2018年03月31日 阪神甲子園球場

三重vs乙訓

第90回記念選抜高等学校野球大会 3回戦
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

小関順二が徹底分析 ストップウォッチレポート

三重、一点差の接戦を制しセンバツ8強へ!


先発で好投をした福田 桃也(三重)※写真提供 共同通信社

 花巻東彦根東戦同様、この試合でも継投策が見られた。3回裏、先発の富山太樹が2番浦口輝(3年)に勝ち越しのホームランを打たれると、乙訓ベンチは2番手に、川畑 大地を送った。初戦のおかやま山陽戦では2対2に追いついた5回に川畑を送っているので、1対2になった3回途中からの川畑投入は予定外の早さだったかもしれない。

 三重は1回裏、浦口が内野安打で出塁したあと盗塁で二塁に進み、4番大川翔也(3年)のセンター前ヒットで生還、早々と先制点を挙げた。3回裏には乙訓が反撃に転じる。1番大上 翔也(3年)の内野安打、2番大西 陽大(3年)のバント安打のあと3番打者がバントで送り二、三塁とし、4番宮田 康弘(3年)が投手ゴロに倒れて2死となるが、三塁走者の離塁を見て焦った一塁手がホームに悪送球して1対1となる。

 同点にされた三重はすぐ反撃に転じる。1番梶田蓮(3年)がレフト前ヒットで出塁すると浦口との間で2回ヒットエンドランを敢行し、いずれもファールとなる。9球目に梶田が二盗を企図するのだが薪谷 宗樹(3年)の肩が勝ってアウトとなり、その直後、無走者となった場面で浦口のホームランが飛び出す。点を取り合うもつれた展開になればこのときの二盗失敗が悔やまれそうだが、試合は2対1のまま膠着状態に陥った。

 乙訓の2番手、川畑のピッチングから紹介しよう。3回途中からマウンドに上り、16人の打者と対して打たれたヒットはゼロ。わずかに7回に四球を与えたが、その走者も併殺で殺しているので残塁はゼロ。ストレートの最速が144キロを計測したおかやま山陽戦にくらべこの日は142キロにとどまった。それでもストレートが高めによく伸び、斜め変化のスライダーもキレて、3回途中まで6安打をつらねた三重打線を沈黙させた。

 広いステップが示すように下半身が先行して上半身があとをついていくピッチングの流れがいいのに対して、ヒジを十分使い切れていない上半身の使い方に不安がある。前で「ストレートが高めによく伸び」と書いたのは、このアーム式に近いヒジの使い方を暗示したかったからだ。このフォームは高低だけでなく内外角のコントロールも安定しないのが普通だが、川畑は四球1が示すように予想外にコントロールが安定している(おかやま山陽戦も四球1)。フォームの見直しは夏に向けて徐々に、くらいの感覚で進めていただきたい。

 三重の先発、福田はサイドスローから120キロ台のストレートと逆方向に変化するスライダーとシンカーを操る技巧派だ。サイドスローとかアンダースローは前肩が早く開くのが普通だが、福田は上体が横振りでなく縦に振れるので早い開きがない。球が遅くてもボールの出所が見えづらく、さらに厳しく内角を攻める攻撃的精神があれば打者を抑えられるということを福田はよく知っている。

(文=小関 順二

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
5月26日開幕の近畿大会の組み合わせが決定!大阪桐蔭、智弁和歌山などが出場 【ニュース - 高校野球関連】
乙訓が春の京都大会制覇!20日の決勝戦、三位決定戦を徹底レポート!【春季京都府大会】 【ニュース - 高校野球関連】
乙訓vs東山【京都府 2018年春の大会 平成30年度春季京都府高等学校野球大会 2次戦】
乙訓vs立命館宇治【京都府 2018年春の大会 平成30年度春季京都府高等学校野球大会 2次戦】
第73回 圧倒的実力地区は浪商、PL学園時代から、大阪桐蔭と履正社の時代へ移行【大阪・2018年度版】【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第66回 記念すべき第1回大会制覇の歴史を背負いつつ、新時代へ【京都・2018年度版】【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
乙訓vs福知山成美【京都府 2018年春の大会 平成30年度春季京都府高等学校野球大会 2次戦】
第70回 いなべ総合学園と菰野の公立勢が競い、2014年準優勝の三重高と津田学園も【三重・2018年度版】【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
乙訓vs北稜【京都府 2018年春の大会 平成30年度春季京都府高等学校野球大会 2次戦】
第641回 大阪桐蔭の連覇で幕を閉じたセンバツを徹底総括【大会展望・総括コラム】
大阪桐蔭vs三重【第90回記念選抜高等学校野球大会】
第636回 【準々決勝見所】ベスト4進出をかけて激突!4試合のポイントを解説!【大会展望・総括コラム】
第607回 川畑大地(乙訓)「チームの精神的支柱。初の近畿大会4強で得たもの」 【2017年インタビュー】
第15回 甲子園総括コラム~意図がある前進守備~ 【2014年選手権大会】
第9回 第96回全国高校野球選手権大会 1・2回戦展望 【2014年選手権大会】
第6回 第96回選手権京都大会 龍谷大平安、78チームの頂点に!今大会を振り返る!! 【2014年選手権大会】
乙訓 【高校別データ】
三重 【高校別データ】
第90回記念選抜高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージ (3)

三重三重!琉球 2018.03.31
勝て!
乙訓勝つぞ、乙高ぐっさん 2018.03.30
ワンチャンスを、ものにしろ
乙訓乙訓高校頑張れ!風間あした 2018.03.30
公立高校が多く出場している中で数少ない3回戦進出おめでとうございます。乙訓高校の粘り強さにテレビに釘付けになるほど熱中して見ていました。三重高校との試合頑張ってください。応援しています。

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る