2017年05月06日 埼玉県営大宮公園野球場

浦和学院vs花咲徳栄

2017年春季埼玉県大会 決勝
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

浦和学院、延長10回サヨナラで春季大会5連覇達成!



サヨナラ打を放った山本と浦和学院ナイン

 昨春、昨秋同様、Aシード浦和学院花咲徳栄との一戦となった決勝戦、先発は浦和学院が昨日に続き近野佑樹(2年)、一方の花咲徳栄は背番号11の左腕中山(2年)が登板し試合が始まる。

 試合が動いたのは2回だった。2回表、花咲徳栄はこの回先頭の野村(2年)がエラーで出塁すると、一死後、6番・高井がライトフェンス直撃のヒットを放ち一死一、三塁とする。ここで、この日スタメンの7番・倉持がショート強襲タイムリーを放ち1点を先制する。

 だが、浦和学院もその裏、この回先頭の蛭間 拓哉(2年)がエラーで出塁すると、続く山本晃大(3年)も四球を選び無死一、二塁とする。一死後、7番・本田渉(3年)がライト前タイムリーを放ち同点とすると、さらに続く近野が四球を選び一死満塁とする。二死後、1番・矢野壱晟(2年)も押し出しの四球を選び、すぐに逆転に成功する。

 浦和学院は3回裏にも、この回先頭の家盛 陽介(3年)が右中間へ二塁打を放ち出塁すると、続く蛭間がライト前タイムリーを放ちまず1点、一死後6番・秋山がライト越えの二塁打を放ち、一死二、三塁とすると、続く本田がきっちりと犠飛を放ち4対1、さらに8番・近野にもセンター前タイムリーが飛び出し5対1とし、花咲徳栄を突き放しにかかる。

 だが、打撃戦では花咲徳栄も負けてはいない。4回表、この回先頭の西川 愛也(3年)がライト前ヒットで出塁すると、続く野村が弾丸ライナーでレフトスタンドへ叩き込む2ランを放ちすぐに2点差とすると、5回表にも、一死から9番・岩瀬 誠良(3年)がショートへの内野安打で出塁すると、続く太刀岡が右中間への二塁打を放ち一死二、三塁とする。二死後、3番・西川がライト線へ2点タイムリー二塁打を放ち5対5とし、試合を振り出しへ引き戻す。

 その後は、4回からマウンドへ上がった花咲徳栄の2番手・齋藤(2年)が球威のある直球に曲がりの大きい変化球で浦和学院打線の勢いを止めると、一方の浦和学院も6回からマウンドに上がった左腕の清水(3年)が粘りを見せ、花咲徳栄打線を無失点に抑え、試合は終盤へと進む。

 迎えた8回裏、やや疲れの見え始めた花咲徳栄・齋藤に対し、浦和学院打線が襲い掛かる。この回先頭の杉山 翔(3年)がレフト越えの二塁打を放ち出塁すると、続く家盛が一塁線を破るタイムリー二塁打を放ちついに1点を勝ち越す。4番・蛭間は鋭い打球ながらセカンドの好守備に遭い併設に倒れるが、続く山本が左中間へ二塁打を放つと、花咲徳栄ベンチは3番手に野村をマウンドへ送る。野村は期待に応え後続を抑えこの回を何とか1点で凌ぎ最終回の攻撃を迎える。

【次のページ】 浦和学院vs花咲徳栄(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第54回 全国優勝の花咲徳栄(埼玉)の女子マネに直撃!支える立場でも野球部の理念「全員野球」を忘れずに!【頑張る!マネージャー】
2017年の高校野球の1年は?全主要大会の結果を振り返る! 【ニュース - コラム】
第617回 2017年の高校野球の1年は?全主要大会の結果を振り返る!【大会展望・総括コラム】
東京ガスの主砲・笹川晃平(浦和学院出身)がAWBで満塁本塁打!NPBウエスタン選抜を破る! 【ニュース - 高校野球関連】
第611回 ENEOS アジア プロ野球チャンピオンシップ2017日本代表選手の中でU-18経験者は?【大会展望・総括コラム】
第124回 3年生座談会 星野高等学校(埼玉)「創部史上初のベスト8 星野ナインの成長の軌跡」【後編】【僕らの熱い夏2017】
第120回 3年生座談会 星野高等学校(埼玉)「創部史上初のベスト8 星野ナインの成長の軌跡」【前編】【僕らの熱い夏2017】
中央学院vs花咲徳栄【2017年秋の大会 第70回(平成29年度)秋季関東地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs花咲徳栄【2017年 第72回国民体育大会 愛顔つなぐえひめ国体2017】
花咲徳栄vs仙台育英【2017年 第72回国民体育大会 愛顔つなぐえひめ国体2017】
花咲徳栄vs市立川越【埼玉県 2017年秋の大会 埼玉県大会】
花咲徳栄vs山村学園【埼玉県 2017年秋の大会 埼玉県大会】
第573回 清水達也(花咲徳栄) 「寒空を切り裂く剛速球!甲子園優勝投手が戻って来た!」 【2017年インタビュー】
第545回 佐野涼弥(浦和学院)「関東大会優勝を呼び込んだ必殺の縦スライダー」 【2017年インタビュー】
第428回 花咲徳栄高等学校 高橋昂也選手 「ついに復調!速球とフォークのコンビネーションは大学生にも圧倒」  【2016年インタビュー】
第327回 花咲徳栄高等学校 大瀧 愛斗選手【後編】 「スランプから脱却させた岩井隆監督の魔法の一言」 【2015年インタビュー】
第326回 花咲徳栄高等学校 大瀧 愛斗選手【前編】「もうはまだ まだはもうで始まった成長ストーリー」 【2015年インタビュー】
浦和学院 【高校別データ】
花咲徳栄 【高校別データ】
埼玉県春季高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージ (1)

浦和学院因縁のライバル対決キタショー 2017.06.30
今年こそ決勝で徳栄を倒して浦学が甲子園行くぞ❗

応援メッセージを投稿する

埼玉県地域応援スポンサー

埼玉県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る