試合レポート

土浦一vs土浦湖北

2015.09.17

土浦一が土浦湖北に7回コールド勝利!2年ぶりの県大会出場!4番・天貝泰己は逆方向に弾丸ライナーホームラン!

土浦湖北2番手の桜井陸投手

 県南地区代表決定戦第1試合。土浦湖北の先発は左腕・吉田 託夢(2年、阿見中、オール県南)、土浦一の先発は右腕・堀内 真(1年、吾妻中、オール県南)だ。

 1回表、土浦一は7番・鈴木 開人(2年、土浦三中)のツーベースなど連打が出て一挙4点を奪い、土浦湖北先発の吉田をノックアウトする。土浦湖北は2番手に桜井 陸(2年、八郷中)をマウンドへ送る。
土浦湖北0-4土浦一

 2回表、大量リードを許した土浦湖北が反撃する。一死から3連続四死球で満塁とすると、2番・鈴木がレフト前に運んで1点。さらに3番・中里 亮太(1年、伊奈中、オール茨城)のセンター犠牲フライで1点を追加する。
土浦湖北2-4土浦一

 3回裏、土浦一は先頭の3番・辰見 明輝(2年、美野里中)がセンター前ヒットで出塁すると、続く4番・天貝 泰己(2年、新治中、右打ち)はアウトコースのストレートを強振。打球は弾丸ライナーでライトフェンスを越えるツーランホームランとなる。
土浦湖北2-6土浦一

 4回裏、土浦一は二死から1番・渡辺 翔悟(1年、常総ボーイズ、鶴岡一人記念大会東日本ブロック代表)と、2番・泉満 瑠太(2年、藤代中)が連続ヒットで出塁するが、ファーストへのオーバーランの隙に中継から刺される。

 5回裏、土浦一はなおも攻め立てる。先頭の3番・辰見がセンター前ヒットで出塁し、盗塁で一死二塁から、5番・三谷 亮太(2年、土浦二中)がライト線スリーベースを放ち1点。さらに6番・中井 徹哉のセンター犠牲フライで1点を追加する。
土浦湖北2-8土浦一


関連記事
・2015年秋季大会特設ページ
・あの学校の取り組みは?!茨城県の野球部訪問を一挙紹介!

2015年秋季大会

弾丸ライナーのホームランをはなった天貝泰己主将

 土浦湖北は3回から6回まで得点圏に走者を進めることができないが、7回にチャンスが訪れる。二死から5番・小松崎 歩夢(1年、友部シニア)が四球で出塁し、6番・桜井の右中間ツーベースで1点を返す。さらに7番・永長 大和(1年、牛久南中、オール茨城)がレフト前ヒットで繋ぎ二死一、三塁とチャンスを広げるが、8番・吉田はセンターフライに倒れる。
土浦湖北3-8土浦一

 5点差に詰められた土浦一だが、気負うことなく四死球に乗じて効果的に得点を奪う。先頭の3番・辰見が死球、5番・三谷が四球、6番・中井はバントヒットで一死満塁とすると、7番・鈴木がライト前に運んで1点。続く8番・近藤 蓮(2年、竹園東中)はセンター犠牲フライでさらに1点を追加し7回コールドが成立する。
土浦湖北3-10土浦一

 土浦一土浦湖北をコールドで破り、2年ぶりの秋季県大会出場を決めた。
土浦一は今夏のレギュラーメンバーが6名残り、経験値でアドバンテージがある。各打者はファーストストライクから積極的に鋭く振ることができており、打球には勢いがあった。特に4番・天貝 泰己の打球には度肝を抜かれた。ただし、ホームラン後の打席はピッチャーフライ、サードゴロと、大きい当たりを狙って開き気味になっていたので、まだ隙がある。天貝はこの世代で茨城を代表する強打者になる素質は十分に備わっている。これから変化球への対応力と、打席での心のコントロールの両面を磨いていけば、結果は自ずと付いてくるだろう。県大会で対戦校から警戒マークされることは間違いないが、強打者・天貝 泰己の大暴れを期待したい。

 一方、土浦湖北は初回の大量失点が影響したのか、攻撃がかみ合わず進塁打が欲しい場面でフライアウトが目立った。投手陣もどんどん振ってくる土浦一打線に捉えられ、チームとして平成19年以来、8年ぶりの県南地区予選敗退となった。

(文=伊達 康


関連記事
・2015年秋季大会特設ページ
・あの学校の取り組みは?!茨城県の野球部訪問を一挙紹介!

2015年秋季大会

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.15

【春季東京都大会】日大豊山、注目の好投手を攻略し、コールド勝ち!指揮官「うちが東京を勝ち上がるには機動力しかない」

2024.04.15

【福島】聖光学院は福島明成と「福島北・伊達」連合の勝者と対戦<春季県大会支部予選組み合わせ>

2024.04.15

【鳥取】八頭と倉吉北がサヨナラ勝ち、鳥取東と米子東も8強入り<春季県大会>

2024.04.15

【広島】広陵は祇園北と、広島新庄は崇徳と対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.15

【埼玉】狭山ヶ丘がサヨナラ、川口市立が逆転で県大会切符<春季県大会地区予選>

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.11

【埼玉】所沢、熊谷商、草加西などが初戦を突破<春季県大会地区予選>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>