2017年09月24日 埼玉県営大宮公園野球場

朝霞vsふじみ野

2017年秋の大会 埼玉県大会 2回戦
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

朝霞・中嶋2安打完封で三回戦へ



2安打完封の中嶋(朝霞)

 初戦で川越東を逆転で破り勢いに乗るふじみ野対粘りが身上の朝霞との一戦、互角の展開となるかと思われたが、試合は中盤以降意外な展開を見せた。

 先発はふじみ野が前回同様に背番号11の右サイドハンド吉田啓人、一方の朝霞は背番号5の中嶋直矢(2年)が先発し試合が始まる。

 まずふじみ野は初回朝霞・中嶋の立ち上がりを攻めたて先頭の吉田健太郎(2年)が四球を選び出塁すると、二盗を決める。だが、頼みの2番・松尾、3番・大野竜也(2年)が連続三振に倒れると後続も打ち取られ無得点に終わる。

 一方の朝霞ふじみ野・吉田啓人の立ち上がりを攻め、先頭の金子隼大(2年)が四球を選び出塁すると、続く依田がきっちりと送り一死二塁とする。だが、後続が倒れ無得点で終わるという両チーム同じような展開となる。

 2回以降は両投手が立ち直り持ち味を発揮する。ふじみ野・吉田啓人は遅い変化球をうまく使いきっちりとコーナーへ投げ分け、朝霞打線に的を絞らせない。一方の中嶋はオーソドックスな右腕で、スリークウォーターから放る大きな変化で切れも良いスライダーが武器の投手だが、この球を中心に目測でMAX130km前半の直球を時折交えふじみ野打線を抑え込む。この両投手の好投もあり2回以降は静かな展開となる。

 試合が動いたのは5回裏であった。朝霞はこの回先頭の菊地がライト前ヒットを放ち出塁すると、続く中嶋がきっちりと送り一死二塁とする。ここで7番・齋藤が三塁線を破るタイムリーを放ち1点を先制する。

 ふじみ野ベンチは吉田啓人が朝霞打線に捉えられ始めたと感じ、6回からは二番手・同じくサイドハンドの林をマウンドへ送る。ここまでは前回の川越東戦と同じような継投となった。だが、この林が誤算であった。

 6回裏、朝霞は林の代わり端を攻め、この回先頭の依田昌樹(2年)がセンター前ヒットを放ち出塁すると、一死後、4番・原口大雅(2年)の所で朝霞ベンチはエンドランを仕掛ける。原口はサードゴロに倒れるが、一走・依田は二進し二死二塁とする。ここで続く菊地がライト前タイムリーを放ちまず1点、さらに6番・中嶋の所でも朝霞ベンチはエンドランを仕掛けると、中嶋は期待に応え左中間を破るタイムリー二塁打を放ち3点差をつける。

【次のページ】 朝霞vsふじみ野(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
上尾vs朝霞【埼玉県 2017年秋の大会 埼玉県大会】
市立川越、浦和学院に完封勝利でベスト4へ!【秋季埼玉県大会・29日の結果】 【ニュース - 高校野球関連】
【埼玉】市立川越、上尾らが3回戦へ!2回戦4試合を徹底レポート! 【ニュース - 高校野球関連】
白岡vs朝霞西【埼玉県 2017年秋の大会 埼玉県大会】
ふじみ野vs川越東【埼玉県 2017年秋の大会 埼玉県大会】
ふじみ野vs川越工【埼玉県 2017年秋の大会 埼玉県地区予選】
聖望学園vsふじみ野【2017年 練習試合(交流試合)・夏】
第474回 浦和学院vs聖望学園が実現!注目の好カードを一挙紹介!【春季埼玉大会展望】【大会展望・総括コラム】
第397回 県立ふじみ野高等学校(埼玉)「秋ベスト8に満足せず、強い思いで冬を過ごす」【後編】【野球部訪問】
第396回 県立ふじみ野高等学校(埼玉)「学校の特色を生かし、私学の強豪へ対抗できる力を身に付けた」【前編】【野球部訪問】
第346回 【埼玉抽選会後 展望】シード校は厳しい組み合わせに!今年も大荒れの大会になるか?【大会展望・総括コラム】
第318回 【埼玉展望・後編】上尾、山村学園、聖望学園などの有力校は浦和学院・花咲徳栄を阻むことができるか?【大会展望・総括コラム】
朝霞 【高校別データ】
ふじみ野 【高校別データ】
埼玉県秋季高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージ (1)

朝霞秋季埼玉朝霞市民A 2017.09.23
夏大では延長、逆転、沢山見せ場作ってくれましたが、新チームでも全力で相手にぶつかりまた感動を見せてください。応援してます!

応援メッセージを投稿する

埼玉県地域応援スポンサー

埼玉県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る