2017年04月03日 多摩市一本杉公園野球場

都立小岩vs都立戸山

2017年春の大会 春季東京都高等学校野球大会 1回戦
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

スカウト部長・河嶋宗一の目が光る!全国逸材発掘レポート

都立小岩、投打で都立戸山を圧倒!

先発・戸村亮(都立小岩)

 ブロック予選を勝ち進んで、都大会出場を決めた都立小岩が、昨秋都大会出場の都立戸山を攻守で圧倒した。

 1回裏、いきなり1番石川幹太(3年)の安打、盗塁、さらにバッテリーミスから無死三塁のチャンスを作り、2番鈴木陽晃(2年)の犠飛で1点を先制する。さらに2回裏には9番脇本が四球で出塁すると、脇本は盗塁を仕掛け、1番石川の適時打で2点目。そして4回裏には、打者11人の攻めで、一挙5得点を入れる猛攻で、7対0と点差を広げた。さらには5回裏には2番鈴木陽の中前適時打、そして6回裏にも内野ゴロの間に1点を追加して、9対0と点差を広げた。

 投げては戸村亮(2年)が好投。左腕から120キロ前後の速球、スライダー、カーブ、シュートを投げ分け、6回7奪三振の好投を見せた。戸村は「自分は球速がないので、コントロールと低めへの変化球を意識して投げることができました」とコメント。率いる西悠介監督も、「今日は主力2人投げていないのですが、次戦へ向けて、戸村が抑えてくれたのは大きいですね」と戸村の好投をたたえた。

 7回表には右下手投げの鈴木が登板。だが7回表、二死一、二塁から佐々木薫平(2年)が右中間への当たりを外野手が敵失。二者生還し、9対2と7点差に迫り、コールド阻止まであと1点に迫ったが、佐々木が三塁でアウトとなり、ゲームセット。都立小岩がコールド勝ちで2回戦進出を決めた。

 都立小岩は「全力疾走・全力のカバーリング・ベンチワーク」を大事にしている。試合の最後まで全力疾走を徹底し、カバーリングもしっかりと行い、ベンチも活気があり、良い雰囲気で試合が臨めていた。また上位打線はしっかりと振れる打者がいて、機動力もうまく絡められ、投手も4枚いる。西監督は「今年のチームは一番戦力が揃っています」と指揮官からの評価も高く、今年はシード権確保を目標としている。

 2回戦以降の勝利のポイントとして西監督は「今日みたいなコールドになるスコアはないと思います。競った時にどれだけ力が出せるかだと思います」と気を引き締めていた。

(取材・写真=河嶋 宗一

注目記事
2017年度 春季高校野球大会特集

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
今年の東東京は大混戦!序盤から目が離せない好カードが続出!【東東京展望】 【ニュース - コラム】
第500回 【東東京展望】混戦が予想される東東京大会!序盤から目が離せない好カードが続出!【大会展望・総括コラム】
都立小岩が狭山清陵と交流戦!2試合を徹底レポート! 【ニュース - 高校野球関連】
都立小岩vs狭山清陵【2017年 練習試合(交流試合)・春】
都立小岩vs東京電機大高【東京都 2017年春の大会 春季大会 一次予選】
第454回 高校ラストイヤーに燃える清宮幸太郎と清宮に対抗心を燃やすライバルたち【2017年東京都展望】【大会展望・総括コラム】
第26回 都立戸山高等学校(東京)【冬が僕らを強くする2017】
駒大高vs都立小岩【東京都 2016年秋の大会 東京都大会 一次予選】
都立紅葉川vs都立小岩【東京都 2016年夏の大会 第98回選手権西東京大会】
都立荒川工vs都立戸山【東京都 2016年春の大会 春季大会 一次予選】
都立小岩 【高校別データ】
都立戸山 【高校別データ】
春季東京都高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

東京都地域応援スポンサー

東京都の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る