2017年03月19日 明治大学府中第二球場

都立葛飾野vs豊島学院

2017年春の大会 春季大会 一次予選 第24ブロック 代表決定戦
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

ブライト2打席連続本塁打、茨木15Kで都立葛飾野都大会進出

ブライト健太(都立葛飾野)

 春季都大会1次予選、第24ブロックB代表決定戦は、都立葛飾野の投打の柱が、強い印象を残した試合になった。

 1回表の豊島学院の攻撃を、都立葛飾野の先発・茨木 亮丸が140キロ近い速球とスライダーやスプリットを使い、奪三振2の三者凡退に抑える。その裏の豊島学院の先発、横手投げの岡部佳祐が緩急をつけて、都立葛飾野打線を翻弄し、こちらも奪三振2の三者凡退に抑える。

 出だしは投手戦の様相を呈していたが、その流れを一気に打ち破ったのは、都立葛飾野の4番の一発だった。2回裏の先頭打者であるブライト 健太は、「前の回三者凡退だったので、少し狙っていました」と言う。初球を叩くと、逆方向に伸びた打球は、ライトフェンスを越える本塁打になった。

 3回裏は一死二塁から1番・西田裕太が右中間を破る二塁打を放って1点を追加する。

 一方、都立葛飾野の茨木は、3回を終えて失策の走者を1人出しただけで、奪三振7の快投。この投球が、豊島学院にプレッシャーとなる。

 4回表、豊島学院は、この回先頭の2番・岩坂晴太が死球で出ると、続く白川竜聖は右中間を破る二塁打を放つ。すると一塁走者の岩坂は、一気に本塁を狙うが、これはアウト。無死で次は4番であることを考えると、無理する必要はないが、茨木の好投に対する意識が、焦りを生んだようだ。それでも一死二塁であり、ここで4番の平野京介が左前安打を打って白川は生還し、豊島学院が追い上げる。

 ところが、試合の流れを都立葛飾野に引き戻したのが、前の打席で本塁打を放っているブライト 健太だった。4回裏、この回の先頭打者であったブライト 健太は、今度はセンター柵越えの2打席連続の本塁打を放つ。

 「練習熱心で、いつまでもバットを振っています。食事も5、6回はしていると思いますが、栄養管理もしっかりしています」と、都立葛飾野の鳴海崇行監督は語る。

【次のページ】 都立葛飾野vs豊島学院(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
東海大高輪台vs都立葛飾野【東京都 2017年秋の大会 東京都大会】
【東京】桜美林が二松学舎大附を破る大金星!1回戦8試合を徹底レポート! 【ニュース - 高校野球関連】
都立葛飾野vs工学院大附【東京都 2017年秋の大会 東京都大会】
【東京】立正大立正、都立葛飾野らが都大会へ!代表決定戦7試合を徹底レポート! 【ニュース - 高校野球関連】
都立葛飾野vs東京都市大付【東京都 2017年秋の大会 東京都大会 一次予選】
都立葛飾野vs立正大立正【東京都 2017年夏の大会 第99回選手権東東京大会】
海城vs豊島学院【東京都 2017年夏の大会 第99回選手権東東京大会】
第500回 【東東京展望】混戦が予想される東東京大会!序盤から目が離せない好カードが続出!【大会展望・総括コラム】
第454回 高校ラストイヤーに燃える清宮幸太郎と清宮に対抗心を燃やすライバルたち【2017年東京都展望】【大会展望・総括コラム】
第413回 いよいよ秋到来!国士舘vs國學院久我山など東京都一次予選から見逃せない好カードは?【大会展望・総括コラム】
第334回 【東東京 抽選後 展望】関東一、都立城東のブロックにノーシードの強豪がずらり!今年も激戦に!【大会展望・総括コラム】
第348回 都立葛飾野高等学校(東京)【後編】【野球部訪問】
都立葛飾野 【高校別データ】
豊島学院 【高校別データ】
春季東京都高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

東京都地域応援スポンサー

東京都の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る