試合レポート

高知vs鳴門

2012.11.05

高知vs鳴門 | 高校野球ドットコム

6回裏二死から大会第1号本塁打をレフトへ放ち三塁を回る4番・和田恋(高知)

乱戦の中で輝いた高知の「一等星」と「新星」

ホームとアウェイの入れ替わりこそあれど、2年連続同カードとなった秋季四国大会決勝戦。共に準決勝に続く先発となる鳴門板東湧梧高知坂本優太の両2年生右腕が安定感を欠いたこともあり、両校が先発全員出塁をマークする乱戦模様になった。

その中で昨年のリベンジを果たし6年ぶり6回目となる秋の四国王者に立ったのは先発全員安打をマークした高知。中でも「一等星」と「新星」と称すべき2名は、ひときわ眩い輝きを放っていた。

「一等星」は4番・主将の重責を担う和田恋(サード・2年)だ。準決勝は今年の選抜大会直前から取り組んだ投手として自己最速143キロをマークした彼だが、決勝では5対6・1点ビハインドの6回二死から「力みすぎず自分のスイングを心がけることを考えて」初球の浮いたカットボールを狙い通りにライナーで左中間スタンドへ。今大会第1号・自身高校通算31号の同点アーチは、非凡なセンスとパワー、加えて「(前キャプテンの)法兼(駿・3年)さんのように率先して引っ張るキャラじゃないので、プレーで引っ張ることを考えている」自らのキャプテン像を体現する一打ともいえよう。

そして「新星」は7回から今大会初マウンドに立った1年生右腕・酒井祐弥である。高知中時代は3年次に2番の土居弘洋(ショート)、6番の上田隼也(センター)らと共に「第28回全日本少年軟式野球大会」にエース・4番として出場し、同中の3年ぶり2度目の全国制覇に貢献。ブルペンでは制球が全く定まらずも、いざマウンドに立つと「だんだん落ち着いてきた」勝負度胸と、中学時代と同じく最速138キロをマークしたストレートとスライダーで押しまくり、強打鳴門打線を3回無失点に抑えきった。

それどころか同点で迎えた8回裏二死二・三塁での初打席では1ボール2ストライクと追い込まれながらも「全部対応できるようにしていた」冷静な判断力で、外角高めのカーブを中前に落とす決勝2点タイムリー。「バッティングでやってくれそうな予感があった」島田達二監督の期待に応える殊勲打は、同時に「気持ちがつながっていた」今大会の高知野球を象徴するプレーでもあった。

こうして、圧倒的な打撃力で頂点に登りつめた2006年(平成18年)第37回大会以来6年ぶり3度目となる明治神宮大会出場も果たした高知。この日も2失策の守備を踏まえ「守備の強化をして1つずつ戦っていきたい」と和田恋も語るように当時のような快進撃は望むべくもない状況ではあるものの、2つの星に追随する星たちが更なる輝きを放つことが出来れば・・・。11月10日に対戦する関東王者・浦和学院(埼玉)を安穏とさせる試合展開には、きっとならないはずだ。

(文=寺下友徳

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.26

【春季関東大会】常総学院・中村虎汰郎が二刀流の活躍で決勝進出に貢献!9回にはサヨナラに繋がるヒット!投手としてはセンバツ後に再転向で連日の好リリーフ!

2024.05.26

【春季近畿大会】大阪学院大高のプロ注目ショート・今坂幸暉は3打数無安打。「第1打席がすべて」と悔やむも好守備に手応え

2024.05.26

【春季関東大会】超強力打線・帝京の快進撃が止まる! 白鷗大足利の山口・昆野を攻略できず、13年ぶりの夏への課題は「大黒柱の育成」

2024.05.26

【島根】開星、出雲が各地区で優勝<各地区大会>

2024.05.26

【宮城】仙台育英が投打に圧倒して5大会連続28回目のV<春季県大会>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.21

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在33地区が決定、岩手では花巻東、秋田では横手清陵などがシードを獲得〈5月20日〉

2024.05.26

【春季関東大会】常総学院・中村虎汰郎が二刀流の活躍で決勝進出に貢献!9回にはサヨナラに繋がるヒット!投手としてはセンバツ後に再転向で連日の好リリーフ!

2024.05.22

【愛知・全三河大会】三河地区の強豪・愛知産大三河が復活の兆し!豊川を下した安城も機動力は脅威

2024.05.22

【春季関東大会】センバツVの両エース打ちで勝利に貢献!逆転タイムリー放った池田翔吾(常総学院)は指揮官も絶賛の打棒の持ち主!

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.29

【岩手】盛岡中央、釜石、水沢が初戦を突破<春季地区予選>

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.05.13

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在29地区が決定、愛媛の第1シードは松山商