試合レポート

東大阪大柏原vs浪速

2016.04.30

積み重なったわずかな差

東大阪大柏原vs浪速 | 高校野球ドットコム

投手・湯川哉琉(東大阪大柏原)

 力量もチームカラーも良く似ている古豪同士の一戦はわずかな差の積み重ねが勝敗を分けた。

 浪速東大阪大柏原もエースは共に好左腕。東大阪大柏原の先発・湯川 哉琉(3年)は初回を三者凡退に抑える上々の立ち上がりで、浪速の先発・中村 一登(3年)も先頭打者を味方の失策で出塁させるが後続を断ち無失点。2回の表、今度は東大阪大柏原がショートゴロの悪送球で先頭打者の出塁を許すが、無死二塁から三遊間深いところへの打球で先ほどミスしたばかりのショート・西島 幹太(3年)が軽快に捌いて三塁を狙ったランナーを殺し、続く打者はサードゴロの併殺打。その後も互いに無駄な球の無い投球と派手さはなくとも堅実な守備が光り早いテンポで試合が進む。

 共にチャンスをつかんだのは4回。浪速は1番の中口 輝人(3年)がストレートの四球で出塁し、2番の上田 一輝(3年)が送って得点圏にランナーを進める。しかし、対応力のある3番・中井 裕斗(3年)はライトフライ、4番・枡村 巧(3年)はサードゴロに倒れあと1本が出ない。その裏、東大阪大柏原も先頭の西島が4球で歩くと寺西 遼真(3年)がきっちり送って一死二塁。さらに住谷 壮真(3年)のヒットなどで二死満塁とすると打席には好投を続ける湯川が入る。中村―中口の浪速バッテリーは1ボール2ストライクと追い込むが湯川はファールで粘る。中村が6球目に投じたストレートは左対左のアウトローに完璧に決まったかに見えたがわずかに外れ球審の手は上がらず。その直後、2ボール2ストライクから甘く入ったカーブを湯川は見逃さず体をキレイに回転させて放った打球はグングン伸びてライトの頭上を越える。打った瞬間にスタートを切っていたランナー達は次々とホームを駆け抜け東大阪大柏原が3点を先制した。


東大阪大柏原vs浪速 | 高校野球ドットコム

投手・中村一登(浪速)

 何とか取り返したい浪速は5回にも一死から相手の失策でランナーを出すと、キャプテン・山本 裕滉(3年)が粘りに粘った末、右中間に落としチャンスを広げる。力投を続ける中村のバントで二死二、三塁としたが9番・綛谷 貴史(3年)の放った鋭い打球は惜しくもセカンド真正面のライナー。続く6回にも二死満塁のチャンスを作ったが得点には至らず、8回にこの日3つ目の、そして9回に4つ目の併殺を奪われゲームセット。

 先発が左腕で同じならリリーフも共に右サイドスローと継投も同じで、終盤は浪速の横山耀大(3年)と東大阪大柏原平田 啓吾(3年)が好投を見せた。最終的に3点差で敗れてしまう浪速だが出塁数では東大阪大柏原を上回り、何度もチャンスを作った。池澤 和宏監督が「痛かった」と嘆いたのはやはり併殺打。浪速が4つの併殺を喫したのに対し東大阪大柏原は0。浪速は得意としているはずのバントを投手真正面に転がしてしまうなどのミスもあった。チャンスであと1本出ていれば、湯川に投じたアウトローへのストレートがあと数センチずれていれば・・・
浪速中京大中京との練習試合では2対2で引き分けるなどどことやっても耐え凌げるしぶとさはあったはずだが、細かいミスやわずかな差の積み重ねが3点差というスコアに表れていた。

(取材・写真=小中 翔太

東大阪大柏原vs浪速 | 高校野球ドットコム
注目記事
2016年度 春季高校野球大会特集

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.12

【東京】ベスト8をかけ激突!関東一、帝京、早稲田実業などが登場<春季都大会>

2024.04.12

春季県大会を制した長崎日大の監督は「まだまだチームは未熟」、14年ぶりの夏甲子園へのカギは化学変化

2024.04.12

【茨城】明秀日立、霞ヶ浦などが県大会進出<春季県大会地区予選>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.07

法政大が新入生全30名を公開!一般組では楽天・三木肇二軍監督の長男・翔太郎(法政二)も入部!

2024.04.09

慶大が全新入生を公開! 甲子園優勝メンバー14人、智辯和歌山・報徳学園からも有力選手獲得!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?