試合レポート

香川西vs三島

2011.05.05

香川西vs三島 | 高校野球ドットコム

仁野智貴(三島)

朋友が引き出した「エースのポテンシャル」

鈴木一宏監督も「5回3失点で抑えてくれとはいったが、まさかあそこまでは・・・」と話した先発・仁野智貴(3年)の7回無死まで2失点の好投を始め、あらん限りの力を振り絞った三島と「気持ち」で渡り合い、サヨナラで秋に続き春は初となる四国大会決勝進出を決めた香川西
ところが、岩上昌由監督は何とも冴えない顔をして報道陣の前に立った。

「実は矢野(航平・3年)には2ボール0ストライクからスクイズのサインを出していたんですが、彼が見逃しまして・・・」。

なんと1死満塁から、9番・矢野が前進守備の二遊間を抜いた劇的なサヨナラヒットの要因は「サイン見落とし」だったのだというのだ。その後も「センバツでは力を出し切れなかったので、4月は力を出し切ることをテーマにして練習に取り組んできたのに、今日は『力を出し切った三島。力を出し切れなった香川西』になってしまった」と、出てくるのは反省の弁ばかり。

1対15で大敗した秋のリベンジ戦となる明徳義塾との決勝戦の話になっても、「この4月の練習試合でも同じような点差で負けているし、思いっきり胸を借りて勉強できれば」と、最後まで威勢のいい意気込みは聞かれなかった。


香川西vs三島 | 高校野球ドットコム

自己最速144キロを計時した宇都宮(香川西)

そんな岩上監督が唯一格好を崩したのは投手陣の話。特に6回途中から4回1失点の好リリーフを果たした宇都宮健太(3年)については、「ランナーを背負ってのバランスに課題はあるが、ボールも切れていたし、ゆるいカーブも有効に使っていた」と合格点を与えた。

その宇都宮にはこの試合、特に期するものがあった。今大会はエースナンバーを岡田孝(3年)奪われ、「今まで見えなかったところが見えるようになった」主将就任後初となる公式戦マウンド。センバツ前に一度は試みながら、日本文理戦(新潟)では全く体現できなかった「変化球で『かわす』」から「ストレートで打ち取る」スタイルへの再挑戦を体現する上でも、「空気を変えて自分たちに流れを持ってくる」主将らしさ、そしてエースらしさを示す上でも、このマウンドは結果と内容が求められるものだったからである。

そんな彼にさらなるアドレナリンを与えたのは、対戦相手・三島の選手たち。中学時代は6番・藤原茂(3年)、大林頸太(3年)と同じく愛媛県・川之江ボーイズクラブで野球に勤しんだ彼だが、奥定宏章(3年)、泰泉寺大地(3年)のバッテリーは実は当時のチームメイト。その他の選手たちもほとんどが勝手知ったる仲である。

当人は「いや、特に意識はしていませんでした」とかわしたが、6回に先制タイムリーを放った泰泉寺に、「中学時代からよかったが、高校になってスライダーのキレがすごくなった。タイムリーも真ん中だったのに詰まらされたし、2打席目もインコースを狙っていたのに詰まらされた」と言わしめた直球は、彼を中飛に打ち取ったボールで144キロの自己最速を計時。
いつもは試合中にほとんど見せないガッツボーズを6回に小さく見せたことや、1対2の7回裏・初球を迷わず振りぬき同点タイムリーを放った積極性を見れば、彼らを強く意識していることは明らかであった。

それでも試合後は「もう少しフォームを作れば内野フライに出来たと思う」と先制タイムリーを喫した場面を悔しがり、あくまで上を目指す姿勢を崩さなかった宇都宮。下馬評は圧倒的明徳義塾有利の決勝戦であるが、最終的には朋友にエースのポテンシャルを引き出された新キャプテンの投球が、初の四国王者を掴み取る答えとなるはずだ。

(文=寺下友徳

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.07.16

専大松戸が一挙6失点許してヒヤリ プロ注目の大型遊撃手の逆転本塁打で4回戦進出【2024夏の甲子園】

2024.07.16

元日ハム・飯山ジュニアの好投で修徳快勝! 双子の弟はセンバツ4強捕手、兄は元大学日本代表【24年夏・東東京大会】

2024.07.16

愛媛で宇和・渡部がノーヒットノーラン達成!帝京五を破る【2024夏の甲子園】

2024.07.16

茨城では土浦日大、水戸商、水城のシード3校が初戦突破!【2024夏の甲子園】

2024.07.16

富山中部が8回コールド勝ち、高岡南-魚津工戦は継続試合【2024年夏の甲子園・富山】

2024.07.14

甲子園通算19度出場・享栄が初戦敗退 1点差でまさかの敗戦【2024夏の甲子園】

2024.07.13

四国の夏を盛り上げる逸材20名! 全国注目の四国BIG3から「東大野球部か医者か」の秀才、名門・池田の小さな大エースまで【逸材選手リスト】

2024.07.15

ノーシード・二松学舎大附が2戦連続で延長戦を制す【2024夏の甲子園】

2024.07.13

モイセエフ擁する豊川、初の夏の甲子園へ戦力向上中! カギは超高校級スラッガーの前、投手陣は急成長 センバツの雪辱をはたすか!?【注目チーム紹介】

2024.07.15

プロ注目153キロ右腕が3回戦で姿消す 好リリーフ見せるもあと1点及ばず【2024夏の甲子園・兵庫】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.06.30

明徳義塾・馬淵監督が閉校する母校のために記念試合を企画! 明徳フルメンバーが参加「いつかは母校の指導をしてみたかった」

2024.06.23

大阪桐蔭が名門・日体大に1勝1分け! スター選手たちが快投・豪快弾・猛打賞! スーパー1年生もスタメン出場 【交流試合】

2024.06.23

プロ注目の大阪桐蔭・徳丸が大学生相手に決勝アーチ!直近3週間5本塁打と量産態勢!2年ぶり夏甲子園へ強打者の勢い止まらず!

2024.06.28

元高校球児が動作解析アプリ「ForceSense」をリリース! 自分とプロ選手との比較も可能に!「データの”可視化”だけでなく”活用”を」