2011年10月04日 宇部市野球場(ユーピーアールスタジアム)

習志野vs智辯学園

2011年 第66回おいでませ!山口国体 準決勝
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

投手・泉澤

前日の金沢戦でのリリーフ登板に続き、この日、先発のマウンドに立った背番号1の姿があった。習志野泉澤 涼太である。今夏、甲子園での泉澤は、初戦の静岡戦で先発し、8回を自責点0に抑えていた。しかし、それ以来、登板の機会がなく「投手・泉澤」の存在が薄まっていた感がある一方で、将来性を見込んだ「投手・泉澤」も根強く存在していたことだろう。果たしてこの国体でも、「投手・泉澤」がどれほどまでに存在感を示すのだろうかということを本人も感じていたのかもしれない。

2回戦の金沢戦、7回2/3を投げ、被安打8、四死球5、奪三振9、自責点5、投球数121球。
準決勝の智弁学園戦、9回を投げ、被安打10、四死球3、奪三振9、自責点2、投球数164球。

本人も「昨日よりも調子がよくなくて、リズムも悪かったですけど、その割には要所要所を締められたし、楽しんで投げることもできました」というように、国体という舞台の連投で何かを見出しているのではないか。試合後、泉澤について習志野の小林徹監督は「あの子なりのピッチングです」と意味深いコメントを残している。それはまさに泉澤らしさを表している奥深さであり、期待を込めた言葉でもある。全国の3年生の中で2校だけが続けられている高校野球。そんな決勝戦で泉澤は、肩肘張らず、いきがらず、マウンドで躍動することだろう。
「投手・泉澤」、今まさにワンランク上に駆け上がろうとしている。

(文=編集部:アストロ)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
関東を代表する好投手、古谷拓郎(習志野)、中村奎太(日大三)の魅力を徹底分析! 【ニュース - コラム】
第167回 ミレニアム世代のトッププロスペクトたち Vol.11「古谷 拓郎、中村 奎太」【ドラフト特集】
2強に食らいつくチームは?奈良大会の展望に迫る! 【ニュース - コラム】
第729回 奈良展望 天理・智辯学園は再戦が実現するのか?高田商ブロックは最激戦区!!【大会展望・総括コラム】
第717回 戦国千葉2018 西千葉 「習志野、専大松戸の二強を追うチームは?有力校を徹底紹介」【大会展望・総括コラム】
第709回 侍ジャパンU-18代表 一次候補30名を徹底考察!【投手編】【大会展望・総括コラム】
大阪桐蔭vs智辯学園【2018年春の大会 平成30年度春季近畿地区高等学校野球大会】
第669回 2019年のドラフト候補が多数浮上!きらりと光る活躍を見せた2年生の逸材をピックアップ!【大会展望・総括コラム】
智辯学園vs市立尼崎【2018年春の大会 平成30年度春季近畿地区高等学校野球大会】
日大三vs習志野【2018年春の大会 第70回春季関東大会】
習志野vs作新学院【2018年春の大会 第70回春季関東大会】
木更津総合vs習志野【千葉県 2018年春の大会 千葉県大会】
第496回 智辯学園高等学校 福元 悠真選手「絶対に打てるという自信を持てるほど練習を重ねていきたい」【後編】 【2017年インタビュー】
第494回 智辯学園高等学校 福元 悠真選手「4番打者として選抜優勝も自分の未熟さを実感した」【前編】 【2017年インタビュー】
第492回 智辯学園高等学校 太田 英毅選手 「目指すはセンバツ二連覇!」 【2017年インタビュー】
第430回 智辯学園高等学校 納大地選手 「安打1本で急上昇したアベレージヒッター!」  【2016年インタビュー】
第237回 智辯学園高等学校 廣岡 大志選手 「強烈なプラス思考を持った廣岡 大志」  【2015年インタビュー】
智辯学園 【高校別データ】
習志野 【高校別データ】
第66回おいでませ!山口国体 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る