2024.06.23

大阪桐蔭が名門・日体大に1勝1分け! スター選手たちが快投・豪快弾・猛打賞! スーパー1年生もスタメン出場 【交流試合】

2024.06.23

プロ注目の大阪桐蔭・徳丸が大学生相手に決勝アーチ!直近3週間5本塁打と量産態勢!2年ぶり夏甲子園へ強打者の勢い止まらず!

2024.06.28

元高校球児が動作解析アプリ「ForceSense」をリリース! 自分とプロ選手との比較も可能に!「データの”可視化”だけでなく”活用”を」