2010年11月18日 明治神宮球場

日大三vs鹿児島実

2010年秋の大会 第41回明治神宮野球大会 決勝
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

勝負の瞬間 松倉雄太

秋を制したのは日大三

今シーズン公式戦ラストゲームは・・・

 今シーズンラストの公式戦となった明治神宮大会決勝戦。鹿児島実野田 昇吾(2年)、日大三吉永 健太朗(2年)の両エースがマウンドに上がり、勝敗こそついたものの、素晴らしい投げ合いを演じた。
 前日(17日)が雨天順延。寒い時期に緊張感のなか試合を続けてきた選手にとっては、肉体、精神ともに疲労を取る良い休養になったのは間違いない。その象徴が両チームベストメンバーで臨んだことだ。全国が注目する決勝でエースを立てられたのは大きな材料。

 実は日大三の小倉全由監督は2試合完投した吉永の疲労を考えて、当初決勝の先発に立てる予定がなかった。それが中1日の休養を経たことで、「吉永が投げたくてウズウズしている」とエース先発に変更したという。
 一方の鹿児島実・宮下正一監督は現時点での大エースである野田に予定通りマウンドを託した。この時点でこの決勝戦が意義深いものになったのは間違いない。

 その決勝。大きなポイントとなったのが一回裏だ。日大三高の1番高山俊(2年)がヒットで出塁。これを2番谷口雄大(2年)が送って一死二塁となった。そして3番畔上 翔(2年)がライトへ先制タイムリー。さらに4番横尾 俊建(2年)もヒットで続いた。立ち上がりに不安のある野田は、続いて5番の清水弘毅(2年)にもライト前ヒットを打たれる。その打球をみて二塁走者の畔上は三塁ベースを蹴る。だが、ライトの豊住康太(2年)からキャッチャーの黒木兼太朗(2年)へ見事な返球で畔上はタッチアウトとなった。

 大量失点を防いだ豊住のビッグプレーで野田は救われた。もしこれがセーフになっていたなら、無失策試合もなかっただろうし、選手の張りつめた気持ちも切れていただろう。このワンプレーで鹿児島実は好ゲームへの布石ができた。

【次のページ】 日大三vs鹿児島実(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第705回 本命不在の参加校数最多の東東京を制するチームは!【大会展望・総括コラム】
第100回西東京大会の組み合わせ決定!日大三、早稲田実の初戦の相手は? 【ニュース - 高校野球関連】
本日、第100回東西東京大会抽選会!シード16校の顔ぶれをチェック! 【ニュース - 高校野球関連】
鹿児島実vs川内【鹿児島県 2018年 第60回NHK旗争奪鹿児島県選抜高校野球大会】
鹿児島実vs尚志館【鹿児島県 2018年 第60回NHK旗争奪鹿児島県選抜高校野球大会】
鹿児島実vs出水工【鹿児島県 2018年 第60回NHK旗争奪鹿児島県選抜高校野球大会】
第700回 関東大会でデビューを果たしたスーパー1年生たち!【大会展望・総括コラム】
鹿児島実vs樟南【鹿児島県 2018年 第60回NHK旗争奪鹿児島県選抜高校野球大会】
第669回 2019年のドラフト候補が多数浮上!きらりと光る活躍を見せた2年生の逸材をピックアップ!【大会展望・総括コラム】
第666回 野村、山下...スター野手が期待通りの活躍を見せた今年の関東大会!【大会展望・総括コラム】
鹿児島実vs鹿屋【鹿児島県 2018年 第60回NHK旗争奪鹿児島県選抜高校野球大会】
第666回 今年は好投手続出の関東大会!中村、細川、古谷、渡邉…多くの投手が持ち味を発揮!【大会展望・総括コラム】
第693回 日大三 投打の柱・中村奎太!勝利への執着心をもって夏に臨む! 【2018年インタビュー】
第692回 日大三主将・日置航!7年ぶり全国制覇を目指してチームを引っ張る! 【2018年インタビュー】
第612回 井上広輝(日大三)「1年生ながら145キロ!自慢のシンカーで強力打線をなで斬り」 【2017年インタビュー】
第575回 櫻井周斗(日大三)「強打の二刀流が誓った2つの決意」 【2017年インタビュー】
第559回 櫻井 周斗(日大三)「苦しみを乗り越えた先に 甲子園出場が待っている」 【2017年インタビュー】
鹿児島実 【高校別データ】
日大三 【高校別データ】
第41回明治神宮野球大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る