2010年11月04日 県営大宮球場

浦和学院vs横浜

2010年秋の大会 第63回関東地区高校野球大会 準決勝
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

勝負の瞬間 松倉雄太

1番ピッチャー・佐藤拓也(浦和学院)

敵将も認めたクレバーなバッテリー

 試合後のベンチ裏。敗れた横浜・渡辺元智監督は「完敗でした」と一言。

 一方、勝った浦和学院・森士監督(今大会は部長で登録)は「こんな試合ができるとは」と少し驚きを見せた。10安打で8得点、浦和学院にとっては、長年やられ続けてきた横浜に快勝した形だ。
 この日の立役者はやはり1番ピッチャーの佐藤 拓也。そして女房役の林崎龍也の1年生バッテリーだった。浦和学院の小林賢剛主将(2年)はこの一戦のじゃんけんに勝ち後攻を取った。

 1回表の守り。横浜の4番樋口 龍之介(1年)にタイムリー二塁打を浴びて、2点を先制されてしまった浦和学院。立ち上がりの佐藤は直球を捕えられていた。2点を追う2回裏。5番日高史也(2年)に2ランが飛び出し同点に追いついた浦和学院。さらにチャンスを繋げて、1番の佐藤が犠牲フライを放ってこの回だけで逆転することに成功。

前日のインタビューで「自分で打てればピッチングも乗ってくる」と佐藤は話している。まさにその通りの展開。

 先取点を直球を打たれる形で取られたため、2回以降捕手の林崎は勝負球にやや沈むツーシームを多投した。それが功を奏して、横浜打線は佐藤に打たされ始める。2回から4回までは無安打に抑えて、完全に立ち直りを見せた佐藤。
 4回裏、浦和学院は9番荒井大樹(2年)がスクイズを決めると、続く佐藤がセカンドを強襲するタイムリーでリードを3点に広げた。

 その直後、佐藤は5回表に併殺の間に1点を失い、2点差で前半を終える。

 グランド整備の間、横浜はいつものようにベンチ前に選手が座って、渡辺監督のミーティングを聞いていた。当然、佐藤に対する攻略についても話が出ていたであろう。

【次のページ】 浦和学院vs横浜(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
名門・横浜の4番!増田珠の3年間を年表でチェック! 【ニュース - コラム】
第125回 【2017年ドラフト】 1年夏からレギュラー!増田珠の3年間の歩みを年表でチェック!【ドラフト特集】
横浜(神奈川)編「3回連続となる記念大会出場を目指す横浜のつながり!」 【ニュース - コラム】
第75回 横浜(神奈川)編「3回連続となる記念大会出場を目指す横浜のつながり!」【先輩・後輩・同級生!つながりトリビア】
市立川越vs浦和学院【埼玉県 2017年秋の大会 埼玉県大会】
浦和学院vs春日部東【埼玉県 2017年秋の大会 埼玉県大会】
浦和学院vs大宮東【埼玉県 2017年秋の大会 埼玉県大会】
第599回 【埼玉県展望】甲子園優勝の花咲徳栄、春関東優勝の浦和学院など大型チームでひしめき合う!【大会展望・総括コラム】
鎌倉学園vs横浜【神奈川県 2017年秋の大会 神奈川県秋季大会】
桐光学園vs横浜隼人【神奈川県 2017年秋の大会 神奈川県秋季大会】
第578回 増田珠(横浜)「次はトップチームで侍ジャパンのユニフォームに袖を通すことができる選手に」 【2017年インタビュー】
第25回 【動画インタビュー】増田珠(横浜・侍ジャパンU-18代表) 【Player’s Voice】
第585回 【神奈川展望】今年関東開催の神奈川!関東大会を目指した今大会は例年以上の激戦!【大会展望・総括コラム】
第564回 筒香 嘉智選手(横浜DeNAベイスターズ)「逆方向の本塁打増加はロングティーと置きティーにあり!」【後編】 【2017年インタビュー】
第562回 筒香 嘉智選手(横浜DeNAベイスターズ)「正しいスイングこそ理想の打撃の近道だ」【前編】 【2017年インタビュー】
第545回 佐野涼弥(浦和学院)「関東大会優勝を呼び込んだ必殺の縦スライダー」 【2017年インタビュー】
第542回 増田珠(横浜)「勝負を避けられる打者になった喜び」 【2017年インタビュー】
浦和学院 【高校別データ】
横浜 【高校別データ】
秋季関東地区高校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る