2017年10月01日 徳島県鳴門総合運動公園野球場(オロナミンC球場)

富岡西vs池田

2017年秋の大会 徳島県秋季大会 準々決勝
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

さすらいの四国探題 寺下友徳

1年生右腕の競演から・粘った富岡西が10年ぶり「秋四国」王手!



10回裏富岡西二死二・三塁から7番・村上-大祐(2年主将・捕手)が初球を左前サヨナラ打

 タレント、チーム、そして戦略。高校野球の醍醐味が詰まった好ゲームだった。

 まずは「タレント」。両チームの先発はいずれも期待の1年生右腕であった。最速140キロの池田白川 恵翔(177センチ84キロ・右投右打・美馬市立江原中)が中学時代にジャベリックスローでジュニアオリンピック全国一位に輝いた強肩を利し、ボリューム感たっぷりのストレートを投げ込んでいけば、最速139キロの富岡西・浮橋 幸汰(172センチ72キロ・右投左打・阿南市立第一中出身)は、5番・俊足打者としても活躍する野球センスと、昨年3月の全日本少年春季軟式野球大会ベスト4の原動力となった投球術の巧みさを存分に発揮した。

 3回3分の2でエースナンバーを背負う土井 峻之介(2年・右投右打・171センチ67キロ・三好市立山城中出身)にマウンドを譲った白川はグラブの抱え込み方とランナーを背負った際の配球術。浮橋も8回表に5点を失った終盤のスタミナに課題は残るものの、将来性を鑑みればこの2人が2年後に四国高校野球をけん引する存在になることはまず間違いない。

 「チーム」面でも両校の持ち味が見えた。富岡西はダブルスチールを3度絡める一方で、最後は二死二・三塁から「初球のストレートを狙っていた」7番・村上 大祐(2年主将・捕手・右投右打・172センチ66キロ・阿南市立第二中出身)が左前サヨナラ打を決めた10回裏には、無死一塁から4番の佐藤 亮太(2年・三塁手・右投右打・阿南市立阿南中出身)が「自由に打っていい」と指示した小川 浩監督の意図を汲み、自主的に犠打を決めてチャンスを拡大。「チームに貢献する」を形で示した。

 対する池田は0対5で迎えた8回表、送り込んだ代打が2人とも自分だけで決めに行く気持ちを出さずに四死球を選んでつなげ、失策2個と3番・小角 翼(1年・一塁手・右投右打・176センチ83キロ・三好市立三好中出身)の中犠飛で同点。「選手はよくやってくれた。僕が(昨年4月に)就任以来、やろうとしていたことをある程度できた」と井上 力監督も、この場面については高い評価を与えている。

 それだけに富岡西がこの池田戦を取り、10年ぶり5度目の秋季四国大会出場に王手をかけた意義は大きい。そして来週「まず四国大会に行って、強い相手を倒して甲子園に行く」主将・村上の誓いが、秋季徳島県大会初優勝で成し遂げられ、初の四国大会ベスト4に王手をかけた状態で高知に乗り込むことができれば……。1986年開校、1900年創部の旧制・富岡中以来の伝統進学校は、1世紀上の想いを「あの場所」ではじめて表現できる可能性をさらに、大きく、広げることになる。

(レポート=寺下 友徳

注目記事
2017年秋季大会 特設ページ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
富岡西、穴吹が初戦突破!【選手権徳島大会・17日の結果】 【ニュース - 高校野球関連】
つるぎの奮闘を立ち切った「最速144キロ右腕」 1回戦3試合を徹底レポート!【選手権徳島大会】 【ニュース - 高校野球関連】
池田vs川島【徳島県 2018年夏の大会 第100回選手権徳島大会】
池田辻vs那賀【徳島県 2018年夏の大会 第100回選手権徳島大会】
薩南工vs池田【鹿児島県 2018年夏の大会 第100回選手権鹿児島大会】
第727回 【徳島展望】王座奪還か、連覇か、それとも初頂点か?群雄割拠・徳島の夏開幕【大会展望・総括コラム】
第722回 「4強」軸に本命なき混戦模様 !カギ握る「勢い」と「確かな力」【大会展望・総括コラム】
第83回 徳島商から池田の一人勝ち、そして渦潮打線復活の鳴門の台頭で新勢力図か【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
鹿児島工vs池田【鹿児島県 第142回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
池田vs隼人工【鹿児島県 第142回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
第68回 池田高等学校(徳島)【冬が僕らを強くする2018】
第22回 県立富岡西高等学校(徳島)【冬が僕らを強くする2017】
池田 【高校別データ】
富岡西 【高校別データ】
第70回 徳島県高等学校野球秋季大会  【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

徳島県地域応援スポンサー

徳島県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る