2017年10月01日 静岡県草薙総合運動場硬式野球場 (静岡草薙球場)

静岡vs静岡市立

2017年秋の大会 秋季東海地区高校野球静岡県大会 準決勝
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

静岡が終盤で地力を発揮して突き放して東海大会進出を果たす



2番手で好投した春翔一朗(静岡)

 東海地区大会への進出を目指して、静岡県大会もまずは2位以内の進出が決まる準決勝。近年、県内では最も安定した実績を示している静岡に、中部地区予選ブロックを敗者復活から勝ち上がってきた静岡市立がぶつかるという静岡市勢対決となった。

 昨年秋は、準決勝で敗退していながらも、3位校として進出した東海地区大会で優勝してセンバツ切符を掴んだ静岡。この秋は、堂々の1位通過をしていきたいところでもあろう。

 その静岡は、初回に村松君と齋藤 來音君の連続安打とバントで一死二三塁とすると4番成瀬君が右前へ運んで2者を帰して効率よく、あっさりと先制した。静岡市立の先発・森田健介君としては、マウンドに慣れ切らないうちに攻められてしまったという感じだった。

 しかし静岡市立も2回に反撃。先頭の4番白鳥君が四球で出ると、バントと安打などで二死二、三塁として、8番の森田君が自身のバットで2者を帰すタイムリー打を左前に放って同点に追いついた。自分の同点打ということもあってか、投手としても森田君はすっかり立ち直った。3回は3者凡退に抑える。

 そしてその裏、静岡市立は1番の望月偉史君が右越三塁打し、続く植田君の左前打で帰して逆転。さらに、静岡市立は4番白鳥君も中前打して一死一三塁とする。静岡の栗林俊輔監督は、鈴木 翔也君はここまでと見切りをつけて、早々と2人目の春 翔一朗君を送り出した。その代わり端に静岡市立はスクイズを決めてこの回2点目を挙げる。

【次のページ】 静岡vs静岡市立(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
センバツ出場の静岡がリードし、東海大静岡翔洋と常葉大勢が追う【静岡展望】 【ニュース - コラム】
第708回 センバツ出場の静岡がリードし、東海大静岡翔洋と常葉大勢が追う【大会展望・総括コラム】
静岡県の組み合わせ決定!選抜出場校の静岡は大会5日目に登場! 【ニュース - 高校野球関連】
第159回 ミレニアム世代のトッププロスペクトたち Vol.3 「村松開人、内野裕太、水野達稀」【ドラフト特集】
第76回 広陵が独走気味になってきたが、広島新庄と如水館、瀬戸内などが追う【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
東海大静岡翔洋vs誉【2018年春の大会 第65回春季東海地区高等学校野球大会】
東邦vs静岡【2018年春の大会 第65回春季東海地区高等学校野球大会】
いなべ総合vs東海大静岡翔洋【2018年春の大会 第65回春季東海地区高等学校野球大会】
第660回 3年ぶり秋春東海連覇を狙う静岡。追う東海のツワモノたち【大会展望・総括コラム】
第68回 静高が筆頭だが常葉勢や新鋭私学勢力も元気【静岡・2018年度版】【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
創成館vs智辯学園【第90回記念選抜高等学校野球大会】
智辯和歌山vs國學院栃木【全国 第90回記念選抜高等学校野球大会】
第426回 県立静岡高等学校  鈴木将平選手 「18選手の中で最も名を上げるかもしれない逸材」  【2016年インタビュー】
第9回 第96回全国高校野球選手権大会 1・2回戦展望 【2014年選手権大会】
静岡 【高校別データ】
静岡市立 【高校別データ】
第70回秋季東海地区高校野球静岡県大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

静岡県地域応援スポンサー

静岡県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る