2010年03月29日 阪神甲子園球場 

広陵(中国)vs宮崎工(九州)

2010年選抜大会 第82回選抜高校野球大会 2回戦
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

試合中の一つのプレー・瞬間のジャッジで大きく結果が変わってくるのが野球である。
今大会、松倉雄太が試合を決定づける「勝負の瞬間」を検証する。

清々しかったエース

 広陵有原 航平宮崎工浜田 智博(共に3年)。第1試合は両エースがそれぞれ持ち味を発揮し、投手戦となった。今大会初めて、終盤まで0行進。このまま延長になるのではという雰囲気が出始めた9回裏に試合は決着した。
浜田は初戦に続いて、持ち味である長いリーチを生かした緩急自在のピッチングで、広陵打線に得点を与えない。しかし8回を終わって128球、徐々に疲労に蝕まれていた。力で抑える球威がない分、ボール半個分の出し入れで勝負をするタイプだけに、微妙な制球の狂いが命取りになる。それが現実となったのが、9回裏だった。

 広陵の先頭は3番・蔵桝孝宏(2年)。ここまでの3打席で、浜田の球を18球見ていた。それが9回の第4打席で初めて初球に手を出す。打球は詰まりながらもセンター前へ。続く打者は4番の丸子達也(2年)。塁上の蔵桝は感じていた「この回で決められる」。
その丸子も初球を叩き、左中間への二塁打を放ち無死2、3塁。ここでマウンドに集まった宮崎工の内野陣。浜田と伊比井悠嗣(3年)のバッテリーは5番の御子柴大輝(3年)を敬遠し満塁策を取る。打席には6番の三田達也(2年)が向かう。
再びマウンドで話すバッテリー。意思は一つ「四死球を与えると後悔する。思い切り腕を振って投げよう」。
三田の意思もこれしかなかった「初球から打つ」。
浜田が投じた初球は外角のストレート。三田のバットが出た。打球は浜田の右を抜けてセンターへ。蔵桝の代走で出ていた奥本涼太(3年)がガッツポーズをしながら生還し、試合は終わった。

 サヨナラ負けを喫した浜田の表情はガックリするどころか、むしろ笑みさえあった。「少し球が甘かったが、思い切り投げられたので悔いはない。夏に戻ってきます」と話したエースは最後まで清々しい表情でインタビューに答えていた。

(文=松倉雄太

【関連ニュース】
■ 2回戦 中京大中京(東海)vs神港学園(近畿)
■ 2回戦 興南(九州)vs智弁和歌山(近畿)

【選抜大会特集】
■ 広陵(データ)
■ 宮崎工(データ)




この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第126回 【小関順二のドラフト指名予想】横浜DeNAベイスターズ編 「チーム内で化学反応を起こすような指名を」【ドラフト特集】
今夏を沸かせた中村奨成(広陵)の年表をチェック! 【ニュース - コラム】
第121回 【2017年ドラフト】 今夏の甲子園を沸かせた男!中村奨成の3年間を年表でチェック!【ドラフト特集】
広陵の初優勝で幕を閉じたえひめ国体を総括! 【ニュース - コラム】
第601回 【愛顔つなぐえひめ国体・総括】坊っちゃんでの「愛顔(えがお)」を 四国次世代へ「つなぐ」ために【大会展望・総括コラム】
第74回 広陵(広島)編「今夏、中村 奨成を擁して準優勝を果たした広陵のつながり!」【先輩・後輩・同級生!つながりトリビア】
広陵vs大阪桐蔭【2017年 第72回国民体育大会 愛顔つなぐえひめ国体2017】
広陵vs東海大菅生【2017年 第72回国民体育大会 愛顔つなぐえひめ国体2017】
第114回 【2017年ドラフト】 注目選手メモリアルギャラリー 『中村 奨成(広陵)編』【ドラフト特集】
広陵vs天理【2017年 第72回国民体育大会 愛顔つなぐえひめ国体2017】
第576回 中村 奨成(広陵)「世界一へ、チームに勢いを与える豪打を」 【2017年インタビュー】
花咲徳栄vs広陵【第99回全国高等学校野球選手権大会】
広陵vs天理【第99回全国高等学校野球選手権大会】
第316回 阪神タイガース 新井 良太選手「フルスイングを実現する軸回転の秘密」 【2015年インタビュー】
第9回 第96回全国高校野球選手権大会 1・2回戦展望 【2014年選手権大会】
第8回 第96回選手権地区大会は「波乱の大会」だったのか 【2014年選手権大会】
第59回 読売ジャイアンツ 西村健太朗選手 【2010年インタビュー】
広陵 【高校別データ】
宮崎工 【高校別データ】
第82回選抜高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る