試合レポート

鳴門工vs小松島

2011.09.25

鳴門工vs小松島 | 高校野球ドットコム

豪快に左翼へアーチをかけ笑顔で生還する4番・美間投手(2年)

「規格外」鳴門工業・美間優槻の凄みと課題

「怒り心頭です。今まであんな奴はおらん」。

千葉ロッテの正捕手・里崎智也や阪神のセットアッパー渡辺亮など、これまで数多くのプロ野球選手を輩出し、2002年・第74回センバツ大会準優勝など、鳴門工業を全国屈指の強豪に育て上げた髙橋広監督。この日、その名将を5回コールド勝ちにもかかわらず、半ば呆れさせたのがプロ注目の4番・エース美間優槻(2年)である。

美間の5回表までは素晴らしかった。投げては140キロを超えるストレートに縦のスライダーを交えて、夏準々決勝で苦杯を喫した小松島打線相手に1安打無失点。176センチ77キロの豆タンクのような体を駒のごとく鋭く回転させるフォームから放つ重いボールは、「四国屈指2年生右腕」の呼び声にふさわしいものであった。

加えて美間は打席でも評判通りの活躍を見せる。3回表に三遊間をあっという間に抜く適時打で試合の主導権を握る2点目をあげると、4回には打者13人9得点の一助を担う押し出し死球。さらに続く5回には高校通算第19号ソロを左翼席へ叩き込んだ。

追い風も手伝ったとはいえ、打った瞬間それとわかるスイングと両翼100mのアグリあなんスタジアム中段まで飛ばしきった飛距離は中村剛也(埼玉西武)のホームランそっくり。ここまでの鳴門工業は美間の大活躍も含め、完璧な試合内容だったといえよう。


鳴門工vs小松島 | 高校野球ドットコム

代打2点二塁打で猛攻の口火を切った馬場上大樹(2年)

ところが、14対0と大きくリードした5回裏。美間はこの回先頭の6番・小路幸佑(2年)に安打を許すと「緊張した瞬間、体が金縛りにあった感じ」(髙橋監督)になってしまう。続く7番に死球を与え、代打・馬場上大樹(2年)にレフトオーバー2塁打を浴び2失点。その後も2安打3四球でさらに2失点。全くストライクが入らず、置きにいったボールを打たせる負のスパイラルに入った彼の投球は、併殺と途中でライトに入った花田渉(2年)のホーム好返球がなければ、5回コールドどころか9回まで試合が進んでしまうような恐れすらはらんでいた。

ただ、よくよく考えれば美間が5回裏の豹変に至ってしまった原因は4回までの投球にもあった。髙橋監督は「今日はリズムもなかった」とテンポに問題があったことを指摘。さらにあるNPB球団スカウトは美間について、彼と同タイプの最速148キロ右腕・龍田祐樹(徳島商業3年)と比較しつつ、課題を明確に指摘したのである。

「美間は龍田の2年生のときによく似ていて、まだ下半身がうまく使えていない。でも、龍田は3年になってか下半身をゆっくり使うようになってよくなったんです。ですからその意味では、彼がよくなる可能性はあると思いますよ」。

言われてみれば確かにその通り。美間は5回裏に痛打を浴びていたシーンにおいては、全てせわしなく下半身を動かしていた。ということは「規格外」の彼が「原則」を覚えたとすれば…。投打にもっと安定した力を発揮できるはず。

この小松島戦では「あんな奴はおらん」をマイナスの意として指揮官に使われてしまった美間。が、この大きな課題さえ克服すれば真の凄みを持った「あんな奴はおらん」になるはずだ。

(文=寺下友徳

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.07.21

【中国地区ベスト8以上進出校 7・20】米子松蔭が4強、岡山、島根、山口では続々と8強に名乗り、岡山の創志学園は敗退【2024夏の甲子園】

2024.07.21

愛工大名電が今夏3度目のコールド勝ちでV4に前進!長野では甲子園出場37回の名門が敗退【東海・北信越実力校20日の試合結果】

2024.07.21

名将・門馬監督率いる創志学園が3回戦で完敗…2連覇狙う履正社は快勝【近畿・中国実力校20日の試合結果】

2024.07.21

【東北地区ベスト8以上進出校 7・20】青森の決勝は3年前と同カード、岩手、山形でも続々と8強に名乗り【2024夏の甲子園】

2024.07.21

【関東地区ベスト8以上進出校 7・20】神奈川4強が決定、茨城、群馬、栃木、千葉、西東京、東東京で8強に続々名乗り【2024夏の甲子園】

2024.07.20

伊集院の好左腕・新藤、終盤力尽き、鹿児島実に惜敗【24年夏・鹿児島大会】

2024.07.20

枕崎が1時間半遅れの試合でも集中力を発揮!堅守を発揮し、2年連続の8強!【24年夏・鹿児島大会】

2024.07.21

【中国地区ベスト8以上進出校 7・20】米子松蔭が4強、岡山、島根、山口では続々と8強に名乗り、岡山の創志学園は敗退【2024夏の甲子園】

2024.07.20

【夏の逸材123人成績速報】198センチ左腕、世代屈指のスラッガー、大分の県立に現れた150キロ右腕などドラフト候補が大活躍!北海道NO.1左腕がプロ志望を表明

2024.07.21

愛工大名電が今夏3度目のコールド勝ちでV4に前進!長野では甲子園出場37回の名門が敗退【東海・北信越実力校20日の試合結果】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.06.30

明徳義塾・馬淵監督が閉校する母校のために記念試合を企画! 明徳フルメンバーが参加「いつかは母校の指導をしてみたかった」

2024.06.23

大阪桐蔭が名門・日体大に1勝1分け! スター選手たちが快投・豪快弾・猛打賞! スーパー1年生もスタメン出場 【交流試合】

2024.06.23

プロ注目の大阪桐蔭・徳丸が大学生相手に決勝アーチ!直近3週間5本塁打と量産態勢!2年ぶり夏甲子園へ強打者の勢い止まらず!

2024.06.28

元高校球児が動作解析アプリ「ForceSense」をリリース! 自分とプロ選手との比較も可能に!「データの”可視化”だけでなく”活用”を」