2018年05月27日 明石トーカロ球場(明石公園第一野球場)

滝川第二vs乙訓

2018年春の大会 平成30年度春季近畿地区高等学校野球大会 一回戦
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

滝川第二が逆転で乙訓を破る



勝利を決め、ガッツポーズを見せる田邉大登(滝川第二)
  

 兵庫2位の滝川第二が選抜16強の乙訓を逆転で下した。

 

 滝川第二は背番号10の左腕・田邉大登(2年)が先発マウンドに上がる。一方の乙訓も富山太樹(3年)が先発で後ろに川畑 大地(3年)が控えるといういつもの必勝態勢だ。

 

 先制したのは乙訓だった。3回表に9番の富山が内野安打で出塁すると、続く大上 翔也(3年)がライト前に運び、一、三塁とする。ここで2番の浅堀 大暉(3年)がレフトに犠飛を放ち、富山が生還。1点を先制した。

 

 さらに5回にも一死から富山の二塁打と暴投で一死三塁と追加点のチャンスを作る。この場面で1番の大上がセンターフライを放ち、犠飛になるかと思われたが、センターの遠藤秀太(3年)の好返球で富山がアウトとなり、追加点を許さない。

 これで流れに乗りたい滝川第二だが、5回までは富山の勢いのあるストレートの前に差し込まれる場面が目立ち、1点が遠い展開。ところが、6回裏に形勢が逆転する。四球と安打で二死一、二塁のチャンスを作ると、7番の江端宙斗(3年)が右中間に2点適時二塁打を放ち、逆転に成功した。

 

 乙訓は7回から川畑が登板したが、流れは滝川第二のままだった。二死から1番の高島 大輝(3年)が四球を選んで出塁すると、すかさず盗塁を決め、二塁に進む。このチャンスで2番の古谷太人(3年)が放った打球は二塁手の頭を超えるラッキーな当たりとなり、高島が生還。後半に貴重な追加点を奪った。

 

 リードを貰った田邉は最後まで低めを丁寧に付く投球で乙訓打線を手玉に取り、6安打1失点で完投勝利。強敵の乙訓を倒して準決勝にコマを進めた。乙訓は先制した後に追加点が取れなかったことと6回の江端への1球が痛かった。

 

(文・写真=馬場 遼)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
乙訓vs京都成章【京都府 2018年夏の大会 第100回選手権京都大会】
チームをまとめた5常の徳とは?激戦区・東兵庫から甲子園を狙う滝川第二に迫る! 【ニュース - コラム】
第509回 個性派集団をまとめた五常の徳。激戦区・東兵庫を制し甲子園へ 滝川第二(兵庫)【野球部訪問】
優勝候補の龍谷大平安、乙訓がともに3回戦へ!【選手権京都大会・11日の結果】 【ニュース - 高校野球関連】
第712回 乙訓や龍谷大平安など注目校が目白押し!京都大会を制するのは?【大会展望・総括コラム】
第164回 ミレニアム世代のトッププロスペクトたち Vol.8「川畑大地、日置航」【ドラフト特集】
第716回 東兵庫展望 滝川第二と報徳学園が同ブロック!4回戦が盛り上がりそう!【大会展望・総括コラム】
智辯和歌山vs滝川第二【2018年春の大会 平成30年度春季近畿地区高等学校野球大会】
乙訓vs東山【京都府 2018年春の大会 平成30年度春季京都府高等学校野球大会 2次戦】
乙訓vs立命館宇治【京都府 2018年春の大会 平成30年度春季京都府高等学校野球大会 2次戦】
第66回 記念すべき第1回大会制覇の歴史を背負いつつ、新時代へ【京都・2018年度版】【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
乙訓vs福知山成美【京都府 2018年春の大会 平成30年度春季京都府高等学校野球大会 2次戦】
第607回 川畑大地(乙訓)「チームの精神的支柱。初の近畿大会4強で得たもの」 【2017年インタビュー】
第6回 第96回選手権京都大会 龍谷大平安、78チームの頂点に!今大会を振り返る!! 【2014年選手権大会】
乙訓 【高校別データ】
滝川第二 【高校別データ】
平成30年度 春季近畿地区高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージ (1)

乙訓頑張れ、乙高ぐっさん 2018.05.21
京都代表の戦いを見せてくれ

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る