2010年11月02日 市営大宮球場

横浜vs高崎商

2010年秋の大会 第63回関東地区高校野球大会 1回戦
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

金井投手(高崎商)

高崎商、終盤追い上げたもののあと一歩及ばず

 今大会優勝候補の筆頭といわれている横浜の登場で、平日にもかかわらず多くの観客でスタンドは埋まった。

今年の横浜は、相手を圧倒するような強さを示すというものではないが、この試合でも1、2、5回にそれぞれ2死走者なしから得点したように、打線のしぶとさが印象に残った。
これに対して、高崎商は終盤に粘りを見せて食い下がり、最後はどうなるかわからないという試合となった。

初回の横浜は2死後、四球の近藤君が二塁盗塁すると、樋口君が左越二塁打して返す。
2回にも、2死からの四球の走者を九番青木君が左中間二塁打で返した。4回は、二つの死球と失策で1点を貰い、5回も2死から六番橋本君が中前打と暴投で二塁まで進むと、拝崎君の中越三塁打と失策でさらに2点が入った。
7回にも2点を追加した横浜は、その裏を0点に抑えれば、あっさりとコールドゲームで終わるところだった。

ところが、ここから高崎商は粘りと食い下がりを示した。
この回先頭の金井君は二塁打で出塁するものの2死となってあと一人。

ここで一番に戻ったが、川浦君が中堅手のグラブをかすめる二塁打で二塁走者を返すと、さらに湯浅君も中前へはじき返してこの回2点目。
内田君も右中間を破って湯浅君を返すと、四番木村君も一二塁間をゴロで抜いてこの回一気に4点を返した。

これで勢いづいた高崎商は、6回からリリーフしていた左腕関君が打たれながらも何とかこらえて、8回、9回を0点に抑える。
もうひと反撃したい高崎商は、8回こそ簡単に3人で抑えられてしまったが、9回は先頭の関君が追い込まれながらも右越二塁打して望みをつなぐと、湯浅君の中前打で帰る。
これで先発左腕山内君を引きずり下ろした。

【次のページ】 横浜vs高崎商(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
横浜(神奈川)編「3回連続となる記念大会出場を目指す横浜のつながり!」 【ニュース - コラム】
第75回 横浜(神奈川)編「3回連続となる記念大会出場を目指す横浜のつながり!」【先輩・後輩・同級生!つながりトリビア】
【神奈川】東海大相模、慶應義塾が関東大会へ!準決勝2試合の模様を徹底レポート! 【ニュース - 高校野球関連】
鎌倉学園vs横浜【神奈川県 2017年秋の大会 神奈川県秋季大会】
桐光学園vs横浜隼人【神奈川県 2017年秋の大会 神奈川県秋季大会】
桐光学園vs横浜商大高【神奈川県 2017年秋の大会 神奈川県秋季大会】
横浜vs弥栄【神奈川県 2017年秋の大会 神奈川県秋季大会】
第578回 増田珠(横浜)「次はトップチームで侍ジャパンのユニフォームに袖を通すことができる選手に」 【2017年インタビュー】
第25回 【動画インタビュー】増田珠(横浜・侍ジャパンU-18代表) 【Player’s Voice】
横浜商vs鶴見大附【神奈川県 2017年秋の大会 神奈川県秋季大会】
第585回 【神奈川展望】今年関東開催の神奈川!関東大会を目指した今大会は例年以上の激戦!【大会展望・総括コラム】
第582回 2016年U-18代表の現在地 高いレベルでも実力を発揮する投手陣 レベルアップを期待する野手陣【大会展望・総括コラム】
第580回 甲子園で涙したミレニアム世代の投手たち この悔しさは来年で晴らす【大会展望・総括コラム】
第564回 筒香 嘉智選手(横浜DeNAベイスターズ)「逆方向の本塁打増加はロングティーと置きティーにあり!」【後編】 【2017年インタビュー】
第562回 筒香 嘉智選手(横浜DeNAベイスターズ)「正しいスイングこそ理想の打撃の近道だ」【前編】 【2017年インタビュー】
第542回 増田珠(横浜)「勝負を避けられる打者になった喜び」 【2017年インタビュー】
第468回 柳 裕也投手(横浜-明治大)「勝ちきれる投手になるには怪我に強くなること」 【2016年インタビュー】
高崎商 【高校別データ】
横浜 【高校別データ】
秋季関東地区高校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る