出場校分析

  • 聖光学院高等学校 【福島】
    聖光学院高等学校 【福島】
    【4年ぶり3回目】東北大会準優勝(福島県1位) チーム防御率は32校中堂々の1位、打率は同22位。1試合平均の失点は32校で唯一の0点台。投球回数59,自責点1,防御率0.15と脅威の成績を残したエース岡野が大黒柱。
    石巻工業高等学校 【宮城】
    石巻工業高等学校 【宮城】
    【初出場】21世紀枠(東北大会2回戦) チーム打率は出場32校中30位、防御率は同31位。エースで4番の三浦が大黒柱。打率は4割3分2厘でチームトップ,長打率は6割7分6厘に上った。
  • 花巻東高等学校 【岩手】
    花巻東高等学校 【岩手】
    【3年ぶり2回目】東北大会ベスト4(岩手県1位) チーム打率は出場32校中10位、防御率は同23位。1試合の平均四死球は5.09で4位。太田と高橋がチームトップの10打点を挙げ,長打率は6割台。
    光星学院高等学校 【青森】
    光星学院高等学校 【青森】
    【2年連続6回目】明治神宮大会優勝(東北大会優勝) チーム打率は出場32校中4位、防御率は同21位。夏準優勝のメンバー4人を中心に,新チーム立ち上げの遅れを見事に跳ね返して東北大会と明治神宮大会を制した。
  • 北照高等学校 【北海道】
    北照高等学校 【北海道】
    【2年ぶり4回目】明治神宮大会ベスト4(北海道大会優勝) チーム打率(3割1分9厘8毛)は出場32校中2位,防御率は同15位。1試合の平均安打はトップで,打力の強さを見せた。
    女満別高等学校 【北海道】
    女満別高等学校 【北海道】
    【初出場】21世紀枠(北海道大会2回戦) チーム防御率は出場32校中3位、打率は同14位。試合数は32校で最も少ないが,一般枠出場校と遜色ない数字で初出場を果たした。
  • 横浜高等学校 【神奈川】
    横浜高等学校 【神奈川】
    【2年連続14回目】関東大会ベスト8(神奈川県1位) チーム防御率は出場32校中10位,打率は同25位。昨夏の甲子園経験者が11人残る。投手陣は夏の甲子園からエースを務める柳が柱。
    関東第一高等学校 【東京】
    関東第一高等学校 【東京】
    【4年ぶり4回目】東京都大会優勝 チーム防御率は出場32校中5位、打率は同17位。2年生ばかりの投手陣がチームを引っ張る。チームは都大会では準決勝まで好調で1試合平均は12.33安打だった。
  • 浦和学院高等学校 【埼玉】
    浦和学院高等学校 【埼玉】
    【2年連続8回目】関東大会優勝(埼玉県1位) チーム打率は出場32校中7位、防御率は同22位。2年連続の関東チャンピオンは打の力によるものが大きい。
    県立高崎高等学校 【群馬】
    県立高崎高等学校 【群馬】
    【31年ぶり2回目】関東大会ベスト4(群馬県2位) チーム防御率出場32校中17位、打率は同32位。全9試合に登板し8完投と公式戦をほとんど一人で投げたエース島田が絶対的な柱。
  • 高崎健康福祉大学高崎高等学校 【群馬】
    高崎健康福祉大学高崎高等学校 【群馬】
    【初出場】関東大会ベスト4(群馬県1位) チーム防御率は出場32校中9位,打率は同11位。初出場だった昨夏の甲子園メンバーが4人残り,連続出場へ繋げた。
    作新学院高等学校 【栃木】
    作新学院高等学校 【栃木】
    【2年ぶり11回目】東海大会準優勝(三重県1位) チーム防御率は出場32校中6位、打率は同13位。打線はレギュラー6人が打率3割を超えた。チーム本塁打8は愛工大名電と大阪桐蔭に続き3番目に多い。
  • 三重高等学校 【三重】
    三重高等学校 【三重】
    【2年ぶり11回目】東海大会準優勝(三重県1位) チーム防御率は出場32校中6位、打率は同13位。打線はレギュラー6人が打率3割を超えた。チーム本塁打8は愛工大名電と大阪桐蔭に続き3番目に多い。
    愛知工業大学名電高等学校 【愛知】
    愛知工業大学名電高等学校 【愛知】
    【7年ぶり9回目】東海大会優勝(愛知県1位) チーム防御率は出場32校中4位、打率は同6位。エース濱田は愛知県大会ではコールド参考を含めて2試合連続でノーヒットノーランを達成した。
  • 敦賀気比高等学校 【福井】
    敦賀気比高等学校 【福井】
    【2年ぶり4回目】北信越大会優勝(福井県1位) チーム防御率は出場32校中12位、打率は同18位。1試合の平均安打は9位。神宮大会を含め延長戦を4試合経験した。
    地球環境高等学校 【長野】
    地球環境高等学校 【長野】
    【初出場】北信越大会準優勝(長野県2位) チーム防御率は出場32校中16位、打率は同24位。エースの漆戸は12試合全てに登板し,先発した10試合はいずれも完投した。
  • 天理高等学校 【奈良】
    天理高等学校 【奈良】
    【5年連続22回目】近畿大会準優勝(奈良県3位) チーム打率,防御率とも出場32校中25位。守りでは平均失策が1試合1個以下。捕手陣は奈良県大会では1つも盗塁を許さなかった。
    智弁学園高等学校 【奈良】
    智弁学園高等学校 【奈良】
    【11年ぶり8回目】近畿大会優勝(奈良県2位) チーム打率は出場32佼中18位,防御率は同28位。夏の甲子園ベスト8のメンバーが8人残り,近畿大会制覇まで突っ走った。
  • 県立洲本高等学校 【兵庫】
    県立洲本高等学校 【兵庫】
    【26年ぶり3回目】21世紀枠(兵庫県4位) チーム打率は出場32校中23位、防御率は同32位。近畿大会不出場ながら,試合数11と他校と遜色ない数を戦った。
    大阪桐蔭高等学校 【大阪】
    大阪桐蔭高等学校 【大阪】
    【2年ぶり5回目】近畿大会ベスト8(大阪府1位) チーム打率は出場32校中1位で2位の北照を2毛上回った。守りでは捕手の森が1試合平均の許盗塁0.30と少ないのが顕著な数字。
  • 履正社高等学校 【大阪】
    履正社高等学校 【大阪】
    【2年連続4回目】近畿大会ベスト4(大阪府3位) チーム打率出場32校中12位、防御率は同19位。投手陣は府予選前半では継投が中心だったが,試合を重ねるごとに左腕の東が成長。
    府立鳥羽高等学校 【京都】
    府立鳥羽高等学校 【京都】
    【11年ぶり4回目】近畿大会ベスト8(京都府1位) チーム防御率は出場32校中24位、打率は同27位。 旧チームからエースの五味が11試合中9試合に登板し8完投。攻撃では近畿大会2試合で6盗塁が示すように機動力が大きな武器。
  • 近江高等学校 【滋賀】
    近江高等学校 【滋賀】
    【9年ぶり3回目】近畿大会ベスト4(滋賀県1位) チーム打率は出場32校中16位、防御率は同29位。選手データを見てもわかる通り,ほとんどの試合を9人で戦いきったのが秋の特徴だ。
    高知高等学校 【高知】
    高知高等学校 【高知】
    【2年ぶり16回目】四国大会準優勝(高知県3位) チーム打率は出場32校中5位、防御率は同27位。また、長打率は3位と打撃面の成績が際立った。
  • 県立鳴門高等学校 【徳島】
    県立鳴門高等学校 【徳島】
    【32年ぶり7回目】四国大会優勝(徳島県1位) チーム打率は出場32校中3位。守りでは平均失策1.44。特に四国大会決勝と神宮大会のグレードが高い試合で複数の失策を犯したのが課題だろう。
    早鞆高等学校 【山口】
    早鞆高等学校 【山口】
    【初出場】中国大会ベスト4(山口県1位) チーム防御率は出場32校中2位、打率は同28位。選手データを見てもわかる通り,ほとんどの試合を9人で戦いきったのが秋の特徴だ。
  • 県立倉敷商業高等学校 【岡山】
    県立倉敷商業高等学校 【岡山】
    【22年ぶり3回目】中国大会準優勝(岡山県2位) チーム打率は出場32校中9位、防御率は同30位。1試合平均得点は7位,平均安打は8位,平均盗塁は3位と攻撃力が光った秋だった。
    鳥取城北高等学校 【鳥取】
    鳥取城北高等学校 【鳥取】
    【初出場】中国大会優勝(鳥取県2位) チーム防御率は出場32校中7位,打率は同26位。打線では4番の川野がチームトップの19安打13打点で唯一の本塁打も放った。
  • 県立宮崎西高等学校 【宮崎】
    県立宮崎西高等学校 【宮崎】
    【初出場】九州大会ベスト8(宮崎県2位) チーム防御率は出場32校中13位、打率は同31位。エースの戸髙の奪三振率2.36はエース格投手の中で最も低く,打たせて取るタイプの投手と言える。
    県立別府青山高等学校 【大分】
    県立別府青山高等学校 【大分】
    【初出場】九州大会ベスト4(大分県3位) 投手陣は完投が1試合もなく,エースの中村が全試合に先発,左の安勇大と右の右田,菊池への継投が必勝パターンとなった。
  • 九州学院高等学校 【熊本】
    九州学院高等学校 【熊本】
    【2年連続5回目】九州大会準優勝(熊本県1位) 1年秋からエースを任される左腕・大塚は,投球回数が増えたが,防御率と与四死球が2010年秋を上回った。
    神村学園高等部 【鹿児島】
    神村学園高等部 【鹿児島】
    【3年ぶり3回目】九州大会優勝(鹿児島県1位) チーム防御率は出場32校中14位、打率は同21位。また、1試合の平均安打12.27は3位の成績である。