2017年09月09日 川口市営球場

蕨vs浦和実

2017年秋の大会 埼玉県地区予選 1回戦
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

埼玉の機動破壊チーム蕨が浦和実業にコールド勝ち



先発・藤原(蕨)

 埼玉の機動破壊チームである対今夏ベスト16の立役者好投手・英を擁する浦和実との一戦は、意外な展開となった。

 先発は、浦和実打線の右打者には彼が有効ということで右アンダースローの藤原を起用、一方の浦和実は、エース英ではなく1年生右腕の久野で試合が始まる。

 浦和実は初回、藤原の立ち上がりを攻め立て、先頭の水谷が右中間へ三塁打を放つと、続く竹内も四球を選び無死一、三塁と絶好の先制機を迎える。ここで、3番・英がレフトへ犠飛を放ち先制かと思われたが、守備陣の見事な中継プレーに遭い本塁で憤死する。この試合を考えるとこのプレーが大きかった。結局後続も倒れ、初回無得点で終わる。

 するとは2回表、この回先頭の河原井が四球を選び出塁すると、続く三田はプッシュバントを試みる。これが相手のエラーを誘い無死一、三塁とチャンスを広げる。ここで8番・吉野に対し、ベンチはバントのサインだったそうだが、まるでうちに行くようにうまくセカンド前へ叩きつけるような芸術的な打球を転がしが1点を先制する。さらに、一死二塁から続く藤原はファースト後方へのファールフライに倒れるが、今度は二走・三田が一旦自重するような動きをしてからタッチアップする、いわゆるディレードタッチアップを見せ三塁を奪う。ここは後続が倒れ追加点とはならなかったが、が持ち味を発揮し徐々に流れを掴み始める。

 は、3回表にも一死から3番・梅内が左中間へ三塁打を放ち出塁すると、続く瀬戸が一瞬サードライナーかと思われたが、打球はレフトへ抜けるタイムリーを放ち1点を追加すると、中盤以降は若い浦和実守備陣が乱れ始める。

 4回表、はこの回先頭の河原井が三振振り逃げで出塁すると、続く三田のショートゴロに対し、ショートのセカンド送球が悪送球となり無死一、二塁とチャンスが広がる。さらに、8番・吉野の犠打を今度はピッチャー久野の一塁への送球が悪送球となりまず1点、続く藤原のショートゴロをショートがファンブルする間に三走・三田が生還しさらに1点を追加すると、1番・小林も犠飛を放ち一気に5点差をつける。

 これ以上の失点は致命的となり流れを変えたい浦和実ベンチは、6回からエース英を投入するが、一度失った流れはなかなか変えられない。は英の代わり端を攻め、この回先頭の梅内がレフトスタンドへソロ本塁打を放ち6対0とする。

【次のページ】 蕨vs浦和実(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
課題の残った埼玉栄・米倉の初戦!二回戦2試合を徹底レポート【南埼玉大会】 【ニュース - 高校野球関連】
浦和実vs山村学園【埼玉県 2018年夏の大会 第100回選手権南埼玉大会】
浦和学院、蕨が初戦突破!1回戦2試合を徹底レポート! 【ニュース - 高校野球関連】
第504回 【埼玉展望】今年も各ブロックで激戦!浦和学院、花咲徳栄など有力校の戦力を徹底分析!【大会展望・総括コラム】
第474回 浦和学院vs聖望学園が実現!注目の好カードを一挙紹介!【春季埼玉大会展望】【大会展望・総括コラム】
川口vs蕨【埼玉県 2017年春季大会 埼玉県春季高等学校野球大会 地区予選】
浦和学院vs浦和実【埼玉県 2016年秋の大会 埼玉県大会】
浦和実vs立教新座【埼玉県 2016年秋の大会 埼玉県大会】
浦和実vs聖望学園【埼玉県 2016年秋の大会 埼玉県大会】
第346回 【埼玉抽選会後 展望】シード校は厳しい組み合わせに!今年も大荒れの大会になるか?【大会展望・総括コラム】
第3回 埼玉県立蕨高等学校(埼玉)【僕らの熱い夏2016】
第298回 【春季埼玉県大会】初戦から好カード続出!今大会おススメのカードとは?【大会展望・総括コラム】
第4回 第96回選手権埼玉大会 ここまでの戦いを振り返る!! 【2014年選手権大会】
浦和実 【高校別データ】
蕨 【高校別データ】
埼玉県秋季高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

埼玉県地域応援スポンサー

埼玉県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る