2010年03月29日 阪神甲子園球場 

広陵(中国)vs宮崎工(九州)

2010年選抜大会 第82回選抜高校野球大会 2回戦
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

試合中の一つのプレー・瞬間のジャッジで大きく結果が変わってくるのが野球である。
今大会、松倉雄太が試合を決定づける「勝負の瞬間」を検証する。

清々しかったエース

 広陵有原 航平宮崎工浜田 智博(共に3年)。第1試合は両エースがそれぞれ持ち味を発揮し、投手戦となった。今大会初めて、終盤まで0行進。このまま延長になるのではという雰囲気が出始めた9回裏に試合は決着した。
浜田は初戦に続いて、持ち味である長いリーチを生かした緩急自在のピッチングで、広陵打線に得点を与えない。しかし8回を終わって128球、徐々に疲労に蝕まれていた。力で抑える球威がない分、ボール半個分の出し入れで勝負をするタイプだけに、微妙な制球の狂いが命取りになる。それが現実となったのが、9回裏だった。

 広陵の先頭は3番・蔵桝孝宏(2年)。ここまでの3打席で、浜田の球を18球見ていた。それが9回の第4打席で初めて初球に手を出す。打球は詰まりながらもセンター前へ。続く打者は4番の丸子達也(2年)。塁上の蔵桝は感じていた「この回で決められる」。
その丸子も初球を叩き、左中間への二塁打を放ち無死2、3塁。ここでマウンドに集まった宮崎工の内野陣。浜田と伊比井悠嗣(3年)のバッテリーは5番の御子柴大輝(3年)を敬遠し満塁策を取る。打席には6番の三田達也(2年)が向かう。
再びマウンドで話すバッテリー。意思は一つ「四死球を与えると後悔する。思い切り腕を振って投げよう」。
三田の意思もこれしかなかった「初球から打つ」。
浜田が投じた初球は外角のストレート。三田のバットが出た。打球は浜田の右を抜けてセンターへ。蔵桝の代走で出ていた奥本涼太(3年)がガッツポーズをしながら生還し、試合は終わった。

 サヨナラ負けを喫した浜田の表情はガックリするどころか、むしろ笑みさえあった。「少し球が甘かったが、思い切り投げられたので悔いはない。夏に戻ってきます」と話したエースは最後まで清々しい表情でインタビューに答えていた。

(文=松倉雄太

【関連ニュース】
■ 2回戦 中京大中京(東海)vs神港学園(近畿)
■ 2回戦 興南(九州)vs智弁和歌山(近畿)

【選抜大会特集】
■ 広陵(データ)
■ 宮崎工(データ)




この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
選抜出場の延岡学園 まさかの敗退!【選手権宮崎大会・12日の結果】 【ニュース - 高校野球関連】
日南学園と延岡学園の双璧に加えて新興勢力も続々!宮崎県の勢力図に迫る! 【ニュース - コラム】
第92回 日南学園と13年夏準優勝の延岡学園が競い、聖心ウルスラなども【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第2回 甲子園での躍進で認知された中京大中京、広陵の新ユニフォーム【「奥深い高校野球談議」ライター・手束仁×副編集長・河嶋宗一 】
第76回 広陵が独走気味になってきたが、広島新庄と如水館、瀬戸内などが追う【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第78回 私学3強、開星が突出して石見智翠館と立正大淞南が追いかける【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第662回 王者・広島新庄が優勝 広陵、瀬戸内がノーシードに回り、夏は混とんしたものに【大会展望・総括コラム】
第622回 中村 奨成(広陵ー広島東洋カープ) 甲子園新ホームランキングが語る長打論 「トップを作り、軸で振り、フォロー大きく」 【2017年インタビュー】
広陵vs市立呉【広島県 2017年秋の大会 広島県1年生大会】
第602回 福田 周平(広陵ー明治大ーNTT東日本)「現状に満足することなく、一つ一つ高みを目指すだけ」【後編】 【2017年インタビュー】
第598回 福田 周平(広陵ー明治大ーNTT東日本)「名門チームでの生き残り方」【前編】 【2017年インタビュー】
広陵vs大阪桐蔭【2017年 第72回国民体育大会 愛顔つなぐえひめ国体2017】
広陵vs東海大菅生【2017年 第72回国民体育大会 愛顔つなぐえひめ国体2017】
広陵vs天理【2017年 第72回国民体育大会 愛顔つなぐえひめ国体2017】
第576回 中村 奨成(広陵)「世界一へ、チームに勢いを与える豪打を」 【2017年インタビュー】
花咲徳栄vs広陵【第99回全国高等学校野球選手権大会】
第316回 阪神タイガース 新井 良太選手「フルスイングを実現する軸回転の秘密」 【2015年インタビュー】
広陵 【高校別データ】
宮崎工 【高校別データ】
第82回選抜高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る