試合レポート

樟南vs鹿屋中央

2013.05.27

樟南vs鹿屋中央 | 高校野球ドットコム

サヨナラ勝ちに歓喜の樟南ナイン

これぞ「高校野球」樟南

試合中、レフトからライト方向へ吹き続けた風の影響で、一塁側の樟南ベンチは終始「砂埃」にさらされ続けた。試合後、山之口和也監督は真っ先に水道に直行して顔を洗っていた。試合の内容も終盤は砂嵐にさらされたような劣勢だったが、見事に跳ね返して逆転サヨナラ勝ちだった。

「サヨナラを打った緒方はもちろん褒めなければいけないけど、彼を信頼してみんなが必死になって一生懸命つないだことが良かった。これが高校野球ですよ」
指揮官は灰を洗い流して、さっぱりした表情で力強く振り返った。

8回からリリーフで送った川畑勇気(3年)が誤算。気負い過ぎて9回二死から3連続四死球で同点に追いつかれた。10回には2番・木下晨兵(3年)、3番・神田優希(3年)に連続三塁打を浴び、2点ビハインドとなった。

敗色ムード濃厚な中、その裏一死から意地を見せる。9番・島田貴仁(3年)、1番・池田大志(3年)が連続内野安打でチャンスを作ると、手堅く送りバントで二死ながら二、三塁と一打同点の場面を作った。

3番・今田典志(3年)、4番・緒方壮助主将(3年)は、連続タイムリーでチームの期待に応えた。今田は3安打4打点、緒方は3安打2打点の活躍だった。

春の県大会までは5番だった緒方は、春以降、4番に繰り上がった。それまで4番を打っていた2年生・藤野祐太の調子が、今一つだったための抜擢だったが「自分は4番というよりも、3番を打って藤野につなぐぐらいの気持ちでいる」という。この日の3安打も「つなぐこと」を意識した右方向狙いが徹底していた。風がライト方向に吹いていたいこともあったが、外角攻めの配球を読んだ成果でもあった。前日の出水中央戦では内角を振り抜いてレフトスタンドに3ランを叩き込んだ。「あれを見ていれば内角に甘いボールはこない」と割り切って右狙いに集中できた。

何より「みんなが一生懸命つないでくれた」ことが主将の心意気に火をつけたタイムリーだった。

(文=政 純一郎

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.07.11

部員確保に奔走する元甲子園球児監督、都立東が見せた「夏1勝」のための必死の戦いに見た、高校野球の原点【24年夏・東東京大会】

2024.07.12

島根が開幕!島根中央が7回コールドで完封勝利を挙げる【2024夏の甲子園】

2024.07.12

北海敗退、連勝は29で止まる!札幌光星、札幌日大、札幌大谷が南北海道8強へ【2024夏の甲子園】

2024.07.12

埼玉では北本・生井がシード川越西を完封、川越工はサヨナラ勝ち【2024夏の甲子園】

2024.07.12

岩手では盛岡工が逆転勝ち、花巻北、盛岡中央も初戦を突破【2024夏の甲子園】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.07.09

キャプテンも、シートノック担当女子マネ兼助監督も野球未経験……それでも強豪に善戦した都立校が教えてくれた高校野球のすばらしさ【24年夏・東東京大会】

2024.07.09

下町の実力都立校・紅葉川が“本拠地”で初戦突破!エース8安打を浴びながらも完封勝ち【24年夏・東東京大会】

2024.07.07

西東京大会が開幕!拓大一がコールド発進、都立東村山西が66得点の圧勝【2024夏の甲子園】

2024.07.09

4年ぶり復帰の指揮官、選手との信頼関係構築のカギは「公式X」! 光泉カトリックが初戦突破【24年夏・滋賀大会】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.06.28

元高校球児が動作解析アプリ「ForceSense」をリリース! 自分とプロ選手との比較も可能に!「データの”可視化”だけでなく”活用”を」

2024.06.30

明徳義塾・馬淵監督が閉校する母校のために記念試合を企画! 明徳フルメンバーが参加「いつかは母校の指導をしてみたかった」

2024.06.23

大阪桐蔭が名門・日体大に1勝1分け! スター選手たちが快投・豪快弾・猛打賞! スーパー1年生もスタメン出場 【交流試合】

2024.06.23

プロ注目の大阪桐蔭・徳丸が大学生相手に決勝アーチ!直近3週間5本塁打と量産態勢!2年ぶり夏甲子園へ強打者の勢い止まらず!