2018年05月06日 和歌山県営紀三井寺野球場

市立和歌山vs近大新宮

2018年春季大会 平成30年度春季和歌山県大会 準々決勝
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

市和歌山が劇的なサヨナラ勝利



試合を決めた市立和歌山の川﨑
 

 市立和歌山近大新宮の準々決勝は最終回まで白熱した接戦となった。

 

 先制したのは市立和歌山だった。1回裏に近大新宮の先発・小椋(3年)の立ち上がりを攻め、二死満塁とすると、暴投で三塁走者の柑本(3年)が生還。幸先よく1点を先制する。

 

 近大新宮は4回表に先頭の4番・赤田(3年)が右前安打で出塁すると、市立和歌山は先発の柏山(2年)から左腕の津熊(3年)にスイッチ。近大新宮は津熊を攻め、二死一、三塁から8番・水光(2年)の左前適時打で同点に追いついた。

 さらに6回表に一死満塁から小椋の投ゴロ、7回表には赤田の適時二塁打で1点ずつを加え、試合を有利に進める。

 

 流れを引き戻したい市立和歌山は7回裏に振り逃げと安打で二死二、三塁とする。ここで5番・中村の打遊撃ゴロがイレギュラーで失策となり、二者が生還。ラッキーな形で同点に追いついた。

 

 試合は同点のまま9回に突入。近大新宮は一死から2番の中井(3年)が四球で歩くと、続く野口(3年)がライト線を破る適時三塁打を放ち、勝ち越しに成功する。

 

 このまま逃げ切りたい近大新宮だが、市立和歌山も意地を見せる。先頭の2番・柑本が右前安打で出塁すると、続く緒方(3年)も続き、無死一、三塁と一打逆転のチャンスを作る。ここで4番の安永樹生(3年)が右前適時打でまずは同点に追いついた。さらに一、三塁とサヨナラの後期は続き、5番の川﨑(3年)がセンター前に弾き返してサヨナラ勝ち。劇的勝利で市立和歌山が9年ぶりに夏のシード権を獲得した。

     

 市立和歌山の半田真一監督は「よく繋いで逆転までもっていってくれた」と最終回の打撃を称えた。この冬は打力の強化に努めてきたようでその成果が見事に表れた。劇的な勝ち方で勢いに乗る市立和歌山。このまま頂点まで突っ走ることはできるだろうか。

(文・写真=馬場 遼)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
智辯和歌山が激闘の末、優勝旗を勝ち取る!14日の決勝戦をフォトレポート!【和歌山県大会】 【ニュース - 高校野球関連】
智弁和歌山と市立和歌山が決勝へ!12日の準決勝の2試合をフォトレポート!【和歌山県大会】 【ニュース - 高校野球関連】
市立和歌山vs初芝橋本【和歌山県 2018年春季大会 平成30年度春季和歌山県大会】
智辯和歌山vs市立和歌山【和歌山県 2018年春季大会 平成30年度春季和歌山県大会】
初芝橋本vs日高中津【和歌山県 2018年春季大会 平成30年度春季和歌山県大会】
智辯和歌山vs和歌山東【和歌山県 2018年春季大会 平成30年度春季和歌山県大会】
向陽vs熊野【和歌山県 2018年春季大会 平成30年度春季和歌山県大会】
第72回 星林高等学校(和歌山)【冬が僕らを強くする2018】
第50回 神島高等学校(和歌山)【冬が僕らを強くする2018】
第16回 近大新宮高等学校(和歌山)【冬が僕らを強くする2018】
第54回 高校生投手は豊作!ドラフト前に押さえておきたい31名の投手たち【ドラフト特集】
第398回 花咲徳栄・高橋昂也は本来のピッチングを見せることができるか?大会9日目の見所!【大会展望・総括コラム】
近大新宮 【高校別データ】
市立和歌山 【高校別データ】
平成30年度 春季近畿地区高等学校野球大会 和歌山県予選 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

和歌山県地域応援スポンサー

和歌山県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る