2012年08月20日 阪神甲子園球場

大阪桐蔭vs天理

第94回全国高校野球選手権大会 準々決勝
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

小関順二が徹底分析 ストップウォッチレポート

見事に完成の域に近づいている藤浪晋太郎のピッチング

天理の先発投手が誰なのか注目した。
エースの中谷 佳太(左投左打)は前日の浦和学院戦、124球投げて9回完投しているので難しい。しかし、大阪桐蔭3回戦済々黌の左腕、大竹 耕太郎から13安打放ちながら6得点で終わっているように左腕を苦手にしている。それなら3回戦浦和学院戦を山本 竜也(右投右打)で臨み、準々決勝の大阪桐蔭戦を中谷で臨む作戦が考えられたが、自チームと浦和学院の実力を考えれば、エースを温存して2番手の山本 竜也を先発で起用するのはあまりにも無謀だった。

二番手・山本のストレートは最速145キロでわかるようにチーム内で一番速い。しかし、浦和学院が山本のような右の本格派に強いのは2回戦聖光学院戦、右腕の岡野 祐一郎から3回で9安打、6得点挙げていることで証明されている。そして、大阪桐蔭も右の本格派にはめっぽう強い。

中谷が浦和学院戦に続いて大阪桐蔭戦でも投げられれば一番いいのだが、腰の骨折が治って練習できるようになったのはようやく6月に入ってからのこと。19日か20日のどちらかしか先発できないなら、準々決勝進出がかかる浦和学院戦を優先するのは当然の選択である。

中谷は橋本武徳監督の期待に応え、強打の浦和学院を7安打、2失点に抑えた。そして、この大阪桐蔭戦は予想通り山本が先発して5イニングを5安打、3失点とぎりぎり及第点で乗り切った。そして二番手で登場したのが中谷で、予想通りというか1回3分の1投げて、4安打、5失点を喫しマウンドを降りた。想像以上に連投の負担は深刻だったわけである。

【次のページ】 大阪桐蔭vs天理(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
藤原&柿木らがベンチ外、春の大阪大会の大阪桐蔭は熾烈な競争! 【ニュース - 高校野球関連】
センバツ優勝の大阪桐蔭、初芝立命館らが快勝!【春季大阪府大会・14日の結果】 【ニュース - 高校野球関連】
第641回 大阪桐蔭の連覇で幕を閉じたセンバツを徹底総括【大会展望・総括コラム】
大阪桐蔭vs智辯和歌山【第90回記念選抜高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs三重【第90回記念選抜高等学校野球大会】
第639回 【決勝展望】センバツ連覇を狙う大阪桐蔭か?24年ぶりの優勝を狙う智辯和歌山か?【大会展望・総括コラム】
第638回 【準決勝展望】いよいよ選抜準決勝!見所を解説!【大会展望・総括コラム】
第636回 【準々決勝見所】ベスト4進出をかけて激突!4試合のポイントを解説!【大会展望・総括コラム】
第636回 【9日目見所】今日でベスト8が出揃う!大阪桐蔭vs明秀日立の一戦に注目!【大会展望・総括コラム】
大阪桐蔭vs明秀学園日立【第90回記念選抜高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs花巻東【第90回記念選抜高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs伊万里【第90回記念選抜高等学校野球大会】
第662回 柿木 蓮(大阪桐蔭)「豪快なピッチングを追求していきたい」【後編】 【2018年インタビュー】
第661回 柿木 蓮(大阪桐蔭)センバツ連覇へ誓う「バッケンレコード」【前編】 【2018年インタビュー】
第656回 中川 卓也(大阪桐蔭)「強い決意」で「センバツ連覇」に挑戦する 【2018年インタビュー】
第653回 根尾昂(大阪桐蔭)【後編】危機感を胸に。センバツ連覇狙う 【2018年インタビュー】
第647回 根尾昂(大阪桐蔭)【前編】春の栄冠・夏の反省・秋への具現化 【2018年インタビュー】
大阪桐蔭 【高校別データ】
天理 【高校別データ】
第94回全国高校野球選手権大会 【大会別データ】

応援メッセージ (2)

天理諦めないその気持ちピー 2015.03.25
苦しいこともあると思いますが
どんな時でも前を向き続けて
一歩一歩大切にして甲子園で良い結果が
残せるように頑張ってください。
選べないなるみん 2012.08.19
大阪桐蔭も天理も両方好き
両チームに頑張って欲しい
勝ち負けとかぢゃなく悔いのないように
やりきって下さい!

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る