2017年04月17日 越谷市民球場

草加西vs宮代

2017年春季大会 埼玉県春季高等学校野球大会 地区予選 東部地区予選 代表決定戦
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

12得点を挙げた草加西が5回コールド勝ちで県大会進出!



先発・伊藤(草加西)

 勝ったチームが県大会進出という両校共に絶対に負けられない、草加西vs宮代の代表決定戦。

 この一戦に草加西は伊藤を、宮代は齊藤を先発のマウンドに託す。両者の立ち上がり、まずは草加西・伊藤、二者を左飛・遊ゴロに打ち取り、ここまではまずまずの投球。3番・川本に対して四球、そして盗塁され二死二塁と初回から得点圏に走者をおく。ここで4番・高村を迎える。ここで、高村を三邪飛に抑え相手に先制点を与えない。
 変わって宮代・齊藤の立ち上がり、先頭からの三者を全て内野ゴロに打ち取る。体格は小柄だが、変化球を上手くコントロールしている。打者を三振に打ち取るというよりかは、打たせてアウトを取っていくタイプだ。この初回は特にその投球スタイルが象徴された。

 試合は序盤から動いた。2回裏、先頭の4番・松木が四球を選び出塁。5番・高橋 龍も右前打を放ち、無死一、二塁で6番・伊藤が送りバント。しかし、このバントで自身も出塁し無死満塁とチャンスは広がる。この場面で7番・後藤が四球を選び、押し出しで先制点を挙げる。8番・清水の放った打球はライト方向へ大きな当たりも宮代・菊池が打球に追いつき捕球。しかし各走者はそれを見て、それぞれ進塁。三塁走者も生還し追加点を挙げる。その後は、9番・恩蔵から3番・塚越まで安打が続く。4番・松木が中犠飛を放ち、この回7点目。打者一巡の猛攻を見せ一気に点差を離した。

 4回には、二死一塁の場面で4番・松木から5者連続で安打を放ち5得点を追加した。
 1回以降得点圏に走者を進められていない宮代は5回、6番・齊藤、7番・矢戸が草加西・伊藤から四球を選び無死一、二塁とチャンスを作る。しかし、後続が三者連続で凡退。5回表が終了した時点で10点差以上がついた為、大会規定により5回コールドゲームで草加西が県大会へと進出した。

 勝利した草加西の先発・伊藤は2回以降、宮代打線にほとんど快音を許さず走者を置いても落ち着いて投げていた。また、この試合では主に直球を投じており、たまに変化球を混ぜたことで相手打者のタイミングを上手くずらしていた。
 県大会でも今日のような投球をすると、相手にとって打ちにくいだろう。草加西打線も活発だった為、県大会でも打力に期待が持てそうだ。

(取材・写真=編集部)

注目記事
2017年度 春季高校野球大会特集

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
本日は第99回埼玉大会抽選日!シード入りした学校をチェック! 【ニュース - 高校野球関連】
決勝は浦和学院vs花咲徳栄!準決勝2試合を徹底レポート!【埼玉県大会】 【ニュース - 高校野球関連】
浦和学院vs草加西【埼玉県 2017年春季埼玉県大会】
花咲徳栄vs大宮東【埼玉県 2017年春季埼玉県大会】
草加西vs越谷西【埼玉県 2016年秋の大会 埼玉県地区予選】
叡明vs宮代【埼玉県 2016年春季大会 埼玉県春季高等学校野球大会 地区予選】
聖望学園vs草加西【埼玉県 2013年夏の大会 第95回選手権埼玉大会】
草加西 【高校別データ】
宮代 【高校別データ】
埼玉県春季高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージ (2)

草加西県大会へ行こう!草西ファン 2017.04.14
仲間を信じ思いきっり戦って欲しいです。
草西ガンバレ!
宮代この勢いで県大会へ野球部OB 2017.04.14
初戦のサヨナラホームランは天晴れだった!
力は確実に付いてきてるから次の草加西も頑張れ!

応援メッセージを投稿する

埼玉県地域応援スポンサー

埼玉県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る