2016年10月01日 静岡県草薙総合運動場硬式野球場 (静岡草薙球場)

藤枝明誠vs東海大静岡翔洋

2016年秋の大会 秋季東海地区高校野球静岡県大会 準決勝
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

“最強のヘボ軍団”を目指す藤枝明誠、2年連続の東海大会進出決める

藤枝明誠・久保田君

 昨年秋に、3位で初めて東海大会進出を果たした藤枝明誠。この秋は2年連続を目指すチャンスで挑んだ準決勝となった。また、東海大静岡翔洋は、今春から東海大系列校はいずれも学校名として土地名をつけるということで、東海大翔洋から東海大静岡翔洋となった。その、新校名を広く知らしめるためにも、より上のステージへ向かいたいところである。

 そんな両校の対決は、藤枝明誠は右変則気味のサイドスロー久保田君、東海大静岡翔洋は左の本格派飯澤君の先発で始まり、序盤は投手戦の様相となった。0対0の均衡を破ったのは藤枝明誠だった。

 4回、藤枝明誠は先頭の5番小野君が死球で出ると、送りバントが犠打失策となり無死一二塁。その後、バント失敗もあったのだが相手失策もあり二死満塁という場面を迎える。ここで1番常盤君が右前へ、この日、自身で3本目の安打を放って2者を迎え入れる。藤枝明誠としては、貰った形の好機で、一番信頼のできる打者がきちっと結果を出すといういい形の得点だった。

 このリードで、久保田君の投球はますますリズムに乗ってきた。5~8回は東海大静岡翔洋の強力打線を、3人ずつできっちりと押さえていた。元々は、右のオーバースローだったのだが、入学して半年くらいで、このままではスピードがそれほどあるわけでもないので打たれるということに気付いた。そこで、いろいろ投球フォームを研究してきた。そして、最終的に、足をピンとはね上げてから、くるっと腰の回転を生かしてクセ球を投げ込んでいくという今のフォームにたどり着いた。スピードは増すことはなかったが、スライダーとチェンジアップを持ち球として、この使い方でストレートも早く見せられるようになったという。ことに、東海大静岡翔洋のような、強力でパワーのある打線にはうまくはまると、この日のような好投となるようだ。

【次のページ】 藤枝明誠vs東海大静岡翔洋(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
東邦が力を見せて、静岡に昨秋の雪辱果たす!準決勝2試合を徹底レポート!【春季東海大会】 【ニュース - 高校野球関連】
東邦が静岡を下し決勝戦へ進出!決勝戦は東邦vsいなべ総合に【春季東海大会・19日の結果】 【ニュース - 高校野球関連】
東海大静岡翔洋vs誉【2018年春の大会 第65回春季東海地区高等学校野球大会】
いなべ総合vs東海大静岡翔洋【2018年春の大会 第65回春季東海地区高等学校野球大会】
第660回 3年ぶり秋春東海連覇を狙う静岡。追う東海のツワモノたち【大会展望・総括コラム】
第68回 静高が筆頭だが常葉勢や新鋭私学勢力も元気【静岡・2018年度版】【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
津田学園vs藤枝明誠【第99回全国高等学校野球選手権大会】
第559回 第99回甲子園開幕!彦根東vs波佐見の公立校対決、復活を果たした済美の戦いぶりに注目!【大会展望・総括コラム】
第5回 藤枝明誠高等学校(静岡)【初出場】【第99回全国高等学校野球選手権大会 チーム紹介】
第551回 第99回全国高校野球地区大会を振り返って「伝統校と新鋭校が入り混じった今年の東海地区」【大会展望・総括コラム】
東邦vs東海大静岡翔洋【2017年春の大会 第64回春季東海地区高等学校野球大会】
中京大中京vs藤枝明誠【2016年秋の大会 第69回秋季東海地区高等学校野球大会】
東海大静岡翔洋 【高校別データ】
藤枝明誠 【高校別データ】
秋季東海地区高校野球静岡県大会 【大会別データ】

応援メッセージ (1)

東海大静岡翔洋絶対センバツ❗️ミナトオヤジ 2016.10.01
ガンバレ❗️❗️翔洋❗️❗️

応援メッセージを投稿する

静岡県地域応援スポンサー

静岡県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る