2010年11月13日 明治神宮球場

東北vs金沢

2010年秋の大会 第41回明治神宮野球大会 1回戦
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

スカウト部長・河嶋宗一の目が光る!全国逸材発掘レポート

釜田(金沢)

豪腕釜田・神宮初舞台

神宮に剛腕が登場した。釜田 佳直(右/右 177センチ72キロ)。
マックス152キロを投げる剛腕投手である。高校2年時に150キロをマークしていた釜田。
高校生だからまだ粗はあるだろう。しかしこの時期で150キロを投げるスピードスターは魅力的だ。
ネット裏には多くのスカウト、ファンが彼の投球を見ようと詰めかけていた。

 結果は3-0の敗北である。
しかし彼は前評判通りの投球を見せてくれた。
斎藤佑樹のように軸足に体重を乗せて、スリークォーター気味に投げ込む直球は常時145キロ前後・マックス150キロを計測。
初回に150キロを計測した。それ以降も140~147キロをコンスタントに計測。高校2年秋でコンスタントに140キロ後半を計測する馬力は素晴らしい。

尚且つ両サイド・低目へ投げ分ける制球力も併せ持っている。
しかし角度がないのか140キロ台後半のストレートを東北打線に振り抜かれているのが目に付いた。

そのため被安打は多くなってしまう投手なのだが、粘り強い投球を見せているのは低目への制球力が生きているといえる。

変化球は135キロ前後の高速スライダー、120キロ前後のチェンジアップ、115キロ前後のカーブを投げていく。スライダーの切れは中々なもの。
チェンジアップは落差があり、空振りを奪える。ただこの日のカーブは結構高めに浮くことが多かった。

クイックは1.05秒~1.15秒前後と非常に素早いクイックを見せており、フィールディングも良いし、ベースカバーも軽快。投球以外の面も鍛えられている。

 過去に神宮大会で150キロをマークした高校生は記憶にない。
ただ彼のストレートは分かっていても空振りしてしまう圧倒的なストレートでは、まだない。
だから150キロ右腕という称号を鵜呑みにして、捻じ伏せるような投球は期待しないほうが良い。
本人はそれを重々理解しているし、ストレートを見せ球にして、変化球を交えた投球が出来ている。
それでも怖いのは150キロの罠だ。選抜ではメディアから150キロ右腕として注目を浴びることになるだろう。
その期待にこたえようとしてスピード重視の投球に拘って彼の良さである粘り強い投球を忘れてしまうことである。
あとは150キロのストレートを速く見せるためにフォームの工夫・配球の工夫だけだ。
神宮ではストレートのスピードで観客を沸かせた。甲子園では勝てる投球で観客を沸かせてほしい。

【次のページ】 東北vs金沢(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
東北との熱戦を制した聖光学院が6年ぶりのV!【春季東北大会・11日の結果】 【ニュース - 高校野球関連】
聖光学院が決勝へ!昨秋に続き優勝なるか?【春季東北大会・10日の結果】 【ニュース - 高校野球関連】
第701回 【南神奈川展望】3連覇を狙う横浜はそのまま突き進むか?対抗馬は横浜隼人、藤嶺藤沢【大会展望・総括コラム】
日本文理vs金沢学院【2018年春の大会 第138回北信越地区高等学校野球大会】
第494回 仙台二(宮城)データ野球で半歩でもリードを奪い、強豪私学相手に打ち勝つ!【野球部訪問】
第73回 圧倒的実力地区は浪商、PL学園時代から、大阪桐蔭と履正社の時代へ移行【大阪・2018年度版】【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
鎌倉学園vs金沢【神奈川県 2018年春の大会 神奈川県春季大会】
金沢vs横浜隼人【神奈川県 2018年春の大会 神奈川県春季大会】
第63回 星稜、金沢、遊学館の3強時代から日本航空石川も加わり4校の競い合い【石川県・2018年度版】【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
瀬谷vs金沢総合【神奈川県 2018年春の大会 神奈川県春季大会地区予選】
第51回 久しく続いた2強対決構図は仙台育英がややリードしていたが今後は…【宮城・2018年度版】【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
富山商vs金沢学院【2017年秋の大会 第137回北信越地区高校野球大会(平成29年度秋季)】
第8回 第96回選手権地区大会は「波乱の大会」だったのか 【2014年選手権大会】
第44回 東京ヤクルトスワローズ 高井 雄平選手 【2010年インタビュー】
金沢 【高校別データ】
東北 【高校別データ】
第41回明治神宮野球大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る