試合レポート

豊川vs常葉橘

2013.10.20

豊川vs常葉橘 | 高校野球ドットコム

木村聡司投手(常葉橘)

明暗を分けたエース対決

2回に常葉橘が三連打で先制したが、豊川は3回、4番・高桑平士郎(2年)のタイムリー二塁打などで3点を挙げ逆転。6回にも常葉橘の守備が乱れから3点を加えた。
常葉橘は7番・内野琢麻(1年)が3本のタイムリー、4打点の活躍で2点差まで詰め寄る。9回にも二死満塁のチャンスを作ったが、あと1本が出ず東海大会は初戦で敗退。豊川は去年敗れた1回戦を突破しベスト8へ進出した。

県大会で好投を見せた2人の右腕対決。豊川田中空良(2年)と常葉橘木村聡司(2年)は、それぞれ130キロ台後半の速球で迫力のある投げ合いを演じた。

常葉橘の木村は立ち上がりからコントロールが定まらず、四死球でピンチを作ったが味方の守備に助けられ併殺打で切り抜けた。「もともと制球の良い投手ではないが、きょうはカウントを取れるボールが無かった」と常葉橘の黒澤学監督。

木村は3回も先頭打者に四球を与えると、失策がらみで二死二、三塁のピンチを迎えた。
打席はの4番・高桑。豊川の今井陽一監督は、いつもより下がり目に立ちバットを短く持つように指示を出した。「打ってチームを盛り上げたい」と打席に向かった高桑は、3ボール、1ストライクからの5球目、139キロの直球をコンパクトなスイングでレフト線へ弾き返した。


豊川vs常葉橘 | 高校野球ドットコム

田中空良投手(豊川)

逆転を許し動揺する木村は自らの牽制エラーとワイルドピッチで3点目を献上。さらに6回にもヒットと四死球で塁を埋め、味方の失策と押し出しで生還を許すという最悪のパターンが重なり追加点を許した。木村は6失点ながら、なんと自責点はゼロ。「味方のミスをフォローできないとエースではない」と唇を噛んだ。

 豊川の田中は2回に早いカウントから連打を浴びで1点を失った。
6回まで毎回安打を許し4失点を喫したが、斜めに割れるスライダーと縦に落ちるスプリットでなんとかピンチを切り抜けた。

「きょうの田中は65点。力みが出て左肩の早く開き球がシュート回転していた」と今井監督。「いつも連投の2試合目は余分な力が抜けて良い投球をしてくれる」と次戦でのエースの好投に期待する。
田中は「疲労感はない。常に挑戦者という気持ちで一戦一戦しっかり投げる」と次の大垣日大戦へ気持ちを切り替えた。

(文=加藤千勝

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.21

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在33地区が決定、岩手では花巻東、秋田では横手清陵などがシードを獲得〈5月20日〉

2024.05.22

【愛知・全三河大会】三河地区の強豪・愛知産大三河が復活の兆し!豊川を下した安城も機動力は脅威

2024.05.22

【秋田】明桜と横手清陵がコールド勝ちで4強入り<春季大会>

2024.05.22

阪神・佐藤がフェンス直撃のタイムリー!昨日のHRに続き今日もバットで結果!再昇格へ連日アピール!

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.17

「野球部や高校部活動で、”民主主義”を実践するには?」――教育者・工藤勇一さん【『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.5】

2024.05.16

【宮城】仙台一、東北、柴田、東陵がコールド発進<春季県大会>

2024.05.19

【東海】中京大中京がコールド勝ちで17年ぶり、菰野は激戦を制して23年ぶりの決勝進出<春季地区大会>

2024.05.18

【秋田】明桜がサヨナラ、鹿角は逆転勝ちで8強進出、夏のシードを獲得<春季大会>

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.04.22

【春季愛知県大会】中部大春日丘がビッグイニングで流れを引き寄せ、豊橋中央を退ける

2024.04.22

【鳥取】昨年秋と同じく、米子松蔭と鳥取城北が決勝へ<春季県大会>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.29

【岩手】盛岡中央、釜石、水沢が初戦を突破<春季地区予選>