2017年09月26日 埼玉県営大宮公園野球場

浦和学院vs春日部東

2017年秋の大会 埼玉県大会 3回戦
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

スカウト部長・河嶋宗一の目が光る!全国逸材発掘レポート

浦和学院、佐野と渡邉の強力2枚看板で、強打の春日部東打線を14奪三振!



佐野涼弥(浦和学院)

 前半は春日部東があっと言わせる攻撃で、驚かせたが、最終的には浦和学院が地力の高さを示し、コールド勝ちを収めた。

 まず1回表、浦和学院は1番中前が中前安打で出塁、2番矢野が敵失で無死二、三塁。3番蛭間の内野ゴロの間に1点を先制。先発は左腕の佐野 涼弥。立ち上がりは抑えて流れを作りたいところだが、1番伊藤がその出鼻をくじく、左前安打。さらに2番高野の場面で盗塁。2番高野は四球。3番佐藤がストレートを打って左前適時打で同点。三塁を目指した高野はアウト。そして4番木下が佐野のストレートを打って、センターの頭を超える長打。一塁走者の佐藤は本塁を目指した浦和学院の素早い連携で、アウト。さらに5番白畑も安打を打ち、二死一、三塁のチャンスを作るが、6番水上は空振り三振に倒れる。このイニング、4安打。佐野から1イニング4安打を打てるのはそうそうない。だからこそ慎重な走塁が必要であった。春日部東が強豪校に勝つには、瞬時の走塁判断。特に三塁コーチャー、レギュラー選手の周辺視野能力、判断力が問われるのではないだろうか。

 1失点に抑えた浦和学院は、3回表、一、三塁のチャンスから4番上野の中犠飛で勝ち越しに成功すると、4回表には6番畑の二塁打、7番小町の右翼線を破る適時二塁打で追加点。8番高原が四球で歩き、9番後藤がきっちりと犠打で送り、その後、1番中前の敵失で1点を追加すると、一死一、三塁から2番矢野のスクイズで5対1と点差をつけた。さらに7回表、浦和学院は4番上野が中越え適時三塁打で2点、さらに5番佐野にもセンター前タイムリーが飛び出し、8対1と7点差をつけた。

 立ち上がりばたばたとした佐野だったが、だいぶ成長が見えた。平均球速も、130キロ中盤~138キロぐらいだったのが、138キロ~140キロ。140キロが3球ほど計測。夏前よりも平均球速が3,4キロも上がっており、大きく成長を見せた。120キロ前後の魔球・縦スライダーの落差は相変わらず健在。6回12奪三振の快投。来夏までアベレージのスピードが3キロ前後速くなると、一定以上の制球力、決め球と呼べる縦スライダーがあるだけに、ドラフト候補となりそうだ。

 7回裏からは渡邉 勇太朗が登板。188センチの長身が際立つ大型右腕だが、渡邉も成長を見せている。渡邉はこの体格にして、フォームのバランスが良いのが特徴。滑らかな体重移動から繰り出すストレートは常時138キロ~142キロ。142キロは3球を計測。同じ142キロを計測した米倉 貫太埼玉栄)と比較すると、ストレートにボリューム感があり、そのうち145キロ~150キロを計測していてもおかしくない投手だ。変化球は110キロ台のカーブ。このカーブで2奪三振を記録したが、米倉のように抜けるようなカーブではなく、渡邉は回転数が高いカーブ。打者の手元で鋭く落ちるカーブで、打ち返すのは難しい球種だ。このカーブをしっかりと投げられているのはフォームが良い証拠。自分のフォームで投げることができる限り、しっかりと好投ができるはずだ。

 佐野と渡邉の2人の実力は全国的に見てもトップクラス。この2人がいて、攻撃力の高さ。随所で光る守備力の高さ。例年、高い実績を残す浦和学院だが、今年は全国での活躍が大きく期待できるチームではないだろうか。

(文・写真=河嶋 宗一

注目記事
2017年秋季大会 特設ページ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
やはり2016年度の高卒投手は優秀!6人が一軍デビュー!藤平・山本が初勝利! 【ニュース - コラム】
【埼玉】市立川越が浦和学院を撃破!準々決勝4試合を徹底レポート! 【ニュース - 高校野球関連】
市立川越vs浦和学院【埼玉県 2017年秋の大会 埼玉県大会】
浦和学院vs大宮東【埼玉県 2017年秋の大会 埼玉県大会】
春日部東vs細田学園【埼玉県 2017年秋の大会 埼玉県大会】
第599回 【埼玉県展望】甲子園優勝の花咲徳栄、春関東優勝の浦和学院など大型チームでひしめき合う!【大会展望・総括コラム】
春日部東vs三郷北【埼玉県 2017年秋の大会 埼玉県地区予選】
浦和学院vs大宮西【埼玉県 2017年秋の大会 埼玉県地区予選】
第13回 週刊せり高校野球『知れば知るほど面白い!ユニフォームに込められた伝統』【芹玲那の高校野球レポート】
第504回 【埼玉展望】今年も各ブロックで激戦!浦和学院、花咲徳栄など有力校の戦力を徹底分析!【大会展望・総括コラム】
第10回 週刊せり高校野球『浦和学院の野球は心の足並みを揃えた全員野球だ!』【芹玲那の高校野球レポート】
第545回 佐野涼弥(浦和学院)「関東大会優勝を呼び込んだ必殺の縦スライダー」 【2017年インタビュー】
第487回 清宮フィーバーで沸いた今年の関東を制したのは浦和学院!【関東大会総括】【大会展望・総括コラム】
第283回 立教大学 山根 佑太選手×髙田 涼太選手(浦和学院出身) 【後編】「最後まで仲間を支えるのが浦和学院野球部」 【2015年インタビュー】
第282回 立教大学 山根 佑太選手×髙田 涼太選手(浦和学院出身)【前編】「浦和学院は個人の結果に一喜一憂しない」 【2015年インタビュー】
第205回 【侍ジャパン18U代表】浦和学院高等学校 小島 和哉選手 【2014年インタビュー】
第8回 第96回選手権地区大会は「波乱の大会」だったのか 【2014年選手権大会】
浦和学院 【高校別データ】
春日部東 【高校別データ】
埼玉県秋季高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

埼玉県地域応援スポンサー

埼玉県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る