2012年04月16日 川越市営初雁公園野球場

富士見vs市立川越

2012年春の大会 埼玉県大会 西部地区予選 代表決定戦
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

注目の左腕・小川(富士見)

壁を乗り越えた富士見

 今大会は地区大会で大宮東浦和実鷲宮など県内強豪校が早々に敗れる波乱が起きている。市立川越も例外ではなかった。富士見-市立川越という地区大会屈指の好カードは、富士見が注目の左腕・小川、市立川越はエース・小島の両先発でスタートする。

「最近は投げてみないとわからない」(市立川越・新井監督)
と言うとおり、市立川越・小島に昨夏の安定感は見られない。どうやら、昨年に右足肉離れを起こして以来、右足に重心が乗らずフォームのバランスを崩したそうだ。この日もストレートの抑えが効かない。フォアボールで傷口を広げる形で、初回無死1,2塁、2回2死1,2塁とピンチを作る。ここは相手の走塁ミスもあり何とか無失点で切り抜けたが、一向に調子は上がらず、とうとう3回表に捕まる。フォアボールと味方のエラーなどで無死満塁としてしまうと、3番・的場にセンター前へ2点タイムリーを打たれ、早くもマウンドを降りる結果となった。予想外の早期交代に代わった関根も準備不足は否めず、続く鈴木に代わり鼻を叩かれ打球はレフトスタンドへ消える。これが3ランホームランとなり、あっという間に市立川越は5点のビハインドを背負う。

 一方の富士見・小川だが、この日はストレートが走っており序盤は順調だったが、大量リードをもらったことでやや気が抜けたかリズムを崩してしまう。3回裏、この回先頭の原澤こそレフトを左中間に配置するなど外野をすべて右に寄せるポジショニングのファインプレーで何とかアウトにとるが、その後の関根から4連打を浴び、さらに押し出しもあり2点を返される。市立川越・関根がその後調子を上げ、富士見打線をスイスイと抑えていくのに対し、小川はその後も

「この試合7-6で勝て!」
と新井監督に発破をかけられた市立川越打線に苦しめられ、毎回のように得点圏にランナーを背負う。7回2死満塁では代わった大内に救援を仰ぐが、5回1死2,3塁で丹羽、そして再登板した8回2死2,3塁では冨岡をきっちり打ち取り失点を最小限に食い止める粘りのピッチングを見せる。結局、3回の5点が最後まで両チームに影響を及ぼし、6-3で富士見が勝利した。

【次のページ】 富士見vs市立川越(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
【今日のコム注】今から知っておきたい埼玉県の逸材たち 【ニュース - 高校野球関連】
第2回 最激戦区となった南埼玉、北埼玉は花咲徳栄の独走を止めることができるか?【2代表制大会展望】【100回記念大会特集】
激戦区となった南埼玉、北埼玉は連覇を狙う花咲徳栄に注目 【ニュース - コラム】
第14回 2017年の人気試合記事ベスト5!今年もドラマが目白押し!【レポート編】【高校野球ドットコム 人気記事ランキング】
國學院栃木vs市立川越【2017年秋の大会 第70回(平成29年度)秋季関東地区高等学校野球大会】
第602回 【関東大会展望】東海大相模、健大高崎、花咲徳栄など精鋭15チームが集結!初戦の見どころ、注目選手を徹底ガイド!【大会展望・総括コラム】
花咲徳栄vs市立川越【埼玉県 2017年秋の大会 埼玉県大会】
市立川越vs上尾【埼玉県 2017年秋の大会 埼玉県大会】
市立川越vs浦和学院【埼玉県 2017年秋の大会 埼玉県大会】
市立川越vs市立浦和【埼玉県 2017年秋の大会 埼玉県大会】
第504回 【埼玉展望】今年も各ブロックで激戦!浦和学院、花咲徳栄など有力校の戦力を徹底分析!【大会展望・総括コラム】
第478回 5月5日は埼玉、兵庫の準決勝に注目!【大会展望・総括コラム】
第4回 第96回選手権埼玉大会 ここまでの戦いを振り返る!! 【2014年選手権大会】
市立川越 【高校別データ】
富士見 【高校別データ】
春季埼玉県大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

埼玉県地域応援スポンサー

埼玉県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る