2011年09月15日 川越市営初雁公園野球場

市立川越vs城西大川越

2011年秋の大会 埼玉県地区予選 代表決定戦
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

市立川越追加点

市立川越、きっちり7回コールドゲーム

 城西大川越の高澤君が立ち上がりから気合の入った投球を示すと、経験の豊富な市立川越の小島君も、落ちついたプレートさばきで、投手戦の様相で始まった試合だった。
 2回に一旦は併殺で好機を逃しかかった市立川越が、四球と9番岡元君の三塁打で先制した。もっとも、3回までの展開は、それほどチャンスはなくて、ロースコアの争いになりそうな雰囲気だった。市立川越の新井清司監督は、

「3回までは相手投手に球数を投げさせることが狙いでしたから、3回は得点にはなりませんでしたが、打者が粘って30球近く投げさせていますからOKでした。4回から勝負に行こうということにしていましたから、狙いどおりでした」

と、戦いそのものには満足そうだった。

 その4回、市立川越は岡元君が右前打すると、暴投で二塁へ進み、1番蟻坂君のバントが安打となって一三塁となる。ここで、小林君のスクイズで2点目を奪うと、3番小島君も内野安打でつなぎ、冨岡君が左犠飛で帰す。さらに、5番丹羽君も中越二塁打してこの回3点で市立川越が主導権を握った。

 5回にも、市立川越は2つの失策に捕逸なども絡んで3点を追加した。9番ながら、この日は3打数3安打で2打点の岡元君は、2死一二塁という場面で果敢に三塁盗塁なども決めて、判断力のよさを示していた。9番という打順に座ることで、リラックスして自分のプレーができるというタイプの選手だということである。

 こうして、試合は、終わってみれば市立川越のワンサイドみたいな形になってしまった。城西大川越は、立ち上がりから高澤君の気持ちのこもった投球は見るべきものがあったものの、内外野の守りで、いくらか足を引っ張ってしまったという形になったのは残念だった。先の、台風による集中豪雨の影響で、グラウンドが使用できない状態になっていたことが長く、その分調整に影響していたというところもあったのはいくらか気の毒でもあった。

 ただ、まだまだ打線が作りあげられていないチームの多い秋季大会では、しっかりと守れることが大事だということを改めて実感される試合にもなった。投手が、しっかりと投げられれば投げられるほど、よりきちんと守れるということが、負けないチームの基本ともいえるのではないだろうか。

(文=手束 仁)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第661回 3年連続で決勝戦は県内2強の対戦に!春季埼玉県大会を振り返る【大会展望・総括コラム】
浦和学院が埼玉の頂点に!春季埼玉県大会を徹底総括! 【ニュース - コラム】
浦和学院vs市立川越【埼玉県 2018年春季大会 埼玉県春季高等学校野球大会】
春季埼玉県大会三回戦!山村国際・狭山ケ丘などが勝利し準々決勝へ!【春季埼玉県大会・28日の結果】 【ニュース - 高校野球関連】
第648回 明日埼玉県大会が開幕!花咲徳栄vs川越東など1回戦から好カードが続出!【大会展望・総括コラム】
第2回 最激戦区となった南埼玉、北埼玉は花咲徳栄の独走を止めることができるか?【2代表制大会展望】【100回記念大会特集】
第14回 2017年の人気試合記事ベスト5!今年もドラマが目白押し!【レポート編】【高校野球ドットコム 人気記事ランキング】
國學院栃木vs市立川越【2017年秋の大会 第70回(平成29年度)秋季関東地区高等学校野球大会】
第602回 【関東大会展望】東海大相模、健大高崎、花咲徳栄など精鋭15チームが集結!初戦の見どころ、注目選手を徹底ガイド!【大会展望・総括コラム】
花咲徳栄vs市立川越【埼玉県 2017年秋の大会 埼玉県大会】
市立川越vs上尾【埼玉県 2017年秋の大会 埼玉県大会】
市立川越vs浦和学院【埼玉県 2017年秋の大会 埼玉県大会】
第4回 第96回選手権埼玉大会 ここまでの戦いを振り返る!! 【2014年選手権大会】
市立川越 【高校別データ】
城西大川越 【高校別データ】
秋季埼玉県大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

埼玉県地域応援スポンサー

埼玉県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る