2017年09月12日 川越市営初雁公園野球場

ふじみ野vs川越工

2017年秋の大会 埼玉県地区予選 代表決定戦
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

乱れ飛んだ8本の長打、ふじみ野打線が川越工を圧倒



ふじみ野は10点目を大野君の本塁打で挙げた

 比較的近いところで練習試合を組んだこともあるという両校。その時のスコアが23対12でふじみ野だったというが、それだけに2桁近いスコアでの点の取り合いになることが予想された。ところが、結果的には、ふじみ野のワンサイドの展開での大勝ということになってしまった。

 この夏はチーム力も高く充実していた川越工だったが、ベンチ入り全員が3年生だったということもあって、新チームは1、2年生44人の誰も公式戦を経験したことがないという状態からのスタートとなった。「公式戦になると、やっぱり一番弱いところが出てしまいますね。細かいミスもありましたが、力は相手の方があるとは思っていました。結果的には、ミスというよりもガチンコの打ちあいで打ちきれないということでしたから、力不足です」と、川越工の熊澤 光監督は、この試合に関してはふじみ野に脱帽していた。

 ふじみ野は初回、失策と暴投に2番松尾 透君の安打に盗塁悪送球で先制する。さらに3回にも、一死から松尾君、永井 海雄君の短長打で加点。これで勢いづいて5番粟田 遼君の右中間三塁打、福室 和希君の中前打などでさらに2点を加えてこの回3点。4回にも、一死から1番吉田 健太郎君、松尾君の連続長打や犠飛でさらに2点。5回にも川越工の2人目鈴木 廉君に対して5連打して3点を追加。そして留めは6回、大野 竜也君の左翼へのソロアーチも飛び出して10点差とした。

 投手陣も、公式戦初登板という先発の吉田 啓人君と5回からリリーフした加藤 亮太君との継投で3安打完封とほぼ完璧に近い内容だった。

 ふじみ野の浅野 裕太監督は、「とにかく楽しんでやろう、明るく元気で行こうということを言って送り出したのですが、その通りに元気よくやってくれました」と、選手たちの溌剌とした活躍に喜んでいた。そして、昨秋はベスト8に進出しているだけに、「先輩たちのチームに負けないようにやっていこうという意識は強いと思います」と、選手たちの向って行く気持ちが表れていたことを強調していた。

 川越工の熊澤監督は、「投手をもう一度作り直していかなくてはと思っています。ただ、こういう負け方ですし、伸びしろはありますよね」と、前向きの姿勢を示していた。元々、坂戸西時代から投手づくりの手腕は高く評価されている熊澤監督である。一冬超えたところで、どこまでチーム力を上げていっているのか、早くも来春が楽しみなチームでもある。

(文=手束 仁

注目記事
2017年秋季大会 特設ページ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
【埼玉】市立川越、上尾らが3回戦へ!2回戦4試合を徹底レポート! 【ニュース - 高校野球関連】
朝霞vsふじみ野【埼玉県 2017年秋の大会 埼玉県大会】
【埼玉】秋季埼玉県大会開幕!上尾、聖望学園らが初戦突破!1回戦6試合の模様を徹底レポート! 【ニュース - 高校野球関連】
ふじみ野vs川越東【埼玉県 2017年秋の大会 埼玉県大会】
山村学園vs川越工【埼玉県 2017年夏の大会 第99回選手権埼玉大会】
第98回 川越工業高等学校(埼玉)【僕らの熱い夏2017】
聖望学園vsふじみ野【2017年 練習試合(交流試合)・夏】
市立川越vs川越工【埼玉県 2017年春季埼玉県大会】
第474回 浦和学院vs聖望学園が実現!注目の好カードを一挙紹介!【春季埼玉大会展望】【大会展望・総括コラム】
第397回 県立ふじみ野高等学校(埼玉)「秋ベスト8に満足せず、強い思いで冬を過ごす」【後編】【野球部訪問】
第396回 県立ふじみ野高等学校(埼玉)「学校の特色を生かし、私学の強豪へ対抗できる力を身に付けた」【前編】【野球部訪問】
第428回 【埼玉展望】本命不在の埼玉大会を制するのは?各ブロックの好カード、見所を紹介!【大会展望・総括コラム】
川越工 【高校別データ】
ふじみ野 【高校別データ】
埼玉県秋季高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

埼玉県地域応援スポンサー

埼玉県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る