2017年11月14日 明治神宮野球場

日本体育大vs東洋大

2017年 第48回明治神宮野球大会 大学の部 準決勝
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

スカウト部長・河嶋宗一の目が光る!全国逸材発掘レポート

松本航(日体大)、東洋大を完封!欲を出さないことが快投を生んだ



完封勝利の松本航(日体大)

 東洋大vs日体大の一戦。東洋大は準々決勝で富士大の好左腕・鈴木 翔天(向上)を攻略して勝ち上がってきており、その攻撃力の高さは大学球界トップクラスと呼べるほどの迫力があった。その強打を封じたのが、日体大の先発・松本 航明石商)だ。松本は東洋大打線に対してどんな印象を持っていたのか?
「強いスイングができる選手が多いと感じておりました。怖さというより、甘く入れば簡単に持っていかれると感じました。やはり低めが大事になると思いました」
低めといっても簡単に投げられるものではない。だが、松本は切れのある140キロ前半のストレートを低めに集めることができる技術がある。これは今年、大学の日本代表入りしたとき、代表監督の善波監督から投球フォームのアドバイスをもらった。「右足の使い方ですね。僕は軸足が外回りになる癖があり、そこを指摘していただきました。右足の使い方が良くなったことで、リリースの感覚もだいぶ良くなりました」
松本は自分の武器を「コントロール」を挙げる。松本の良さは回転のよいストレートを低め、内外角へ投げ分けができること。回転数にこだわっており、140キロ前半でも思わずピュッと差し込まれるストレートで、準々決勝の九州共立大打線をわずか1失点に抑え、そしてこの試合でもストレートと、精度が高かったと語る130キロ前半のツーシームのコンビネーションで、東洋大打線を翻弄。0点を重ねる。

 その松本を援護するべく打線は、2回裏、二死二塁から冨里 優馬日体荏原)の適時打で1点を先制。さらに4回裏にも冨里の適時打、8番馬場 龍星八戸学院光星)のスクイズ犠打で3対0と点差を広げる。さらに8回裏にも7番冨里の犠飛で4対0。冨里はこれが3打点目だ。

 松本は「バックを信頼して打たせて取る投球を心掛けました。そうすることで、自分のピッチングの幅が出てきた」と最後まで安定感あるピッチング。8回裏、ピンチも見逃し三振で雄叫びを挙げた松本。「気持ちが入っていたので自然と出ちゃいました」と笑顔で振り返る松本。9回裏も併殺に打ち取り、4安打9奪三振完封勝利で、決勝進出を決めた。

 松本は今まで三振を取りたいピッチングをしたい時期があったが、それでは甘く入って打たれる経験があったため、打たせて取る、ナインを信頼する境地に達したこの秋からだいぶ投球の安定感が出てきたという。投手は欲を出し過ぎてはいけないというのが分かる事例である。

 全国優勝まであと1勝。「ここまできたら4年生たちと一緒に楽しく終わりたい」と全国優勝を誓った。

(文=河嶋 宗一

注目記事
第48回明治神宮野球大会 特設サイト

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第48回 明治神宮野球大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る