2017年09月22日 埼玉県営大宮公園野球場

県立浦和vs川口工

2017年秋の大会 埼玉県大会 1回戦
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

県立大宮球場の開幕はシーソーゲーム。一進一退の展開を制し、最後に笑ったのは?



先制打など大活躍の上谷(浦和)

 まず先制したのは県立浦和。1回表に二死一、三塁のチャンスを作り、5番・上谷が逆方向に上手く流してレフト前ヒット。まずは1点を先行する。しかしここで川口工も乱れることなく、後続を打ち取って最少失点にまとめる。

 ここからは両軍が攻めきれない展開に入る。象徴的だったのはまず3回裏の川口工。9番からの攻撃で四球などを絡ませながら、無死満塁の好機を中軸に渡す。しかし3番・村上が三振に倒れると、4番・菅野が初球を二ゴロ併殺。同点、逆転の機会を逸する。

 しかしその次の4回表、今度は県立浦和。ピンチをしのいだ後一死一、二塁のチャンスを作るも9番・押谷が投ゴロ併殺に倒れ、こちらも追加点を奪えない。このように両軍ともにあと一押しが欲しい、という攻撃が続く。

 しかしその中で、5回表に県立浦和は4番・志田の適時打で欲しかった追加点をもぎ取り、それだけに裏の守備はしっかりと締めて流れを掌握したいところ。だったが、この回も二死二、三塁と得点圏にランナーを置かれ、先ほどチャンスで三振している川口工の3番・村上に、痛恨の2点適時打を浴びてしまい、同点とされる。

 川口工にはこの得点で若干押しのムードが漂った。6回裏も得点には至らずともまたチャンスを作り、7回裏の攻撃。二死ながら得点圏にランナーを置き、先ほどチャンスで併殺を喫した4番・菅野が、今度は中軸らしい勝負強さを証明した。右中間を破る三塁打を放ち、勝ち越しに成功。さらに5番・松永もレフトオーバーの二塁打で追加点を奪い、ここで2点のリードに転じる。

 しかしこのような展開の試合は、このままでは終わらないのが鉄板だ。8回表の県立浦和は先頭の6番・近江が悪送球で出塁、7番・菊池はプッシュバント成功、その後死球で無死満塁のチャンスを作り、2番手投手の9番・井田がセンターへの2点打で同点とする。この後二死となるも、3番・南原がセンターオーバーの三塁打を放ち、一挙逆転に成功。

 県立浦和はこのまま勝利へ…。かと思われたが川口工はまだ意地を見せる。7回途中からマウンドに上がっていた変則右腕・井田が9回裏に二死二、三塁のピンチを迎える。ここで6番・杉浦に四球を与え、二死満塁としたところで降板。3番手・佐藤が上がる。川口工は代打・青木。両軍が勝負に出た最後の大一番。青木が2球目を振り、打球はフラフラと三遊間へ。これをしっかりと遊撃・中井が捕球しゲームセット。県立浦和が最後まで緊迫した試合を掴み取った。

(文・写真=編集部)

注目記事
2017年秋季大会 特設ページ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
【埼玉】花咲徳栄、市立川越らがベスト8!3回戦5試合を徹底レポート! 【ニュース - 高校野球関連】
埼玉栄vs県立浦和【埼玉県 2017年秋の大会 埼玉県大会】
花咲徳栄、浦和学院が大勝で準々決勝進出!【秋季埼玉県大会・26日の結果】 【ニュース - 高校野球関連】
川口工vs大宮光陵【埼玉県 2016年秋の大会 埼玉県地区予選】
浦和実vs川口工【埼玉県 2014年秋の大会 埼玉県地区予選】
大宮西vs県立浦和【埼玉県 2014年秋の大会 埼玉県地区予選】
市立川口vs川口工【埼玉県 2014年春の大会 埼玉県地区予選】
県立浦和 【高校別データ】
川口工 【高校別データ】
埼玉県秋季高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

埼玉県地域応援スポンサー

埼玉県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る