2018年05月05日 豊岡高校グラウンド

都立清瀬vs豊岡

2018年 練習試合(交流試合)・春  
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

好天の連休は、各校さまざまな思いを重ねて連戦が相次ぐ時期でもある



整列する豊岡と都立清瀬
 

 関東地区では春季大会もほとんど終わりかかっているというこの連休、多くの学校は貪欲に練習試合を組んでいって、夏前の最初の充実期とも言えよう。また、それとともに連戦となっているところも多く、選手たちに疲労がたまってきているという事実も否めないであろう。しかも、今年のゴールデンウィークは好天が続いて、組んでいた試合がほとんど流れなかったということもあるかもしれない。

  西武池袋線の特急レッドアローに乗ると所沢の次が入間市駅になる。その入間市駅から徒歩で数分のところに豊岡高校がある。2年後には創立100年を迎えるという古い学校である。ちょうど今年入学してきた生徒たちが3年生になった時が100周年になるということもあって、北能徳監督は今年度のユニフォームの袖口の校章の下に「SINCE1920」を入れ込んだ。伝統のある学校なのだという意識と自覚を選手たちに持たせる意味合いもある。

 豊岡は現在40人学級で各学年8クラスが原則となっている中堅公立校である。現在は普通科のみだが、歴史的には豊岡農~豊岡実を経て、入間と統合するのを機に「豊岡という名前を残そう」という地元の願いもあって、現校名となっている。そんな経緯があるのだが、元々は学校所有の実習用の畑だったということもあって敷地は広い。大きなグラウンドは2つあり、陸上競技部や全国レベルのアーチェリー部が使用するメインとなっている第1グラウンドとは別に、その隣にテニスコートと第2グラウンドとしてほぼ野球部専用球場がある。

 両翼は90Mを越えているが、左中間は体育館が出っ張っており膨らみがないどころかグラウンドとしては凹みになっている。そんなこんなで、野球としてはちょっと使い勝手はよくないようだが、それでもこれだけのグラウンドを有しているのは、首都圏の学校としては恵まれているほうだと言っていいであろう。それに、元々は畑だったということもあり、若干傾斜になっていて水捌けがよくなっているのは野球部としては有り難いことのようだ。

 また、野球部の歴史としては、1998(平成10)年の青森大会で東奥義塾が深浦を相手に122対0という試合で地区大会最多得点差記録を更新したが、それまでの地区大会の大差記録は実は豊岡が持っていた。1936(昭和11)年夏の関東地区大会埼玉県予選で豊岡実が松山相手に72対0という大差試合を演じている。これが、それ以前の最多得点差試合だったのだ。だから、それまでは夏の大会の記録と言うと、その名前が紹介されることも多々あった。

【次のページ】 都立清瀬vs豊岡(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
日大鶴ケ丘6回コールドで勝利!!2試合を徹底レポート【西東京大会】 【ニュース - 高校野球関連】
日大鶴ヶ丘vs都立清瀬【東京都 2018年夏の大会 第100回選手権西東京大会】
近畿大会1回戦勝利の大阪桐蔭、今日は日体大と練習試合 【ニュース - 高校野球関連】
未来沖縄vs九州学院【2018年 練習試合(交流試合)・春】
津田学園vs相模原【2018年 練習試合(交流試合)・春】
都立清瀬vs都立町田【東京都 2017年夏の大会 第99回選手権西東京大会】
神戸国際大附vs豊岡総合【兵庫県 2017年春の大会 平成29年度春季兵庫県高校野球大会】
第85回 出動!球児に聞き隊!【夏の練習の思い出といえば?】【野球総合研究所】
第57回 東京都立清瀬高等学校 (東京)【僕らの熱い夏2016】
第264回 【春季東京都一次予選】「まだ見ぬ逸材、好チームばかり...。今から注目しておきたい各ブロックの好チーム、好選手を一挙に紹介!」【大会展望・総括コラム】
第156回 【第97回西東京大会展望】序盤から熱戦が期待できそうな激戦区・西東京の行方は??【大会展望・総括コラム】
都立清瀬 【高校別データ】
豊岡 【高校別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る