2010年11月03日 県営大宮球場

横浜vs霞ヶ浦

2010年秋の大会 第63回関東地区高校野球大会 準々決勝
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

勝負の瞬間 松倉雄太

2日連続の先発、左腕の山内達也(横浜)

連鎖?

 「ナイスゲームですね」

 横浜・渡辺元智監督が開口一番に発した言葉である。だが、この一言の裏側には自虐的な要素も含まれていることを忘れてはならない。

 前日(高崎商戦)(2010年11月3日)、7対0から追い上げられた試練をこの日も味わうことになった。前半は完全に横浜の流れ。2回に7番拝崎 諒、8番高橋亮謙(ともに1年)の連続タイムリーで2点を先制すると、4回には1番乙坂 智(2年)のタイムリーで3点目。
 2日連続の先発となった左腕の山内 達也(1年)は5回まで4安打を浴びたが、連打は許さず、与えた四死球は0。球数も62と少なく、「昨日より球は走っていた」と本人も好調さを感じていた。
 打線は6回に3番近藤健介(2年)が満塁から走者一掃の三塁打を放って6対0。バントミスなどはあったものの、前日同様、コールドにできるのではという完璧な試合運びで進めていった。

 ところが、その流れが一変したのが6回裏。山内は霞ヶ浦の2番森田悠太(2年)にレフト前ヒットを浴びて、この試合初めて先頭打者を出塁させてしまう。1死を取るが、4番笹島啓嗣、5番吾妻大輔(ともに2年)の連続ヒットで1点を失った山内。ただここからは前日の経験を生かして粘った・・・”かに思えた”。

【次のページ】 横浜vs霞ヶ浦(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
横浜vs平塚学園【神奈川県 2017年春の大会 神奈川県春季大会】
星槎国際湘南・本田、11奪三振1失点で慶應を下し準決勝へ!次は横浜と対戦!【春季神奈川県大会・25日の結果】 【ニュース - 高校野球関連】
横浜vs桐蔭学園の名門対決!プロ注目の主砲にも一発が!計2試合を徹底レポート!【神奈川県大会】 【ニュース - 高校野球関連】
横浜vs桐蔭学園【神奈川県 2017年春の大会 神奈川県春季大会】
第473回 まだまだいる!スーパーミレニアム世代の逸材たち!【大会展望・総括コラム】
横浜隼人vs上溝南【神奈川県 2017年春の大会 神奈川県春季大会】
相洋vs横浜商【神奈川県 2017年春の大会 神奈川県春季大会】
東海大相模vs横浜商大高【神奈川県 2017年春の大会 神奈川県春季大会】
第45回 「打倒横浜」から「3強」に変化している神奈川県の勢力構図(神奈川)【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第31回 県立水戸工業高等学校(茨城)【冬が僕らを強くする2017】
第468回 柳 裕也投手(横浜-明治大)「勝ちきれる投手になるには怪我に強くなること」 【2016年インタビュー】
第466回 柳 裕也投手(横浜-明治大)「横浜高時代に取り組んだ猛練習漬けのトレーニング」・前編 【2016年インタビュー】
第65回 2016年のドラフトで、最も多く指名を受けた高校は?【ドラフト特集】
第58回 今年の高校生野手は少数精鋭!各ポジションの逸材をピックアップ!【ドラフト特集】
第429回 横浜高等学校 藤平尚真選手 「剛腕を支える腕の振りの強さ」  【2016年インタビュー】
第394回 横浜高等学校 万波中正選手「大スターになるための課題とは」 【2016年インタビュー】
第322回 霞ヶ浦高等学校 綾部 翔投手「先輩たちの思いを背負いレベルアップを追求し続けた3年間」 【2015年インタビュー】
霞ヶ浦 【高校別データ】
横浜 【高校別データ】
秋季関東地区高校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る