2017年11月15日 明治神宮野球場

日本体育大vs星槎道都大

2017年 第48回明治神宮野球大会 大学の部 決勝
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

船山決勝アーチ&東妻が2安打完封!日本体育大が37年ぶり2度目の優勝!



37年ぶり2度目の優勝を果たした日本体育大

 「普段通りにやらないと勝てない。今までやってきたことを披露しよう」

 試合前、日本体育大の古城 隆利監督は選手たちに言葉をかけた。その言葉に選手たちが奮闘。結果的に3対0で日本体育大が勝利し、37年ぶり2度目の神宮大会優勝を成し遂げた。

 序盤は両チームともにスコアボードに0が並んだ。
日本体育大の先発は東妻 勇輔(3年・智辯和歌山)。初回は緊張からか、制球を乱す場面があったが2回以降に立ち直りを見せた。今日の最速は149キロ。さらに、キレ・球威ともに抜群で星槎道都大にチャンスらしいチャンスを与えない。3回には右翼手・冨里 優馬(4年・日体大荏原)が右翼線の打球を好捕するなどしてバックも東妻を盛り立てた。

 一方、星槎道都大の先発は福田 俊(3年・横浜創学館)。昨日の準決勝でも先発し、好投した左腕が決勝戦のマウンドに立った。強打の日本体育大打線に対し、走者を出すものの得点は与えない。3回には二死二塁から、5番・谷津 鷹明(4年・向上)に中前安打を許すも、中堅手・石黒 凌(4年・北海学園札幌)が本塁へ好返球を見せ先制点を許さない。

 しかし、5回に試合が動く。日本体育大は一死から2番・坂本 耕哉(4年・松阪)が四球で出塁。続く3番・船山 貴大(3年・日大三)が初球のストレートを捉えた。打球は左翼スタンドに弾み、大きな先制点となった。「初球を打つ気はなかったんですけど、甘い球が来たので打ちました。最初はレフトフライかオーバーくらいかなと思っていたんですけど、入るとは思わなかったです」と船山は試合後に打席を振り返った。

 船山の一打で先制した日本体育大は、6回。四球や内野安打などで二死一、三塁のチャンスを作り、2番・坂本の打席で一塁走者が盗塁。捕手が二塁へ送球した瞬間に、三塁走者・馬場 龍星(2年・八戸学院光星)がスタート。見事、生還しリードを3点に広げた。

 このリードを東妻が気迫の投球で守った。
「昨日、投げなかったということで中1日の登板でした。そのため肩の張りが取れて、今日の試合に臨めました。調子が悪いなりに投げられたと思います」

 最後の打者を右飛に打ち取って、ゲームセット。優勝の瞬間に東妻はマウンドで両手を高々と突き上げ、飛び跳ねながら喜びを表現した。あっという間に歓喜の輪ができた日本体育大の選手たちの表情は笑顔に溢れていた。

 東妻は優勝投手になりたいという強い気持ちがあった。「リーグ戦・横浜市長杯と優勝を果たしましたが、優勝投手になれませんでした。絶対に最後まで投げたいという気持ちがありました」と、投手らしい強気な一面ものぞかせた。

【次のページ】 日本一を決定づけた本塁打!船山貴大の歩み

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第48回 明治神宮野球大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る