2011年10月03日 宇部市野球場(ユーピーアールスタジアム)

習志野vs金沢

2011年 第66回おいでませ!山口国体 2回戦
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

3年生とともに

試合が終了し、カクテル光線を浴びる選手をみつめながら金沢の浅井純哉監督は、笑顔と大きな拍手で選手たちを迎えていた。するとその後、選手たちが浅井監督を胴上げし始めたのだ。じつはこの国体を最後に浅井監督は3年生とともにユニフォームを脱ぐことになっていたのである。試合後、浅井監督は目頭を熱くさせながら、ひとつひとつのことを噛みしめるかのよう話し出した。
「やりきった感があります。今日は楽しくてしょうがなかったです。高校野球ってのは、きついとか、苦しいとかのイメージもありますが、その先には楽しさや喜びが待っています。そのことをこの国体で見ている人に伝えたいなと思っていたので、それができてよかったです」
さらに主将の石田 翔太も目を潤ませながらこう話した。
「監督には、本当に高校野球の素晴らしさというものを教えていただきました。結果として日本一を成し遂げることができませんでしたが、(浅井監督は)日本一にふさわしい男だと思います」。
10-11という乱打戦で、試合には敗れはしたが、エース釜田 佳直の登板なしでも、チームが一丸となって戦い、最後の最後まで金沢ナインの気持ちがにじみ出ていたナイスゲームだった。

(文=編集部:アストロ)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
習志野、中央学院がベスト16入り!【選手権東西千葉大会・17日の結果】 【ニュース - 高校野球関連】
関東を代表する好投手、古谷拓郎(習志野)、中村奎太(日大三)の魅力を徹底分析! 【ニュース - コラム】
第167回 ミレニアム世代のトッププロスペクトたち Vol.11「古谷 拓郎、中村 奎太」【ドラフト特集】
第717回 戦国千葉2018 西千葉 「習志野、専大松戸の二強を追うチームは?有力校を徹底紹介」【大会展望・総括コラム】
第709回 侍ジャパンU-18代表 一次候補30名を徹底考察!【投手編】【大会展望・総括コラム】
第701回 【南神奈川展望】3連覇を狙う横浜はそのまま突き進むか?対抗馬は横浜隼人、藤嶺藤沢【大会展望・総括コラム】
日本文理vs金沢学院【2018年春の大会 第138回北信越地区高等学校野球大会】
第669回 2019年のドラフト候補が多数浮上!きらりと光る活躍を見せた2年生の逸材をピックアップ!【大会展望・総括コラム】
日大三vs習志野【2018年春の大会 第70回春季関東大会】
習志野vs作新学院【2018年春の大会 第70回春季関東大会】
習志野vs専大松戸【千葉県 2018年春の大会 千葉県大会】
木更津総合vs習志野【千葉県 2018年春の大会 千葉県大会】
第149回 千葉ロッテマリーンズ 福浦 和也 選手 【2013年インタビュー】
第86回 市立習志野高等学校 宮内和也選手 【2011年インタビュー】
金沢 【高校別データ】
習志野 【高校別データ】
第66回おいでませ!山口国体 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る