2018年06月17日 香川県営野球場(レクザムスタジアム)

大阪桐蔭vs高松商

2018年 練習試合(交流試合)・春 招待試合
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

さすらいの四国探題 寺下友徳

高松商・7失点で完敗も投手陣に光明



2回裏大阪桐蔭・先制ソロアーチを放った6番・石川 瑞貴(3年・一塁手)

 2年前の香川県高野連招待試合では2日目にカードが組まれながら雨で幻となった「大阪桐蔭vs高松商」。よって両校の対戦は高松商が7対6で大阪桐蔭に競り勝った2015年・明治神宮大会準決勝以来、実に3年ぶりとなる。

 

 ただ、この試合における両校の実力差は明らかだった。大阪桐蔭は2回裏に7番・石川 瑞貴(3年・一塁手・178センチ75キロ・右投右打・住吉ボーイズ出身)が左翼席へ打った瞬間それと解る先制ソロを叩き込むと、その後も相手ミスに乗ずるなどして5得点。
 さらに5回裏には先頭打者の4番・藤原 恭大(3年・中堅手・左投左打・181センチ76キロ・枚方ボーイズ出身)が左中間最深部上段に突き刺す高校通算24号を放ち6点目。7回裏にも1点を追加し、投げては連投の柿木 蓮(3年・右投右打・181センチ84キロ・佐賀東松ボーイズ<佐賀>出身)が「ランナーを出してからギアを入れ直す」をテーマに、8安打を打たれながらも要所を抑えて110球・2四死球・6奪三振完封勝利を飾ってみせた。

 

 こうして完敗を喫した高松商だが、香川大会を見据える上では収穫も数多くあった。まず先発の上領 慎太郎(3年・右投右打・179センチ80キロ・高松市立古高松中出身)は、チェンジアップ、フォーク系がよくコントロールされ、4番・根尾 昂(3年・遊撃手・右投左打・177センチ77キロ・飛騨高山ボーイズ<岐阜>出身)からの2打席連続三振含む6回6奪三振。「想像より踏ん張った。香川大会でもゲームを作ってくれれば打線がいいので勝負できる」と長尾 健司監督を喜ばせた。

 

 そして昨秋四国大会ベスト4立役者の1人、左腕エースの香川 卓摩(2年・左投左打・165センチ62キロ・東かがわリトルシニア出身)も腰椎分離症から2ヶ月ぶりに復帰。20球を過ぎると急激に落ちたスタミナは課題だったものの、アウトはすべて三振の1回無失点。「本格的投球は6月15日から」にもかかわらず自己最速タイ139キロをマークした才覚は、さすがと言える。

(取材・写真=[writer][/寺下 友徳writer])

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
春夏連覇目指す大阪桐蔭が始動!大阪桐蔭vs四條畷の一戦を徹底レポート【北大阪大会】 【ニュース - 高校野球関連】
大阪桐蔭vs四條畷【大阪府 2018年夏の大会 第100回選手権北大阪大会】
四国王者・大手前高松などシード校3校が敗退!【選手権香川大会・16日の結果】 【ニュース - 高校野球関連】
第12回 大阪桐蔭、春夏連覇へ始動。夏を戦う20人の戦士たち【100回記念大会特集】
第503回 智辯和歌山 打倒・大阪桐蔭を合言葉にした1年間 直接対決を制し夏の頂点へ【野球部訪問】
第729回 紀州のスラッガー・林 晃汰(智辯和歌山)「夏こそ大阪桐蔭を打ち崩す」 【2018年インタビュー】
第733回 【三重展望】後編 強打の津田学園、全国トップクラスの投手陣を誇る菰野が頂点を狙う【大会展望・総括コラム】
第731回 【三重展望】前編 春の王者・いなべ総合は今年も盤石か。三重は初戦から強敵と激突!!【大会展望・総括コラム】
第730回 【香川展望】100回目、香川の夏は「混戦・激戦・熱戦」【大会展望・総括コラム】
第714回 岐阜の二刀流・中神拓都(市立岐阜商)「同じ岐阜県出身のライバルに負けたくない!」【後編】 【2018年インタビュー】
第713回 羽田野 温生(汎愛)打倒・大阪桐蔭に燃える公立の本格派右腕 【2018年インタビュー】
英明vs大阪桐蔭【2018年 練習試合(交流試合)・春】
大阪桐蔭vs藤井学園寒川【2018年 練習試合(交流試合)・春】
大阪桐蔭vs大手前高松【2018年 練習試合(交流試合)・春】
第711回 岐阜の二刀流・中神拓都(市立岐阜商)高校通算46発の多くは逆方向「逆方向本塁打の極意」【前編】 【2018年インタビュー】
第709回 知念 大成(沖縄尚学)「秋の状態を取り戻し、夏は100%の状態で頂点に立つ!」 【2018年インタビュー】
愛知産大三河vs大阪桐蔭【2018年 練習試合(交流試合)・春】
大阪桐蔭 【高校別データ】
高松商 【高校別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る