2016年04月06日 江戸川区球場

東亜学園vs明大明治

2016年春の大会 春季東京都高等学校野球大会 3回戦
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

タイプの異なる両投手が緊迫の投手戦、好機に一本が出た東亜学園が逃げ切る

田原君(東亜学園)

 ようやく4月らしい陽射しが戻ってきた江戸川区球場。そんな陽射しに包まれながら、好テンポの投手戦が展開されていった。

 明大明治は2年生の柳澤君、175㎝70kgのバランスの取れた体型。制球がよく、投球の組み立ても巧みだ。

 対する東亜学園の田原君は176cm85kgで、下半身ががっしりとしたタイプで、力で押してくる。

 この両投手の投げ合いは、5回まで明大明治は吉村君の内野安打1本のみ。

 東亜学園鈴木 翼君の左翼線二塁打1本のみで、ともに4番が1安打しただけだった。

 三塁まで走者を進めていた東亜学園が、わずかに押し気味という展開だった。

 どちらがどういう形で先制するのかが、大きなポイントとなってきたが、均衡を破ったのは東亜学園だった。

 6回の東亜学園は、一死から2番北澤君が右前打で出ると、すかさず二塁盗塁を決める。

 そして、鈴木 翼君が左前へタイムリー安打して、北澤君がホームイン。貴重な先取点が入った。

 7回からは、試合が動きそうな気配もあったのだが、9回二死走者なしから明大明治は3番留畑君が右翼線に二塁打すると、吉村君は四球で一二塁。ここまで、3安打できっちり投げてきていた田原君だったが、俄かに不安感が出てきた。

 上田滋監督も、思い切って背番号20の青木君を投入。

 青木君も186cm84kgという体格で、力強い球を投げ込んでくるので、「ワンポイント抑えるのには任せられる」という思いに十分に応えて、最後は三振を奪った。

【次のページ】 東亜学園vs明大明治(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
【東京】東海大高輪台、関東一が初戦突破!昨日開幕の秋季都大会を徹底レポート! 【ニュース - 高校野球関連】
東海大高輪台vs明大明治【東京都 2017年秋の大会 東京都大会】
第600回 【東京都展望】混戦が予想される今秋!大会序盤で早稲田実業・関東一などの優勝候補同士が激突か?【大会展望・総括コラム】
本日開幕!創価、東亜学園らがコールド発進!【秋季東京都大会一次予選・9日の結果】 【ニュース - 高校野球関連】
第581回 秋の東京は一次から激戦!東海大菅生vs二松学舎大附など各ブロックで好カードが目白押し!【大会展望・総括コラム】
第554回 エースが生まれ変わり、二松学舎大附が甲子園に!【東東京大会総括】【大会展望・総括コラム】
東海大高輪台vs東亜学園【東京都 2017年夏の大会 第99回選手権東東京大会】
第541回 東東京は準決勝!東亜学園vs東海大高輪台、二松学舎大附vs関東一の見どころをチェック!【大会展望・総括コラム】
第538回 東東京は準々決勝!二松学舎大附vs上野学園、修徳vs東亜学園の見どころをチェック!【大会展望・総括コラム】
東亜学園vs修徳【東京都 2017年夏の大会 第99回選手権東東京大会】
東亜学園vs日体大荏原【東京都 2017年夏の大会 第99回選手権東東京大会】
明大明治vs東京工業高専【東京都 2017年夏の大会 第99回選手権西東京大会】
東亜学園 【高校別データ】
明大明治 【高校別データ】
春季東京都高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージ (1)

明大明治中学からみてるよライバル 2016.04.06
柳澤くん成長だね
夏が楽しみ
今度は直にみたいっ!
更に成長して戻ってこーい

応援メッセージを投稿する

東京都地域応援スポンサー

東京都の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る