2017年09月23日 埼玉県営大宮公園野球場

浦和学院vs大宮東

2017年秋の大会 埼玉県大会 2回戦
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

優勝候補・浦和学院がコールドで初戦突破



佐野涼弥(浦和学院)

 優勝候補筆頭のAシード・浦和学院対公立の雄、大宮東との一戦は、意外な展開となった。

 先発は浦和学院がエース佐野 涼弥(2年)、一方の大宮東は背番号11の右腕島村で試合が始まる。

 先制したのは浦和学院であった。初回大宮東・島村の立ち上がりを攻めたて、先頭の中前(1年)がレフト線へ二塁打を放ち出塁すると、続く矢野壱晟(2年)がきっちりと送り一死三塁とする。ここで3番・蛭間 拓哉(2年)がセンターへ犠飛を放ちあっさりと1点を先制する。さらに、二死から上野暖人(2年)が死球で出塁すると、続く佐野がセンター前ヒットを放ち二死一、三塁と追加点のチャンスを迎えるが、6番・冨岡のセンター前へ向けそうなライナーをセカンド中澤に好捕され1点で攻撃を終える。

 これで落ち着きを取り戻した島村は左打者に対しチェンジアップを有効に使い引っ掛けさせるなど2回以降立ち直り、1対0のまま4回を終える。

 前の2試合の事を考えても嫌な流れであったが、この日の浦和学院・佐野は盤石の出来であった。5回まで1安打ピッチング、8三振を奪うなど大宮東打線を圧倒する。

 すると、5回裏浦和学院打線が大宮東投手陣に襲い掛かる。この回先頭の小町がファーストゴロエラーで出塁すると、続く高原の所で浦和学院ベンチはエンドランを敢行する。これが見事に決まりレフト線へのタイムリー二塁打でまず1点、続く後藤の犠打は内野安打となり無死一、三塁、さらに1番・中前も四球を選び無死満塁とし、島村をマウンドから引きずり降ろす。代わった左腕・大川に対しても攻撃の手を休めず、続く矢野が犠飛を放ち1点を追加すると、3番・蛭間もライト前タイムリーを放ち4対0とする。

【次のページ】 浦和学院vs大宮東(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
やはり2016年度の高卒投手は優秀!6人が一軍デビュー!藤平・山本が初勝利! 【ニュース - コラム】
【埼玉】市立川越が浦和学院を撃破!準々決勝4試合を徹底レポート! 【ニュース - 高校野球関連】
市立川越vs浦和学院【埼玉県 2017年秋の大会 埼玉県大会】
浦和学院vs春日部東【埼玉県 2017年秋の大会 埼玉県大会】
第599回 【埼玉県展望】甲子園優勝の花咲徳栄、春関東優勝の浦和学院など大型チームでひしめき合う!【大会展望・総括コラム】
浦和学院vs大宮西【埼玉県 2017年秋の大会 埼玉県地区予選】
花咲徳栄vs浦和学院【埼玉県 2017年夏の大会 第99回選手権埼玉大会】
浦和学院vs春日部共栄【埼玉県 2017年夏の大会 第99回選手権埼玉大会】
第13回 週刊せり高校野球『知れば知るほど面白い!ユニフォームに込められた伝統』【芹玲那の高校野球レポート】
第504回 【埼玉展望】今年も各ブロックで激戦!浦和学院、花咲徳栄など有力校の戦力を徹底分析!【大会展望・総括コラム】
第10回 週刊せり高校野球『浦和学院の野球は心の足並みを揃えた全員野球だ!』【芹玲那の高校野球レポート】
第545回 佐野涼弥(浦和学院)「関東大会優勝を呼び込んだ必殺の縦スライダー」 【2017年インタビュー】
第487回 清宮フィーバーで沸いた今年の関東を制したのは浦和学院!【関東大会総括】【大会展望・総括コラム】
第283回 立教大学 山根 佑太選手×髙田 涼太選手(浦和学院出身) 【後編】「最後まで仲間を支えるのが浦和学院野球部」 【2015年インタビュー】
第282回 立教大学 山根 佑太選手×髙田 涼太選手(浦和学院出身)【前編】「浦和学院は個人の結果に一喜一憂しない」 【2015年インタビュー】
第205回 【侍ジャパン18U代表】浦和学院高等学校 小島 和哉選手 【2014年インタビュー】
第8回 第96回選手権地区大会は「波乱の大会」だったのか 【2014年選手権大会】
浦和学院 【高校別データ】
大宮東 【高校別データ】
埼玉県秋季高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージ (1)

浦和学院優勝目指して浦学ファン 2017.09.19
浦和学院野球部の活躍期待しています。優勝目指して頑張ってください。

応援メッセージを投稿する

埼玉県地域応援スポンサー

埼玉県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る