2017年11月18日 西京スタジアム

光vs宇部鴻城

2017年 山口県1年生大会決勝大会 決勝
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

光が二桁安打を浴びせ、逆転優勝!宇部鴻城、継投策実らず



最終回を締めた福原隼斗(光)

 後半勝負を制し、決勝進出を決めたとコールド勝ちで準決勝を制した宇部鴻城。準決勝第2試合の終了から約40分のインターバルを経て、寒空の西京スタジアムで13時20分に両校による決勝戦の幕が開けた。

 先攻・、後攻・宇部鴻城。先発はが背番号11の左腕・友森 海厘、宇部鴻城が背番号25の右腕・岡田 勇斗。直前の準決勝で先発したのエース・福原 隼斗は「3番・左翼」、同じく先発し、打撃でも6打点を叩き出した宇部鴻城・池村 健太郎は「3番・右翼」でそれぞれ先発出場。

 先に試合の主導権を握ったのは宇部鴻城だった。1回裏、1番岡部 匠汰の死球と3番池村 健太郎の中前打で一死一二塁の得点機を作り、4番酒井 隼平の痛烈な打球が失策を誘い、二走が生還。更に3回裏にも四球と失策で無死一二塁のチャンスを作り、4番酒井 隼平が左前適時打。一死後、6番田中力の左前で満塁と攻め込んだ宇部鴻城。続く7番岡田 勇斗は押し出し四球、7番山本 雄一郎の放った打球処理を守備陣が誤る間に更に2点。計4点を奪い、5点のリードを奪う。

 追うは直後の4回表に1点、続く5回表にも1番河内 信穏、2番河﨑 蘭丸の連続二塁打で1点。3点差に詰め寄り、前半を折り返す。

【次のページ】 光vs宇部鴻城(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
近年の甲子園出場はフレッシュな私学校が相次いでいる山口県の勢力図に迫る! 【ニュース - コラム】
第81回 決勝進出校が、都合8度という山口県のしぶとさ【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
下関国際が昨秋に続き、2季連続の中国大会決勝進出!準決勝2試合を徹底レポート!【春季中国大会】 【ニュース - 高校野球関連】
下関国際vs宇部鴻城【2018年春の大会 第130回 春季中国地区高等学校野球大会】
宇部鴻城vs石見智翠館【2018年春の大会 第130回 春季中国地区高等学校野球大会】
日大三vs桐光学園【2018年春の大会 第70回春季関東大会】
第654回 宇部工が42年ぶりの春制覇で幕を閉じた春季山口県大会を徹底総括!【大会展望・総括コラム】
横浜vs桐光学園【神奈川県 2018年春の大会 神奈川県春季大会】
桐光学園vs東海大相模【神奈川県 2018年春の大会 神奈川県春季大会】
第645回 今大会最注目の下関国際と「春連覇」を狙う、昨春の県大会王者・宇部鴻城【大会展望・総括コラム】
第435回 宇部鴻城高等学校(山口)「教育の一環」かつ「真に強い集団」として【野球部訪問】
第534回 宇部鴻城 嶋谷 将平選手「高い吸収意欲と悔しさを糧に」 【2017年インタビュー】
第460回 【2回戦展望】ベスト8に勝ち進むのはどこだ?ハイレベルな試合が続く2回戦8試合の観戦ポイントは?【大会展望・総括コラム】
第458回 神宮をどよめかせた天才ショートストップ!嶋谷将平の華麗なる守備の秘密 【2016年インタビュー】
宇部鴻城 【高校別データ】
光 【高校別データ】
平成29年度1年生大会決勝大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

山口県地域応援スポンサー

山口県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る