試合レポート

明豊vs佐伯鶴城

2011.07.20

明豊vs佐伯鶴城 | 高校野球ドットコム

稲垣(明豊)

遅れて来た大本命

――本命なき夏
 というのが、専らの評判である。

「どこが勝ってもおかしくない」は「混戦」を意味する。問題はどのレベルで混戦状態を形成しているか、なのだ。秋・春にそれぞれ2度行なわれる九州大会予選、県選手権で、優勝チームがすべて異なった大分県。そして昨秋、今春と県代表が九州大会で1勝もできていないのも大分県だ。そんな状況を見て「どんぐりの背比べ」と、意地の悪い見解を示す者もいる。

文句なしの“筆頭”であるはずの第1シード・明豊は、秋以降の4大会で3度の決勝進出を果たした。それでも、なかなか自信を持って二重丸を押すことができなかったのは、打の柱となるべき稲垣翔太に対する不安が、完全に拭えないでいたからだ。

稲垣は入学と同時に頭角を現した。チームが8強に進出した2009年夏の甲子園では、1年生ながらレギュラーの座を掴み、今宮健太(ソフトバンク)らとともに8強進出を果たしている。しかし、その後の稲垣は1年秋の九州大会、2年夏の大分大会と、甲子園まで“あと1勝”に迫りながらも敗れ続けているのだ。

明豊は初戦となった2回戦で、竹田を10-0の6回コールドで退け磐石発進を遂げた。この試合で3番・稲垣翔太が4打数4安打を記録。1本塁打を含む4安打は、すべて長打によって記録したものだった。

台風接近による風雨の中で行なわれた佐伯鶴城との3回戦も、7-0とコールドで快勝した明豊。この試合で今大会初先発となる高尾勇次が登板し、7回を被安打5の無失点と好投を見せると、打の中核・稲垣も6回の4打席目まで、大会通算7打数連続安打を記録するなど活躍した。


明豊vs佐伯鶴城 | 高校野球ドットコム

高尾(明豊)

さて、稲垣についてである。佐伯鶴城戦の後、
「センターから逆方向への強い打球を意識しているだけです」
 と平然と言ってのけた稲垣だが、1、2打席はともに左腕・盛田尚史の外へ鋭く流れるスライダーを捉えての左前打、三強襲安打だ。敬遠四球を挟んでの4打席目も同じスライダー打ちで、やはり逆方向への左前打だった。

もともとミートセンスには定評のある稲垣。むしろバットコントロールの的確さでは、高校生でもかなり上位に位置するだけのものを持っている打者だ。そして、今年1月に智弁和歌山出身の川崎絢平部長が加わって以降は、ランニングメニューの強化によって飛距離が格段にアップした。

とくに4打席目の左前打が面白かった。圧倒的なヘッドの旋回スピードを活かして、インハイ直球を2球続けてファウルに逃げた直後、今度は上からヘッドを落としていくだけのボレーヒッティングで三遊間のど真ん中へ。チーム最多の16本塁打を放っている稲垣のことだ。二死二塁の状況で、直前にファウルした直球をセンターから右寄りに引っ張ることも可能だったはずだが、「狙い球ではないから」と自身の打撃を崩そうとしなかった小粋な姿勢が、なんとも小憎らしくもある。

“打ち出の小槌”を振りかざす稲垣に、もはや不安を挟む余地などなかったのである。

初戦では背番号10の岡本健一郎が6回参考ながらノーヒットノーランを達成し、佐伯鶴城戦では左腕エースの高尾が無失点好投。さらにここまで稲垣の陰に隠れ気味だった4番・加藤将之にも一発が飛び出した。超大型台風にも足元をすくわれることがなかった明豊が、本命としての戦力を整えつつある。

(文=加来慶祐

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.07.13

四国の夏を盛り上げる逸材20名! 全国注目の四国BIG3から「東大野球部か医者か」の秀才、名門・池田の小さな大エースまで【逸材選手リスト】

2024.07.13

モイセエフ擁する豊川、初の夏の甲子園へ戦力向上中! カギは超高校級スラッガーの前、投手陣は急成長 センバツの雪辱をはたすか!?【注目チーム紹介】

2024.07.12

埼玉では北本・生井がシード川越西を完封、川越工はサヨナラ勝ち【2024夏の甲子園】

2024.07.12

校名が消える……プロも輩出・塔南最後の夏はコールド発進!140キロ右腕2人を擁する好チーム「甲子園に名前を刻みたい」【24年夏・京都大会】

2024.07.12

岩手では盛岡工が逆転勝ち、花巻北、盛岡中央も初戦を突破【2024夏の甲子園】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.07.09

キャプテンも、シートノック担当女子マネ兼助監督も野球未経験……それでも強豪に善戦した都立校が教えてくれた高校野球のすばらしさ【24年夏・東東京大会】

2024.07.09

下町の実力都立校・紅葉川が“本拠地”で初戦突破!エース8安打を浴びながらも完封勝ち【24年夏・東東京大会】

2024.07.07

西東京大会が開幕!拓大一がコールド発進、都立東村山西が66得点の圧勝【2024夏の甲子園】

2024.07.13

四国の夏を盛り上げる逸材20名! 全国注目の四国BIG3から「東大野球部か医者か」の秀才、名門・池田の小さな大エースまで【逸材選手リスト】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.06.28

元高校球児が動作解析アプリ「ForceSense」をリリース! 自分とプロ選手との比較も可能に!「データの”可視化”だけでなく”活用”を」

2024.06.30

明徳義塾・馬淵監督が閉校する母校のために記念試合を企画! 明徳フルメンバーが参加「いつかは母校の指導をしてみたかった」

2024.06.23

プロ注目の大阪桐蔭・徳丸が大学生相手に決勝アーチ!直近3週間5本塁打と量産態勢!2年ぶり夏甲子園へ強打者の勢い止まらず!

2024.06.23

大阪桐蔭が名門・日体大に1勝1分け! スター選手たちが快投・豪快弾・猛打賞! スーパー1年生もスタメン出場 【交流試合】