2011年10月03日 宇部市野球場(ユーピーアールスタジアム)

徳島商vs作新学院

2011年 第66回おいでませ!山口国体 2回戦
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

龍田祐貴が連日の好投

3番・左翼手の岸隆一郎(2年)、6番・二塁手の龍田大地(1年)、7番・三塁手の富岡健悟(1年)、8番・右翼手の山本真之祐(2年)、9番・投手の坂本温基(1年)とこの日の徳島商は、下級生5名をスタメンに並べた。
その起用について徳島商の森影浩章監督は「3年生が、1、2年生に経験をさせてやってくださいといってきましたし、私もそう思ったので起用しました」と3年生と意思疎通したオーダーで試合に挑んだ。しかし、先発の坂本が2回途中降板に続き、前川紀洋(1年)も2回を投げ、作新学院打線に5安打を浴びた。こうなると前日の完投勝利に続き、連投となるエース龍田祐貴が4回からマウンドに立った。この日の龍田祐も見事な投げっぷりをみせ、6回を被安打2の奪三振5と連日の熱投で観客を魅了した。
「張りはあったんですけど、自分は投げた次の日の方が調子いいので、今日はよかったですね。1年生(投手)の二人は、甲子園でもベンチに入っていましたが、全国では初めての登板となったので、いい経験になったと思います」と3年生エースらしい後輩への思いやりも垣間みえた。
翌日の準決勝で対戦が決まった日大三に対しては「是非、先発したい。自分の持っているすべてを出し切りたい」と3連投覚悟で、王者に挑戦状をたたきつけた。野球を存分に楽しんでいる名門の勢い、なかなか頼もしい。

(文=編集部:アストロ)
(撮影=中谷 明

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
作新学院が22得点で優勝を決める!【栃木県1年生大会】 【ニュース - 高校野球関連】
【全国】明秀学園日立、慶應義塾らが準決勝へ!関東大会4試合を徹底レポート! 【ニュース - 高校野球関連】
東海大相模vs作新学院【2017年秋の大会 第70回(平成29年度)秋季関東地区高等学校野球大会】
第131回 ここ10年間の夏の甲子園優勝投手の現在地【ドラフト特集】
作新学院vs関東学園大附【2017年秋の大会 第70回(平成29年度)秋季関東地区高等学校野球大会】
第602回 【関東大会展望】東海大相模、健大高崎、花咲徳栄など精鋭15チームが集結!初戦の見どころ、注目選手を徹底ガイド!【大会展望・総括コラム】
徳島商vs城ノ内【徳島県 2017年秋の大会 徳島県秋季大会】
第582回 2016年U-18代表の現在地 高いレベルでも実力を発揮する投手陣 レベルアップを期待する野手陣【大会展望・総括コラム】
盛岡大附vs作新学院【第99回全国高等学校野球選手権大会】
第7回 作新学院高等学校(栃木)【7年連続13回出場】【第99回全国高等学校野球選手権大会 チーム紹介】
第560回 昨夏覇者・作新学院など関東勢が4チーム登場!2日目4試合の見どころを徹底解説!【大会展望・総括コラム】
徳島商vs池田【徳島県 2017年夏の大会 第99回選手権徳島大会】
第435回 作新学院高等学校 今井達也選手 「我慢強さが呼び込んだアジア制覇!」  【2016年インタビュー】
第432回 作新学院高等学校 入江大生選手 「甲子園で魅せた豪打再び!」  【2016年インタビュー】
第9回 第96回全国高校野球選手権大会 1・2回戦展望 【2014年選手権大会】
第8回 第96回選手権地区大会は「波乱の大会」だったのか 【2014年選手権大会】
作新学院 【高校別データ】
徳島商 【高校別データ】
第66回おいでませ!山口国体 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る