試合レポート

東海大望洋vs専大松戸

2010.07.25

2010年07月24日 千葉マリンスタジアム

東海大望洋vs専大松戸

2010年夏の大会 第92回千葉大会 準決勝

一覧へ戻る


春のリベンジを果たした長友(東海大望洋)

全国で学んだ東海大望洋の147km右腕、長友が見せた最高の一球

理想通りの一球が最高の場面で出た。専修大松戸に1点を返され、さらに2死3塁のピンチを背負った7回表。

東海大望洋

のエース、長友昭憲はセンスあふれる1年生の1番・永濱秀紀を2-1と追い込むとアウトローへこの日最速となる146kmの直球を投げ込んだ。
3回の第2打席で中越え二塁打を打っていた永濱だったが、このボールに対しては手を出すこともできず、見逃し三振。長友は取り組んできた練習の成果を披露した一球でエースの役割を果たした。

ともに初となる夏の甲子園出場を目指す専修大松戸と

東海大望洋

との千葉準決勝。
専修大松戸はこの日MAX143kmを記録した林田かずなと鋭く落ちるフォークなど多彩な変化球と重い直球を操る上沢直之の2年生コンビ中心に勢いがあり、

東海大望洋

は今春のセンバツを経験した長友が140km台の直球で相手打線をねじ伏せにかかった。
好投手たちの投げ合いを6-2で制し、夏の甲子園出場に王手をかけたのは

東海大望洋

。特に相手に流れが傾きかけた7回のピンチを三振で切り抜けた長友に成長の跡がうかがえた。

この日の長友は決して内容がよかった訳ではない。身長173cmと決して長身ではないが、競輪選手並みのがっしりとした下半身から繰り出される重い直球とブレーキの利いたスライダー、フォークで相手を討ち取っていく本格派の長友だが「スピードで押していこうとした」直球を狙い打たれ、3回には専修大松戸の永濱に中越え二塁打を浴びて失点。
4回にも5番重野雄一郎と6番大山星也に連打を放たれた。被安打12で9失点したセンバツの

大阪桐蔭

戦の借りを全国で返すために原点に戻って練習に取り組んできた本人も「きょうのピッチングでは全国では勝てない」と満足していなかった。

ただ、「敢えてよかったところを挙げるとすると?」の問いに迷わず応えたのが冒頭の一球についてだった。「あの場面で、あのコースに、あのボールが投げられたことはよかった」。

大阪桐蔭戦

では、MAX143kmの直球で押しこんだ長友だったが、高めのボールを次々とヒットゾーンへと運ばれた。「低めにきっちり投げられなければ、速いだけでは全国では通用しない」。
だからこそ練習から意識改革してきた。この夏へ向けては投げ込みでも打者をつけて低めへの制球をしっかりと意識。これは試合でも実践され「ムダ球」は減少傾向にある。「完璧とはいいきれない」と苦笑するように制球の安定感は目標値までまだ達していないようだが、それでも痛打を浴びれば勝敗の行方が分からなくなる重要な場面で狙ったところへ、力のある最高のボールを投げられたことは課題克服へ取り組んできた成果を発揮したと言い切っていいだろう。

癖のないフォームからテンポよく、淡々と投じる長友だが「(春にKOされている専修大松戸戦ということで)身体からアドレナリンが出ていた」と振り返ったように負けず嫌いな性格。
この日披露した最高の一球を常に狙った場面で投じられるように、そして全国大会のような大舞台で勝てる投手を目指して貪欲に自分を磨いてほしい。

(文・=吉田 太郎)


[:addclips]

[:report_ad]

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.19

【島根】石見智翠館、三刀屋がコールド発進<春季県大会>

2024.04.20

【香川】高松商が延長10回激戦制しサヨナラ勝ちで19年ぶり優勝<春季大会>

2024.04.20

「夏の甲子園2部制」に強豪校監督から歓迎の声!昨夏、大会初日に8時間現場待機した浦和学院「調整がしやすい」

2024.04.20

【春季神奈川大会】東海大相模の198センチ左腕・藤田 琉生が公式戦初完封!

2024.04.19

【山口】下関国際、高川学園、宇部鴻城がコールド発進<春季大会>

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.15

四国IL・愛媛の羽野紀希が157キロを記録! 昨年は指名漏れを味わった右腕が急成長!

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.15

【春季和歌山大会】日高が桐蔭に7回コールド勝ち!敗れた桐蔭にも期待の2年生右腕が現る

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード