2012年03月30日 阪神甲子園球場

大阪桐蔭vs浦和学院

2012年春の大会 第84回選抜高校野球大会 準々決勝
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

小関順二が徹底分析 ストップウォッチレポート

今大会ナンバーワンの好試合

 準々決勝初日の第1試合、大阪桐蔭浦和学院戦は今大会ナンバーワンの好試合になった。スタンドを埋めた多くの観客は近畿最後の砦となった大阪桐蔭の応援に回り、首都圏の浦和学院はアウエーの逆風の中に置かれた。“好試合”とは正義の側が勝って、敵役が負けるから初めてそう形容できる。浦和学院が勝っていれば「優勝候補の大阪桐蔭が接戦の末に敗退した」くらいのトーンで私も書いていたと思う。

 先発投手は大阪桐蔭澤田 圭佑浦和学院山口 瑠偉と、エースを温存してのスタートとなった。準決勝、決勝を見据えてのエース温存策は極めて真っ当だが、知名度の大きさを考えれば藤浪 晋太郎(右投右打・197/88)を温存した大阪桐蔭より、浦和学院のほうに奮起する材料はあったかもしれない。

 1回裏、浦和学院が3安打を放って先制点を取り試合をリードする。対する大阪桐蔭は6回までに出塁したのはわずか4回だけ。そのうち、4回表は遊⇒二⇒捕、5回表はエンドランがかかっていたのか一塁走者が左飛で飛び出し、左⇒一とボールが転送され併殺となる。

 浦和学院は5回まで3安打、無失点と好投した山口に代えて、6回頭からエース佐藤 拓也をマウンドに送る。これにはゾクッときた。打たれて投手を代える監督はいくらでもいるが、打たれていない投手を代える監督は数少ない。

 浦和学院04年夏から春・夏の甲子園大会6連敗中で、センバツ大会に限れば過去5大会、初戦敗退を続けている。いくらでもいる“打たれて代える”監督は森監督のこれまでの姿かもしれず、それを振り払って1点の虎の子をエースに託す継投策は森士監督のこの試合にかける覚悟かもしれない。

【次のページ】 大阪桐蔭vs浦和学院(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第139回 野村大樹、中川卓也、増田陸の大阪福島シニアトリオに注目!高校野球をリードする存在となるか??【ドラフト特集】
野村大樹、中川卓也、増田陸の大阪福島シニアトリオに注目!高校野球をリードする存在となるか?? 【ニュース - コラム】
2017年の高校野球の1年は?全主要大会の結果を振り返る! 【ニュース - コラム】
第617回 2017年の高校野球の1年は?全主要大会の結果を振り返る!【大会展望・総括コラム】
第610回 神宮大会を沸かせた逸材たち 期待のドラフト候補を徹底総括【大会展望・総括コラム】
第608回 明治神宮野球大会総括・連日1万人越えの神宮大会!10チームの収穫と課題【大会展望・総括コラム】
創成館vs大阪桐蔭【2017年 第48回明治神宮野球大会】
大阪桐蔭vs駒大苫小牧【2017年 第48回明治神宮野球大会】
第613回 宮﨑仁斗(大阪桐蔭)「大阪桐蔭の2番打者は小さくまとまらず全力で振り、全力で走る!」 【2017年インタビュー】
第605回 神宮大会に登場するドラフト候補たち!今年の神宮の主役になれるのか??【大会展望・総括コラム】
第607回 根尾昂(大阪桐蔭)「近畿では二刀流として大暴れ!初舞台の神宮でも強烈な印象を残す」 【2017年インタビュー】
大阪桐蔭vs智辯和歌山【2017年秋の大会 平成29年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs近江【2017年秋の大会 平成29年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs近大附【2017年秋の大会 平成29年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
第601回 笠松 悠哉(立教大)「三振か、ホームランかの割り切りで勝負したい」 【2017年インタビュー】
第566回 藤原恭大(大阪桐蔭) 「新境地を拓いた左方向のバッティング」 【2017年インタビュー】
第565回 徳山壮磨(大阪桐蔭) 「選抜優勝投手を支える微調整術」 【2017年インタビュー】
浦和学院 【高校別データ】
大阪桐蔭 【高校別データ】
第84回選抜高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る